うつ病・パニック障害を克服する為のたった3つのポイントとは

うつ病やパニック障害を克服する為のポイントは、的確にまとめると以下の3点です。まずは変に無理をしないと言うことです。勿論、個人差はありますが、うつ病やパニック障害を発症する人は、真面目で規範に従う傾向が強く、一度、決めたことに対しては非常に強いこだわりを持つ傾向にあることが多いと言われています。

スポンサードリンク



克服のために変な無理は止めて!

そのため自分がうつ病やパニック障害になった場合にも、自分の真面目さが足りなかったからとか、もっとしっかりとやっていればこうはならなかったと思い込んで、より頑張ろう、少し無理をしようとしてしまう人もいます。ですがこれは逆効果です。

うつ病やパニック障害は、脳機能が正常に働いていないことによって心が風邪をひいているような状態です。それなのに無理を重ねても思うような結果が出るとは考えにくく、それによってより症状が悪化することが考えられます。

ですから無理は禁物です。特にこれらの症状で仕事を一時休職、あるいは退職したと言う場合には、気持ちが焦ることも多いかも知りません。

スポンサードリンク



しかしまずは心と体を十分に休ませることが必要です。次は自分に合った克服する方法を見つけると言うことです。これらの症状に対する治療法は、薬物治療、認知行動療法など様々な種類があります。

薬物治療は一見すると効果は高そうですが、しかし人によっては、むしろ薬を飲むということに不安や怒りを覚えて、それがストレスとなって症状の悪化が引き起こされることもあります。

ですからまずは様々な克服する方法があるということを頭に入れた上で、自分に合った、自分のストレスにならない克服する方法を見つけていくことが重要です。

これはまた医師に対する信頼にも関係してくる話です。信頼できると感じられる医師を見つけること、自分の病状などに親身に耳を傾けてくれる医師を探すことも、克服のためには必要不可欠なことです。

最後は、うつ病やパニック障害は必ず克服できるものだということを理解するということです。病は気からと言いますが、心の状態が大きく関係している病である以上、こうした気持ちを持つことはとても大切なことです。

勿論、それがプレッシャーやストレスになってしまっては元も子もありませんが、克服できるわけがない、などと必要以上に悲観的になるのも避けるべきことです。

うつ病やパニック障害を抱えている際には、このような前向きな気持ちになるのは難しいかもしれません。だからこそ、ここでは医師や家族などの周囲の人の力添えが重要となります。そう考えると、周囲の人との信頼関係も克服のためのポイントと言えます。

うつ病やパニック障害を克服するために普段出来る事

うつ病やパニック障害を克服するために、普段の生活のなかで出来る事には具体的にどんなことがあるでしょうか?

決定的な原因が解明されていないために、克服する方法も確立されていないパニック障害。過剰なストレスがかかり続けたり極度の疲労、神経伝達物質の異常など、原因として主に考えられているものもいくつかあります。

普段の日常で出来る事として食事、栄養面の見直しがありますね。

うつ病やパニック障害の人は血糖値のバランスを維持することがとても大事になります。

血糖値のバランスが崩れてしまうとすぐに怒ったり、落ち込みやすくなったりと感情の起伏のバランスが悪くなって不安定になり、うつ病などを患いやすくなります。

食べ物の中でも特に意識して摂取したほうが良いと言われるのは必須アミノ酸を豊富に含んだ食品群です。

トリプトファンを豊富に含んでいる肉を普段よりたくさん摂取することお重要です。トリプトファンを定期的に欠かさず摂取することでメンタル面が落ち着いて 幸せホルモンのセロトニン の分泌をたくさんしてくれます。

そして、必須アミノ酸が体内で効果的に働いてくれるためには、ビタミンB群が大切です。トリプトファンの多い食べ物として牛乳、鶏肉、ヨーグルト、たまご、バナナなどが有名ですね。

適度な運動をすることも克服へ向けて有効

運動を定期的に続けることで、ドーパミン、βエンドルフィン、幸せ感を感じるセロトニンといった脳内ホルモンが大量に分泌されて 幸福感で満たされて、気持ちが晴れて良い気分になることが出来ます。

ジョギングは外から人が走っているの見ているだけだと何がそんなに楽しいのだろうと思うことがあるかもしれませんが、実際に

運動をすると気分が高まってテンションも上がり気持ち良くなるので、不安感や恐怖心から解放されるというメリットもあります。

早歩きをするウォーキングをするくらいの有酸素運動が有効であまりにも短い運動で汗を全然かかないくらいだとドーパミンの分泌が上手くいかないこともあるので、最低でも20分くらいは軽く汗をかくくらいの運動を続けるようにしましょう。

普段の日常がいかに考え過ぎ、悩み過ぎでストレスを抱え過ぎているかを知ることが出来ると思います。

ここで注目したほうが良いのが多少きつく感じるくらいの運動のほうが脳内ホルモンの分泌は増えるので、ウォーキングよりもジョギングが効果的であるということです。ただ、定期的に運動をしていない人はまずは気軽に出来るウォーキングから始めて、少しずつ強度を高めたランニングへと進めていくのがよいでしょう。

ちなみに、好きなテンションが上がる音楽を聴きながらスポーツをおこなうのも、不安や日頃の心配ごとを取り除く有効な方法です。自分の好きな音楽を聴きながら、楽しい気分になることが大切で内面を良い状況において運動をしてみましょう。

体内時計が乱れることからパニック障害を発症したり。夜ではなく朝に多く睡眠の時に出るホルモンが分泌されることがあります。

自分もお医者さんからアドバイスを受けましたが、多少、しんどい時でも朝、起きる時間だけは一定にして何かしらは食べるなどリズムを一定にすることで体内時計が整います。3食を完璧にそうこなすのではんくて、朝食だけでも守るとか、可能な限り食事の時間を一定にすることがおすすめです。

パニック障害の症状を何度か繰り返すことで何か起こるのではとの不安がつのってしまうことで電車に乗るとすぐに気持ち悪くなるとか、人が多いところを歩くと頭痛がするとか今までは何ともなかったことが思うように出来なくなることがあるのです。

そんな自分に対して情けなさや自信喪失からうつ病の状態へ進展してしまうケースもあります。

生活習慣を出来る範囲内で正していくことがうつ病やパニック障害を克服していくことが近道で、基本的な事なのですが、これらのことを軽視している方がとても多いですね。

うつ病だけでなくパニック障害も減っていくことが期待できます。

朝はなるべく同じ時間に起きて夜も寝る前までネット環境にしがみつくのではなくリラックスする時間を持ち早めに寝るようにして元気であった頃の習慣を思いだし規則正しい生活を送ってほしいと思います。

これらの習慣を続けることで脳内から出る幸福感を感じるセロトニンが多く分泌され薬がなくてもうつ病やパニック障害になる以前の元気な状態まで克服してくれる可能性が高くなります。

パニック障害を患っている時の脳の働きは自律神経の働きにとても関係していると言われます。

自律神経とは活発に動いている時に働く交感神経と眠りに入っている時などリラックス状態の時に働きやすい副交感神経がありますが、パニック障害を患っている人は常に神経が興奮状態で、副交感神経の働きが鈍っている傾向があります。自分でこのことを意識してリラックスできる時間を増やしたりして副交感神経の働きを促してあげることが大事です。

自律神経の切り替えを上手にするにはきつい運動をするよりは軽いジョギングや散歩くらいの運動で適度に汗が出るくらいで楽しいと感じられるくらいがベストです。

パニック障害の人は脳の働きが過剰に敏感になっているのでカフェインをを摂りすぎることはなるべく避けたほうが良いかもしれません。

食事を変えればうつ病の克服も早い!

スポンサードリンク



関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ