うつ病で休職するときの過ごし方と期間について

今日うつ病で休職する時の過ごし方と期間を自分の体験談も加えて色々気づいたこととか書いてみたいと思います。

長い期間を休職する時の過ごし方ですが、休職に抵抗ある方がとても多いと思いますが、自分の健康が優先なのでできれば期間が長い短い問わず休職して身体を大事にして欲しいと思います。

スポンサードリンク



うつ病改善コーチの渡部 啓二と申します。

うつ病は現代病になりつつありこの変化が激しい時代に増えるいっぽうです。

芸能人でもカミングアウトしている方を見ることもありますよね。

自分はうつ病経験者であるので、今苦しんでいる方の気持ちが少しでも理解できると思います。

思っている本音を話すことで緩和することもあると思いますので気軽にメッセージいただければと思います。

過ごし方やうつ病で少しの期間でも休職してる方への接し方はどんな風にしたらいいか悩まれてる方も多いのではないでしょうか?

休職している期間の過ごし方は過剰な励ましや心配は避け、患者さん本人のペースを大切にしてほしいと思います。

病気であると知りながらも元気なさそうな姿を見ると、周囲の人はついつい励ましてしまいたくなったり、がんばれと言ったりしてしまいますでも、休職の期間うつ病の患者さんは周囲の人々のこういった“配慮”に対して、とてもストレスが大きくかかってしまうこともあります。過ごし方がとても大事になりますね。

少しの期間でも休職までいくということはうつ病患者さんは、心身ともにとても疲れた状態なんです。気分を変えるためになにかすればといって出かけるように誘いたくなりますが、これはかえって患者さんの過ごし方としては疲れさせる原因になる場合が多いです

周囲の人は、良かれと思って言ってることも少しの期間でも休職するくらいしんどい患者さんにはストレスに感じることが多いです。少しの期間でも休職中はゆっくり休めるよう、過ごし方を工夫して環境を整えてあげるといいと思います。

スポンサードリンク



またうつ病の方が少しの期間でも休職中は家族や話す機会が多い方はうつ病を患っている方の対応で疲れ切ってしまわないよう、自分で何かリラックスできる過ごし方を見つけて病気と付き合っていく工夫をして欲しいと思います。

接し方、過ごし方のポイント

やたらに励まさない

ゆっくり休めるように過ごし方や環境を整えてあげる。

周囲からの心無い忠告に惑わされない特に朝方は無気力で、何もする気が起こらないことが多いです。

回復期の過ごし方

患者さんが焦っていると思われる時にはブレーキをかけてあげて無理をしないようにしてあげる。

家族や接する方自身も焦らない

休職中は生活リズムを改善する工夫をしてあげる。

発症時の過ごし方など状況などを家族、友人などと話し合う機会を持つ。

自分の過ごし方の体験から言えるのは聞き役になってもらえるとかなりうれしかったのを覚えています。

自分ひとりで抱え込んでしまっていたということが本当に良くわかります。

少しの期間の休職中でも人との会話がかなりの薬になりますよ。

うつ病で長い期間の休職をせざるを得なかった方へ

うつ病で長い期間の休職をしたということは、うつ病の症状がそれだけ進行して重かったということです。

うつ病で 休職の直後は、絶対に休養をとることに専念してほしいと思います。
何も考え込む必要はなく休養する期間を取ることが優先です

これがベストな過ごし方と言えるかもしれません。

うつ病で休職まで追い込まれるほど、もう十分頑張ってきたんです。
もう頑張る必要はないと思います。。過ごし方を変えましょう。
どうしてもしんどい時は寝たいときに寝ればよいですし、食べたい時に好きなものを食べればよいのです。

どうしても食欲がなければ、無理やりに食べなくても構いません。

動きたくないときは動かなくてもいいと思います。

、何もしたくなければ、しなくていいと思います。

義務的にやるようなことは避けてOKだと思います。うつ病で休職するまで頑張りすぎた期間が長かったと思います。

長期の期間の休職中でも自分は、必ずよくなるんだと信じてください

治るんだという意識を持つだけで、これから先の状態や過ごし方がかなり変わってきます。

今は、そんな気持ちになれないかもしれませんが、必ず克服できると信じることはとても大切です。
こんな気持ちでの過ごし方も大切だと思います。

うつ病の過ごし方のベストは、思い切った休養です。出来れば短期または長期の休職ですよね。仕事を継続しながらしんどいのに自分をだましながら治療するより、思い切ってしばらく仕事を休んでしっかり休養、「休職」した方が、劇的に元気になるまでのスピードが早くなることが多いのです。

そもそも、なぜうつ病になるのでしょうか?うつ病を引きおこすのは「溜まりすぎたストレス」。ストレスに耐える力には個人差がありますが、ストレスの期間が長く溜まりすぎて耐えきれなくなり、脳が疲労の限界を超えてうまく機能しなくなった状態が「うつ病」なのです。

ここで思い切って休職する過ごし方が良いと思いますね。

うつ病のせいで仕事ができなくなった自分を責める気持ちが新たなストレスを生み出し、余計にうつ病の症状がエスカレートしていきます。

すると自信がますます無くなっていき、さらに余計に長い期間、仕事ができなくなるかもしれません。無理して頑張り続けても悪循環のサイクルになるので、良いことは一つもないと思います。

こんな負の連鎖の期間を断ち切るためには、意識的に「休む決断」をして過ごし方を変えることがとても大切だと思いますね。

「今は休みが必要だから仕事を休む」と自分で決心し、過ごし方を変えて休みを取るために行動することが、回復への道と思いますね。

うつ病の克服を目指す過程で、休職の期間を持つ利点はかなりあると思います。仕事のストレスで辛い思いをしているあなた、ここで思い切って休職する期間をとるよう踏み切り過ごし方を変え、うつ病克服の一歩を踏み出しましょう。

下の商品はネットで見つけたのですが、使用感も本当に気持ち良くリピートして使うほどです。

興味ある方は是非試されてくださいね。

100%ナチュラル成分(化学薬品は一切含みません)。王様の休息温泉21 は天然素材で、合成界面活性剤、香料まったく使用していない入浴剤です。天然ヒノキの香りでリラックスをさそってくれます。
王様工房 王様の休息温泉21[ティートゥリー](300ml)【国内送料無料】【05P27Sep14】

¥3,880
楽天

自分のうつ病の時の過ごし方

自分の過ごし方は休職の期間は午前中は公園でのんびり、午後は銭湯に行ったりして、ストレス溜めないように気をつけていました。現状より、悪くなることは避けたかったのでリラックスできる時間をなるべく多くとるようにしていました。

うつ病は脳の病気?

スポンサードリンク



関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ