うつ病になりやすい人の特徴が分かるチェック方法

うつ病を患いやすい性格とは何事もキッチリキッチリやらないと気が済まない几帳面で真面目な人が該当しやすく、一人きりで責任を背負ってしまいやすいことがある傾向があります。そして、症状が進行すると最悪は自死してしまう危険性があることから最近では職場でも定期的にストレスをチェックしたり話し合いの場を設けるなどの制度が導入されてきつつあります。

スポンサードリンク



これだけうつ病を患う人が増えてきた現代では、ある程度は克服する方法というのは方針が決まっているので休養をたっぷりとってストレスになっていたことからはなれることで克服することが可能だと言われています。

ただこれはあくまでも早期の段階の話で問題なのは症状がある程度出ていても自分は病気なんかなるわけないとか、ちょっと休めば大丈夫、気合で乗り越えるなどと思い込んでいて放置してエスカレートすると元気になるまでの期間が長引くケースがとても多いです。

一人で抱え込まずに早く誰かに相談することが大事ですね。

度々混同されてしまいがちなのが「うつ病」と「ゆううつな状態」の違いに関してなのですが、病院から診断書をもらってきて、「うつ」と書かれていますと言われる方がいらっしゃいますが、診断書へ書かれている「うつ」は「うつ状態」を表し、「うつ病」とは違うこともあるようなので確認が必要です。

うつ病の傾向があるかチェックしてみて!

最近、表情の変化が乏しく常に憂うつな感じがしてよしやるぞというような元気がないとか、いつもは考え込まずに淡々と出来ていたことに時間がかかるようになったとか仕事で簡単なミスが増えたりした。

人と喋ることがひどく疲れて面倒くさい

会社や学校へ遅刻することがここ最近増えてきた。

今まで楽しめていた趣味やスポーツに興味が薄くなってきた

このような症状が最近あったら要注意です。

スポンサードリンク



何年か前から「ブラック企業」という言葉を盛んに聞く事が増加していますが、働いていくと現実は楽しいばかりではなく困難なことが目の前にたくさん現れるのが常で楽しいと感じるのは一瞬だったりすることも多いのではないでしょうか?

ストレスという言葉=悪いというイメージが固定していますが、適度なストレスはやる気の増加になるので一概に全てが悪いとはいいにくいです。気をつけないといけないのはストレスケアです。

プラス思考を気にするあまり嫌なことがあっても我慢、我慢ではいずれ爆発してしまいますので自分なりの発散法を見つけてほしいですね。

そもそもうつ病などになりやすい人の特徴というのは、どんなタイプの人が多いのでしょうか?

うつ病などになりやすい人の特徴には共通した幾つかの特徴があります

完璧主義な傾向があってどんな簡単な仕事も自分が納得いくまでやらないと気が済まないタイプです。責任を一人で抱え込みやすく誰にも相談することもなくストレスにつぶされてしまうのです。

それに加えて仕事を人に任せられない人も要注意ですね。仕事でベテランになってきて上のポジションになってくると部下へアドバイスするような仕事をするようになると、仕事を部下に任せる場面が出てきますが、まわりをどうしても信用することが出来ずに、自分1人ぼっちで抱え込んでしまうタイプの人は、メンタル面が追い込まれてしまいやすいといえます。

他には、会社のミーティング等の場面で沢山の人の前で自分の意見を言わないといけない時に極端に緊張して、あがってしまうようなタイプの人です。緊張しやすいタイプの人は、人前で喋る仕事を避けたり、コミュニケーション能力が重要な職業を嫌う傾向があるのですが、出世すると必然と部下をまとめないといけない場面が出てきますが、緊張しやすく上手く話すことも苦手だとこのころからうつ病の症状が出ることもあります。

今の殺伐とした人間関係の中ではストレスを抱えやすく誰もがうつ病になってしまう確率は少なからずあります。

原因も一つではなく、様々な要因が積み重なってしまった結果なってしまうケースも多く、例えば性格であったり、遺伝的なことも考えられます。

また引越しや就職、学校への進学など生活や社会環境が変わったことだったり、社会や時代の変化などいろいろなことがなりやすい人の特徴の原因になることがあります。

特に性格や生活環境に大きな影響を受けやすいなど、なりやすい人の特徴があるのでチェックしておくと予防したり、気をつけることができます。
うつ病になりやすい人の特徴がある性格はいくつかあるので、チェックして思いあたる人は気持ちを楽に持ったり、ストレスを発散するなど自分なりに工夫してみるとよいでしょう。

うつ病になりやすいのは真面目なタイプが危ない!

真っ先に気をつけないといけないのが真面目な性格でキッチリこなそうとするタイプで周りからは「良い人」で通っているタイプですね。
性格が真面目な人は、仕事や学業でも完璧にこなそうとしてしまいます。義務感が強かったり責任感があってとてもいいことなのですが、まじめで几帳面過ぎてしまうと、仕事を限界以上に抱え込んでしまったり、思ったような結果が出なければ自分を責めてしまったりと自分を自分で追い込んでしまう傾向があります。

そしてもっともっと頑張らなくてはいけないと、追い込んでいくので過労やストレスがたまりすぎてしまってうつ病になってしまうのです。
また言いたいことが言えないという人も、真面目な人に多く、要注意の対象といえます。
言いたいことが言えないのは、うまく感情を表現できなかったり口べただという性格的な面もありますが、人と対立したくないという心理や遠慮という気持ちが、自分が我慢すればいいという自分を追い込む結果になってしまう可能性があります。

やはり自分で自分を追い込んでしまうという結果になるので、気をつけたほうがいいでしょう。

うつ病になりやすい人の特徴を性格ごとに分けてみると複数の特徴があることに気づくと思います。

必ずなるというわけではありませんが、うつ病になりやすい人の特徴の傾向にあるのでチェックしてみてはどうでしょうか。
神経質で几帳面な面がある人や仕事を他人に任せることができないという人、理想や目標が高すぎる理想主義者や責任感や義務感が人一倍強くこうでなければならないとか絶対ここはこうだ!という性格の人は注意しましょう。

また人に頼まれたら断れないという人や他人の評価が気になって、すぐにマイナスに考えてしまう人、自分が我慢すればいいと思ってしまう人も知らないうちにストレスがたまっているかもしれないので気をつけましょう。

また、働き方や仕事そのものの環境によって、うつ病を患ってしまう確率が格段に上がってしまう可能性もあります。

仕事の残業時間が長い人は要注意

長時間仕事をし続けるということは、自分のプライベートな時間が減ってしまうということです。

完全に仕事から離れてプライベートを充実させられていない人はストレス対策が上手くいっていないのでうつ病になりやすい人の特徴とも言えるでしょう。

完全に仕事を忘れられる趣味、好きな事を見つけて発散する時間を1日の中で少しでも良いので作りましょう。

労働時間が変則的な方や夜勤が多い方も注意が必要

夜勤が定期的にある看護師等は、体内時計のバランスが崩れやすく、うつ病を患ってしまう確率は格段に上がっていきます。

それでは、心身ともに健康で笑顔があふれるように気持ち良く働くためにはどのような努力をしたほうがよりよいのでしょうか?

仕事は理想は100点を目指すことかもしれませんが、今の世の中では変動が激しいので100点を目指そうとしてもなかなか難しいものです。

上手にここは妥協するところだと見つけて力を抜いたり、人にお願いすることも大事です。

人の協力を得たり、助けてもらうことは少しも恥でも何でもないので素直になり自分の負担を減らして、仕事のことを頭から完全とまではいかなくても忘れられる時間を意識して作ることが大事です。

もし現在、仕事で大きなストレスを抱えているのであれば、大元は何が原因なのかを把握して、少しでも緩和させる手段を考えてみましょう。

心の風邪とも言われるうつ病は、誰でもなる可能性がある病気です。一度なると完治までに時間が掛かることも多く、日常生活や仕事に支障をきたすことも少なくありません。
うつ病にならないためにも、日頃から注意することが大切です。まずはうつ病になりやすい人の特徴を知り、ご自身が当てはまるかチェックしておきましょう。

うつ病になりやすい人のなかには、真面目すぎる方が挙げられます。
仕事でもプライベートでも、考えすぎてしまい、自分からストレスを作り出してしまうのです。

例えば、目標を達成したにも関わらず「もっとああすればよかった」「あのとき、あの方法で良かったのだろうか」と考えすぎてしまう方はうつ病になりやすいと言えます。

他にも几帳面な方、責任感が強すぎる方なども同様です。

感情表現が苦手な方もうつ病になりやすい傾向にあります。
嬉しい、悲しい、怒りなど、人は様々な感情を持ちますが、大人になると感情を表面にだしてはいけない場面が多々訪れます。

社会人として全ての感情を表面に出すことはできませんが、あまりに行き過ぎるとストレスになってしまいます。

その状態が長く続くと心が疲弊して、うつ病を引き起こしてしまうのです。

次が意識が高すぎる方です。
なにかトラブルが起きた際、原因がほかにあるにも関わらずすべて自分のせいだと考えてしまう方はいるのではないでしょうか?人のせいにしない精神は素晴らしいですが、関係ない部分まで責任を感じてしまうと気持ちはどんどんすり減っていきます。

最初は頑張れたとしても、やがて限界が訪れ、うつ病を発症してしまうことがあるのです。

ほかにも原因は様々ありますが、ストレスをためないこと、力を抜くことなどを心掛けることが大切です。”

いますぐチェックを!その症状はうつ病の可能性も

スポンサードリンク



関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ