一人暮らしの場合のうつ病の克服の方法とは??

うつ病を少しでも早く克服するためには、家族をはじめ、まわりの方の協力が必要不可欠です。ところが、一人暮らしをしていてその年数も長かったりすると、まわりの方の協力が得られにくい状況になって、一人きりで孤独で悩み苦しんでしまうこともあります。

スポンサードリンク



一人暮らしよりも実家の方が良いのか??

その方の状況にもよるのですが、克服するために理想は実家に帰って、家族と一緒に暮らす生活に戻って孤独から解放されてみんなと暮らして自分の負担を減らす事が一番ですが全員がそのように出来るとは限らないと思います。私自身も一人暮らしを始めて1年たたないうちに心身に不調が出たので一人暮らしをこれからされる方や一人暮らしが長い方は注意が必要です。

私自身のオススメのサプリメントの紹介

そのような状況にない場合には一人暮らしでどのようにしてうつ病を克服すれば良いのでしょうか?

一人暮らしをしている方でも家族や友達と連絡を取ることは可能だと思います。

うつ病を患ってしまうと孤独感でいっぱいになって1人で引きこもりがちになりますが、勇気を出して家族や友達に相談するだけでも克服までのスピードが大きく変わってきます。

これは本当に重要な事です。一人で何とか克服しようとするととても苦しくなると思います。

家族や友達にうつ病を患ってしまったことを知られたくないとか心配させたくないという気持ちは自分自身もそうだったのでよく分かるのですが、最近ではうつ病は誰でも一生のうちに患う可能性があり認知されるようになったので、あなたが思っているよりも受け入れてもらいやすい傾向にあると思います。

遠くにいる家族に心配をかけたくないという思いもよく分かりますが、本当はうつ病を患ってしまってどうにも動けないんだと時間が経過してから言われるよりも出来るだけ初期の段階で伝えてしまった方がうつ病を克服するまでの期間も短くて済む可能性が高いので結果として家族も楽になるものです。

スポンサードリンク



一人暮らしだから誰にも相談できないと決めつけるのではなく、今はネット環境を通して誰かに相談することも可能ですので、まずは同じうつ病で苦しんでいる方と連絡をとってみることも克服に向けて良いことかもしれません。

とにかく誰かに話すことで少しは楽になるということは間違いないですね。

一人暮らしの方がうつ病になりやすいというデータがあるそうです。

確かに短期間であれば一人暮らしも誰からも干渉されず気持ちが良いものかもしれませんが一人暮らしも長期間になるとそれが当たり前になってしまって孤独な感じになりがちになります。

人とコミュニケーションをとることが少ないからというのが理由のようですがうつ病でも一人暮らしをしている人本当にたくさんいますよね。

一人暮らしはうつ病になりやすいのか?

私自身、自分がうつ病を患ってしまった原因が、一人暮らしにあるとは思ってはいません。

うつ病を患っている方が一人暮らしをする場合の問題点として今まである程度、規則的であった生活が変則的になることがあります。

食生活や睡眠時間なども変則的になってしまうので良くないと感じています。

うつ病の症状が重くて食事がまともに摂れなかったり、外出して人と喋ることすら出来ないような場合には実家へ戻ることをオススメします。

うつ病を患っている方が一人暮らしではなくて実家で暮らす良い点としては、話し相手がいることや食事の面やお風呂など生活をしていくのに家族がある程度はしてくれるという点があります。

最悪、自殺しようとしたときにでも止めてもらえる可能性があります。

家族がうつ病に対して理解をして受け入れてくれる体制があれば実家でしばらく休養することも悪くないでしょう。

一人暮らしが良いのか、実家へ帰って療養したほうが良いのか迷う方も多いし、まわりの方はいろんなことを言いますが、できるだけ本人の意思を尊重してあげた方がストレスのかかり方が違うので良いと思います。

うつ病に特定した話ではなくて、色んな病気に関する情報というのは全てが正しいというわけではないので注意が必要です。気をつけていないと、情報に振り回されて何が正しいのか混乱します。

克服に向けてコミュニケーションが大事

自分が理想的だと思うのは、知識だけでうつ病の事に精通している人ではなくて、親身になって自分のことを心配してくれる人や話を良く聞いてくれる人が良いですね。家族やお医者さんや友達でも同じです。

一人暮らしをしている方は家族と一緒に生活している方よりも、8割近くもうつ病を発症するリスクが高いという話もあるそうです。

一人ではなくて家族と一緒に暮らしていることによって、精神面が安定したり人と繋がっているという感覚を感じられるので、実家で生活している方はうつ病にはなりにくい傾向があるかもしれません。

一人暮らしをしている方でも友達が多ければまだ良いのですが、人と会話をする機会そのものが少ないという方は、コミュニケーションの量が欠けていると自分で感じて、うつ病のリスクを高めてしまうというわけです。

うつ病を患っている状態だと、人と話すこと自体が億劫だし、一人の方が気楽だと感じることが多いのですが、程度にもよりますが、自分一人の力で克服できるほど簡単な病気ではないですし、症状が悪い方へエスカレートすると日常生活にも支障が出るので、まずは病院やカウンセリングでとことん話を聞いてもらう必要があります。

親に余計な心配をかけたくなくて、一人暮らしをしている方もたくさんいらっしゃると思いますが、うつ病はなってみないと分からないもので簡単にあっさり克服することは少なくて実際は想像されている以上に重く苦しい病気です。

うつ病の症状を少しでも和らげるためには環境は出来れば一人暮らしよりも実家暮らしの方が良いと思います。

それでも一人暮らしを選択するのであれば、定期的に人とコミュニケーションをとることをされる方が良いですね。

一人でポツンといると、どうしても考え込む時間が増えてしまうので定期的に人と「話す」機会を作ってほしいです。

一人暮らしをしていると、あれもこれも自分でしないといけないので余計にストレスもたまります。

うつ病を克服には、家族や友達などの理解者とのコミュニケーションが大事なので、自分だけは一人でか自力で治して見せるか変な無理をせずに、家族助けをるようにしてください。

うつ病を少しでも早く克服するために、家族に協力してもらったり、友達や知人の協力が絶対にあった方が良いです。

うつ病になる方は真面目な方が多いので人を頼ることが苦手かもしれませんが、一人暮らしを長年していたりするとまわりの方に協力してもらうことが難しくなったりして自分がそうだったのですが、一人でポツンと孤独感でいっぱいで悩み過ぎて苦しんでしまうことになります。

家族と離れての生活が長い一人暮らしの人はまわりから心配してくれる機会が自然と減っていくことがあります。

自分もそうだったのですが、仕事で大きな成果を出したいという気持ちも分かりますが、何よりも健康体でいる事が最重要です。

一人で克服しようとしないで!

うつ病を経験して本当に「ストレス」というのが怖いということと、健康が1番大事であるということを痛感しました。

まずうつ病を患ってしまった原因を改善することを少しずつ考えていきましょう。

一人でなんとか克服しようとうつ病の治療に取り組むのと家族などのケアを頼ってうつ病の治療に励むのは克服までの時間が全然違ってきます。

一人暮らしですとお金のやりくりが問題にもなると思います。

請求書が毎月来てよりストレスになっている方も多いのではないでしょうか。

心療内科へ両親と一緒に行ったこともありましたし、うつ病の症状が酷くて心細い時には、両親からはもう頑張るななどを声かけをしてもらったりしていました。

初期の段階であれば一人暮らしでも人に気を使わないで済む事で病状が改善するケースもあります。

家族と一緒に過ごしていれば誰かしら話し相手はいるので家族に相談すれば良いですし、経済的な心配も一人暮らしの時よりはないと思います。

一人暮らしで気をつけておいた方が良い事は、一人暮らしをスタートした途端に家族や友達とのコミュニケーションを断ち切るのでは無く、定期的に家族と電話でも良いので直接声を聞くうようにしてほしいです。

うつ病までいかなくても人とのコミュニケーション不足は脳の活動にもよくありません

人間は人と会話している時というのは脳内は活発に働いています。

友達とのコミュニケーションを増やたりしていく中で不思議なもので必ず理解者がいるものです。

注意しないといけない点は症状がかなり重いのに一人暮らしをする事です。

症状が重いのに一人暮らしで生活されている方がいらしたら出来れば自宅での療養をされた方が良いです。

ある程度良くなるまでは自宅で過ごして、症状が軽くなってからまた一人暮らしをすれば良いのです。

友人や家族にそもそも会いたくないという思考になることもあると思いますが、一人きりで頑張るには限界があります。

どんな事に気をつけて過ごしたら良いのでしょうか?

こちらの記事もご覧になってみてください。

きっと参考になることがあると思います。

うつ病の症状として友人や家族に会いたくないことも

スポンサードリンク



関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ