うつ病克服に肉がオススメな理由と食事メニューとは?

うつ病は既に国民的な病気と言われるようになりました。実際に大勢の人々が、ゆううつな状態から抜けられず長期間、苦しめられています。社会人の男性はもちろん、最近では小学生や高齢者、普通の主婦や大学生にも見られるようになりました。

昔の人々はメンタルの病気で悩む事は少なかった、最近の現代人は打たれ弱い等と、叱責する声も少なくはありません。

スポンサードリンク



うつ病は増加の一途

自分がうつ病を患った平成13年頃にはまだテレビでうつ病のことを取り上げられることはそんなに多くはありませんでしたが最近では増えてきたのでうつ病に関しての知識を持っている方も多いのではないでしょうか。

確かに心が病んでしまううつ病の件数は平成の時代に入ってから極端に増加しています。しかし、件数が増加した事イコール現代人の心が弱いという図式にはなりません。そもそもうつ病という言葉が国民的に認識されたのは本当についこの数年間の間です。

それこそ昭和の頃は心の病という問題が国民的に認識されておらず、そもそも診察を受ける人々がいませんでした。明らかな精神疾患の場合のみ、地元の精神科に通うという風潮でした。

そのため、現実的にはうつ病の症状に悩みながらも、病院に通う事がなかったため、昭和の頃は数字上、心の問題で悩む国民はごく少数だったという風になっています。

スポンサードリンク



翻って平成の今日では多くの人々が真面目に病院に通う決断を下しています。そのため、統計的に見れば精神の事で不調を訴える人々がまるで急増したように感じられますが、ある種の数字のマジックとも言えます。

往年の名作を数多く残した夏目漱石や芥川龍之介等の著名な作家も、今で言うところの心の病を患っていたと分析されています。

現代の若者や主婦だけが極端に打たれ弱いという事はありません。また社会の環境が劇的に昭和の頃と変わっている事もあり、単純に比較する事はナンセンスでしょう。

牧歌的な雰囲気が社会全体にあった昭和の頃と、成果主義と合理主義が蔓延する現代では人々の心が受けるストレスは雲泥の差です。

特に社会人の方々は高品質な仕事を迅速に求められるようになり、また一度のミスで大きなペナルティを受けるようになった結果、職種や年齢等に関わらず、うつ病になってしまうリスクが跳ね上がりました。

心の病は決して他人事ではありません。気配り上手で仕事熱心、他人からの頼まれごとに素直にノーと言えない男女は、高確率で心の病を患ってしまうのが現代の環境です。自分なりに対策を考えなければいけません。

うつ病と栄養状態はかなり関係深いです!!

うつ症状を対策する方法は色々とありますが、個人でも気軽に実践出来るのが食事の改善です。心の元気を与えられる食事に切り替える事、具体的にはお肉を食卓に並べる頻度を増やしましょう。

にはセロトニンという脳内物質を作る材料が多く含まれているためです。お肉は一時的、テレビの健康番組等で悪者扱われされました。

健康に悪いという食事のレッテルを貼られ、真面目な男女は健康管理の一環から、出来る限りステーキやフライドチキン等を食べない暮らしを実践なさっています。

お肉の食べ過ぎは肥満の原因です。しかし、一般的な食事量であれば、肥満のリスクはありませんし、セロトニンの安定供給に必要な栄養素を摂取出来ません。

無闇にフライドチキンやステーキを避けてしまい、野菜中心の一見すると健康的な食事ばかりを食べていると、逆にその健康法が原因でうつ症状のリスクを自ら増やしてしまいます。

気になるお肉の効果とは??

お肉を日常的に摂取する方は、セロトニンの供給量が安定し、分かりやすく言えば、精神が安定しやすくなります。セロトニンは落ち着き物質とも呼ばれる脳内ホルモンの一つであり、これが慢性的に低下すると、うつ症状が現れ始めます。

セロトニンの量が完全に低下し続けると、症状が悪化し、うつ病が発症し、仕事や家事に大きなリスクとなります。

ストレスフルな現場で働きながらも、上手くメンタルの健康を守っている社会人男女は上手く食事にお肉のメニューを取り入れています。

昔から世間でも、仕事で疲れた時は高級ステーキを食べれば嫌な事も吹き飛ぶ等といったアドバイスがありますが、実はなかなか的を射た助言で、セロトニンの分泌を意識的に増やす事で、受けたストレスを当日中に上手く癒せます。

食事で改善!うつ状態の時におすすめの食事メニューはこちら!

スポンサードリンク



関連記事はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ