うつ病を克服するきっかけになるのはどんなこと?

うつ病を克服するきっかけとはいったいどんなことがあるのでしょうか?

インターネットなどでうつ病を発症して克服されたきっかけを話した方の体験記などを読むと、本当に様々なパターンがあって、どのような経験をされて克服されていったのかきっかけが書かれています。

スポンサードリンク



うつ病の克服のきっかけには思考パターンの切り替えを

そもそもうつ病になりやすい傾向の人は頑張り過ぎ傾向、0か100かという極端な考え、完璧主義等の思考パターンがきっかけになっていることがあります。

自分の力だけで克服しようとする、克服してみせる等と考えがちです。

うつ病を克服した多くの方に共通していたきっかけとはとにかく「休養」するというものでした。

今までが無理して頑張り過ぎていたということですね。

怖いのは本人は平気なつもりでいても実は心身には継続して負担がかかっていたということがうつ病になるきっかけとして非常に多くあります。

日本人は多くが勤勉で生真面目ですからね。

私自身もうつ病を克服するために、ひたすら休養することに専念して、できる時は散歩等をして過ごしていました。

この頃は夜はまったく眠れないこともあり、寝た気が全くせずに朝方まで寝返りを繰り返すだけでした。

スポンサードリンク



睡眠導入剤も使っていた時期もありますが半年くらいで効果がまったくなくなり色んな治療法を試して克服のきっかけにしたかったですがどれも効果が無く、睡眠障害は本当に克服するまでには苦労しました。

うつ病を克服するきっかけとして健康であった時の生活スタイルを見返してみようと思い、栄養のある食事をしっかり摂ったり、また夏によく日を浴びたり日中は散歩を出来る時にはして日光をしっかり浴びていたことも克服のきっかけとして関係していると思います。

あるうつ病を克服された方は、症状がまだ軽かったせいもあってか、病院の薬等使わなくても、心の原因、根本のストレスを取り除いただけというきっかけで早いスピードで克服された方もいらっしゃいます。

今、現在うつ病がなかなか克服できずきっかけに苦しんでいるなら、早く治さなければならない、○○でなければならないというMUST思考になるのではなく、うつ病を受け入れてしまって、ゆっくりのんびり好きなことだけやればいいと思い込んでしまって良いと思います。

また、これはうつ病を克服するきっかけとして全員に当てはまるわけではありませんが環境そのものを変えてみるのも克服するきっかけとしてひとつの手です。

うつ病を克服された方の中には、克服できたきっかけとしてとにかく嫌なことから離れて好きなことをするように心がけていた方も多くいらっしゃいました。

そもそも人と対面で会いたくなかったそうで、まったく友人、知人と連絡を取らなくなっても特に支障はなかったそうです。

よほどのストレス過多であったかもしれません。

ただあまりにも長期間、人と接してないと今度は孤独感を感じたり、人と話すことが苦手になってしまったり、会話につまったりしてうつ病の克服を遅らせることもあるので最も人間の基本である人とのコミュニケーションは大事ですね。
うつ病を克服したきっかけになったことは本当に人それぞれ違いますが、うつ病を克服した経験は必ず後々役に立つことが頻繁にあります。

決して無駄で苦痛な時間を過ごして克服するきっかけを失ってしまっただけだと考えないようにしてください。

うつ病を克服して苦しみを経験したきっかけで、人の痛みが分かり、人に対して優しくなれて人として成長出来ると思います。

うつ病を克服するためには、とにかく焦ることをやめて、うつ病を受け入れてしまって、散歩や日に当たるようにして、好きなことだけしていればいつか治ると開き直ってしまった方が結果として早くうつ病を克服出来たりします。

うつ病になる前の規則正しい生活に切り替えたり、朝起きてから散歩などで朝日を浴びるようにしたり食生活を改めて栄養あるものを摂取して、うつ病になった原因のストレスから遠ざかるように工夫したりですね。

うつ病の克服のきっかけとして感情解放も大切

うつ病になるきっかけとしてよくあるのが、ストレスのマイナスの感情を抑え過ぎて感情の抑圧が脳内のストレス耐性をはるかに超えてしまって、脳内の働きが低下してしまっていることがあります。
うつ病を患ってしまう、きっかけとして生真面目で感情を抑え込みがちな人が多いのでこまめに吐き出して抑え込まないようにすることが大事ですね。
この人は絶対にうつ病にならないだろうなぁという人のしぐさ、行動の「マネ」をしてみることも良いと思いますよ。

でも意外と解放の仕方が分からない方も多いんです。抑圧を取り除く方法があっても実践せずに理屈っぽいことだけで終わっていることもあるんです。

この感情を抑え込み過ぎていたことがうつ病になるきっかけだったり、より悪くしてしまう1番の元とも言えます。

多くの方と接してきてやはり抑え込んでいる方が再発したり元気になるまでに時間がより多くかかっていたりします。

私自身も感情解放することがきっかけで心身がリラックスできるようになり、抑え込んでいたストレスを取り除くことが出来たと実感出来たころから、うつ病の克服のスピードが高まっていきました。

辛い時は辛い、苦しい時は苦しいんだと声に出して親しい人に向けて発することが大事です。

そうすると、自分もそうなんだよと共感がえられたりと自分だけではないんだと安心感を得られることもあるからです。

うつ病までいってない方でも心の奥底では、日々何かを我慢、感情を抑圧していることは度々ありますよね。

深層心理までは、なかなか分からないものです。

うつ病になったきっかけのストレスを抑圧して放って置いたまま、病院のうつ病の薬を服用してしまって対症療法になってしまっていることが克服までの期間を長くしてしまっていることもあります。

うつ病の治療の原因はこんなことにもあるんですね。

それはうつ病になってしまったことからはっきりと分かることですね。

マイナスの感情を吐ききってしまった方は再発も少ない傾向にあると聞いたことがあります。

うつ病になるなるきっかけになる特徴は完璧主義だったり、融通がきかなかったり、遊びを知らなかったりするので要はその反対を意識すれば良いんですよね。

うつ病の再発を防ぐきっかけをあらかじめ複数持っておくことで予防にもなります。

たくさん遊び、好きな事を見つけることで気分転換が上手になった分だけ、憂鬱な状態とは距離を置くことが出来るようになっていきました。

完璧主義傾向もなくなり楽に判断できるようになっていきましたね。

色々なうつ病を克服された方の話を聞いてきて間違いないと思うのは、うつ病を克服するのは、自分を変えるきっかけがなにかあり意識をうつ病以外のことへ向けることができた人だと思います。

ですから自分の性格の傾向をあらかじめ認識しておいてほうがいいです。

元々、どんな出来事が自分にストレスになり追い込むきっかけになってしまったのか、性格や思考パターンが、どんなふうにして完成されてきたのかしっかりと自分で認識することが重要です。

誰一人として例外なく、人は生きていれば必ず良い、悪いに限らず色々なストレスに遭遇することはあり得ます。

ストレスに負けてしまうことがあっても決して恥しいことではなく、むしろ危険回避として正しかったととらえれば良いのです

あまりにも過去のことにしがみつきすぎても、うつ病を克服するまでに時間がかかるばっかりなので、一人だけで悶々とはしないほうがいいです。

過去の良くなかった出来ごとに対しての執着をなるべく忘れる時間を多く持って、自分の思考パターンを変えていくこと。

うつ病になりやすいきっかけになる思考パターンを変えていくことで再発の予防にもなります。

それから気が向いたときだけでも「運動」することもうつ病の早い克服のきっかけになります。

うつ病の克服のきっかけとして運動を適度に!

これも多くのうつ病を克服された方ののきっかけとして、「運動」を定期的にされていたことがあります。

うつ病までいかなくても運動で汗をかくとストレス発散になりスッキリした経験は誰にでもあるのではないでしょうか?

いかに自分自身が「考え過ぎ」であったかを知らせてくれます。

適度に汗をかく程度でいいので是非なにか運動をされてみてくださいね。

うつ病はどれだけの年数や期間で克服できるの?

スポンサードリンク



関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ