うつ状態で食事が面倒な時の対処法とは?

うつ状態に陥ると楽しくて本能的に満足感が得られるはずの食事でさえも面倒になってしまうのですが、要因は脳内にあり胃内に何も無くて栄養分も不足しているのにも関わらず、食べ物は十分であると勝手に判断してしまっているのです。

しかし、うつ状態から回復するにはしっかりと必要な成分を吸収する必要性があり、食欲が無いから面倒と言っていつまでも食べないでいると、快方に向かうどころかますますうつ状態が悪化してしまいます。

そうしたうつ状態になっている場合、心配になるのはうつ状態である当事者よりも周囲にいる家族ですが、当人が食事が面倒でどうしても拒否するようなら無理に摂取させない方が良いです。

その理由は、元来人間が美味しいという気持ちになるのは食事は楽しく、栄養が満足に得られるという喜びを覚える機能の一つであるためです。

つまり、無性にご飯の他に甘いお菓子を欲する時は糖質が足りていないという裏付けであり、辛いものが欲しい時は尚一層摂取量を増やし、成分を摂り込まなければならないという意味があるのです。

生命を安定的に維持するために必要不可欠な働きなのですが、うつになると自律神経が崩れてしまうので本来のように機能が働かず何を食べても無味になります。

脳自体が食事という行為を拒絶している証とも言えるので、無理矢理食事を摂り入れると吐き出してしまい余計に体力が低下しますし、食道などが胃液で荒れて他の病気も誘発しかねません。

より一層精神的に参ってしまう恐れがあるので、終日全く何も食事していなくても慌てずに様子を見てみるのも大切な事です。

また、うつの患者は順序立てて物事を考えていく行為が著しく苦手になるので、食事が用意されていれば食べられるものの、自分で食材を買い揃えて要領良く調理していけず、結果的に栄養不足に陥る事例もあります。

うつ状態なら人を頼って相談しましょう!

うつ状態で食事の準備が極めて面倒だったり出来ないのなら、勇気を出して他人に対してサポートしてほしい旨を伝えるようにしてください。

うつ状態までいくということは何かしら感情を抑えすぎて我慢している傾向があります。

人を頼る、人に相談するということは少しも恥かしいことではありません。

反対に世の中を上手に渡っている人というのは上手に人を頼っています。

うつ状態と診断を受けた方は一旦実家に戻るケースが多いですが、情けないという気持ちは考えずに親や家族にお世話になりましょう。

一方、一人暮らしで誰にも頼れない時でも気落ちする必要は一切なく、現代では外食やデリバリーが充実していますし、宅食という新しい仕組みも普及してきているので選択肢は豊富です。

しかも、宅食なら摂取するカロリーや配合されている食材による栄養のバランスが入念に考慮されていますし、カテゴライズされたプランによってメニューが組み立てられているので、判断が難しい精神状態になっている時でも安心です。

さらに、注文後自宅に配達された物は電子レンジで加熱するだけで口にできるようになっているため、手間が無くて面倒に感じないのに良いバランスで栄養補給が行えます。

そして、重度の患者は電子レンジで温める行為やオーダーすること自体が面倒で、箸を器用に使いこなせなくなるので、補給源としてミネラルとビタミンが配合されているサプリメントを用意しましょう。

近頃はグミのサプリもあり、一粒を比較的長い時間をかけて噛み続けられるので精神的な充足感がありますし、口を動かすのが面倒なら口内に含んだまま舐めていても良いです。

しばらく時間が経過してもメンタル面が落ち着かず、一向に食事しようと考えられないなら急ごしらえとして牛乳を飲用したり、筋力トレーニングに時に使うプロテインを入れてみましょう。

プロテインは筋組織を肥大させるために豊富なたんぱく質が入れられているので、頼もしい味方になってくれる上に、身体の中でアミノ酸に切り替わるタイミングで幸せな気分になれるセロトニンの分泌量が増幅します。

うつ状態だとセロトニンの量が大幅に減少しているため、できるだけ増やしてあげると食事可能になる確率が向上し、面倒な気分も少しずつ無くなっていきます。

自分自身はうつ状態の時は食事はどうしていたのか?

自分はどうしても食事が食べられない時にはゼリー飲料とか青汁のサプリメントなど単品でバランスが悪いとは知りながら何かしら口にしなければという感情でいっぱいだったのでそのようにして過ごす期間もありました。

まともに御飯も食べれずにみんなと楽しんで会話もできないというのは非常に辛いものでしたね。

うつ病は発症したのは23歳の時でしたので自炊するといっても何をどうして良いかも分からないのでコンビニやスーパーで簡単なものを買ってくるくらいしか出来ませんでした。

お金がかかることも気にしていたので毎日1食とかとても健康に向けた食事とは程遠いメニューで質素な食事でした。

うつ病が少しずつ良くなりかけてきて栄養の勉強もするようになってくるといかに生活の仕方、栄養の摂り方がいかにめちゃくちゃであったかを気づかされました。

うつ病と食事メニューは大いに関係があることを気づかされました。

現在、なんとなく疲れが取れにくいとか、イライラしやすいとか、睡眠の質がなんとなく悪く感じるという人は一度食事に栄養面を見直してみたほうが良いかもしれませんよ。

自分では大丈夫と思っていても第三者から見れば非常にバランスが悪いということはよくあることです。

最近ではテレビで芸能人の食事メニューが公表されたりしますが栄養に関する知識が自分ではあると思い込んでいるだけで実際にはバランスが悪かったりすることもあるようです。

人間は食べたもので作られていると言われているので栄養面の改善をしてみることは本当に重要だと思います。

面倒でもうつ病の改善には食事からの栄養はとても重要です。

人間の体は主にタンパク質からできているのでタンパク質をメインに切り替えてみることをオススメします。

鳥のささ身、鳥の胸肉などは特にオススメで赤身の魚などもとても良いと思います。

自分もお医者さんからアドバイスを頂いたのはとりあえず「2週間は連続でお肉を食べてみて!」というものでした。

実際にアドバイスに従って食べてみると確かに少しですが気力がわいてきたことは覚えています。

まさに栄養状態とうつ病は関係があるということを実感した瞬間でした。

うつ病を患っている人に限らず食べないとイライラしたりすぐに落ち込みやすい人は多いのではないでしょうか?

特に今では若くて一人暮らしだったりすると簡単なメニューで済ませたり単品で偏った栄養のもの、高カロリーなものだけで済ませて十分な栄養が摂れてないことはすごく多いと思います。

それが出来ないから難しいんだという人もいるかと思いますがうつ病を克服して少しでも早く元気になるためにはこのようなことがとても重要になります。

よく言うのですがうつ病克服に向けて変に何か難しいトレーニングをするのではなく食事を改善するという簡単なことから始めたほうが結果としてうつ病の克服スピードは早まったりします。

うつ状態の時のオススメメニューは今では書店やネットでもたくさん紹介されているので是非色々検索してみて出来そうなことからチャレンジしてみてください。

食事で改善!うつ状態の時におすすめの食事メニューはこちら!