働きながらうつ病の克服は可能なのか??

病院でうつ病と診断されたら、多くの人が働きながら克服できるんだろうか?それとも仕事は即辞めて休養に専念した方が良いのかと選択を悩むことでしょう。

働きながらうつ病を克服することは可能なのでしょうか?

スポンサードリンク



今まで沢山のうつ病を患っている方と話してきて感じた事ですが、理想は休養に専念してほしいというのは本音ですね。

働きながらうつ病を克服していくのにはどんなことに注意したらいいのでしょうか?

働きながら克服なんてしんど過ぎるし、休んだらんだでみんなに迷惑かけるからそんなのは無理だと、うつ病になるくらいまで頑張り続けた責任感もあって真面目な性格のあなたは思ってしまうでしょう。

働きながらうつ病を克服したいと多くの方が思うと思いますが、うつ病と診断された時点では、会社の日常の仕事をすることが難しくなっている状態であると思うので、働きながら克服しようとしてもかなり困難であることは自覚しておいたほうが良いと思います。

うつ病までいくと本来は働きながら克服できるような簡単な病気ではありません。

初期の段階であればスパッと雲が晴れたかのように元気になることもありますが、なかなか実際には難しいものです。

働きながらよりも思い切って休職してみることで克服に向けての治療に集中できるので、働きながらよりも休んだ方が、早く克服できることが多くなっています。

小さい中小企業では、ある程度長期間の間、休職している場合は雇用を続けるのは難しい場合が多いようです。

厳密な規定がないからといって、すぐ解雇ということはほぼないと思います。

うつ病で休職した場合に難しいのが復職するタイミングというのがあります。

スポンサードリンク



うつ病の克服に焦りは禁物

うつ病を患ってしまった方は真面目で本来性格が良い人ばかりですから、いつまでも休んでいたら回りに迷惑がかかるとか早く復帰しなければならないと焦る傾向があります。
働きながら克服しようとして、うつ病が回復しないまま復職してしまうと、さらに追い打ちをかけるように、うつ病を悪化させてしまったり、再発を繰り返してしまう恐れもあります。

働きながらではなくて、うつ病で休職することになってしまうと、長期間になってしまうケースがとても多いです。

6か月以内で克服して復職できればかなり早い方で、症状の程度によっては1年以上の休職になってしまうことが本当によくあります。

まれに長期間休んでいる方に対して誹謗中傷的な意見が出る事もありますが本人は働きながら治療しようとしても困難で出来ないことを酷く悩んでいるのです。

動きたくても動けないとてもしんどいことです。

うつ病の方は表面上は普通に見えたりすることもあるので病気で長期間休んでいると、怠けているように見える事があるかもしれません。

布団に入ってもなかなか寝付けずぐっすり朝まで眠れないとか夜中に目が覚めてそれから朝まで寝返りをくりかえすだけとか体が思うように動かないので何も楽しめない。
気の持ちようでどうにでもなるだろうとか、気合いで乗り越えろと思うかもしれません。ところがその気力もないし、頑張ろうとしたところで体を全く動かすことが出来ない。

どうにかしないといけないと思ったりするけど、その思いに体がついていかず、ただその場に存在しているだけで精一杯なのです。

うつ病というのは、表面上が普通に見えたりするので、明らかにはっきり分かる症状が他人からは分かりにくいせいか、なかなか理解されにくいという難しい部分があります。

そのような方々から悪気はないと思っていてもかけられた言葉によってうつ病を克服しようとしている方をさらに追い詰めることにもなります。

人間は誰でも自分は何のために生きているのかを自分で自覚していないと、誰でも生きる力を失ってしまうのではないかと思います。

ビジネスにおいて大きな成果を達成して名声を手に入れるとか、家族ととても仲が良いことが自慢であるとか、真面目な話から冗談まで何でも話せる友人がいるとか一見して当然のようにあることでも、人間は何のために存在しているのかという意味を感じていると思うんです。

うつ病を患ってしまうとまわりのことまで思考する能力が低下してまわりのことが全く見えなくなります。

仕事の段取りを考えたり、家での家事も出来なくなるし、仲が良いはずの友達と会うのもめんどくさく感じてきます。

身近な人に迷惑をかけてばかりで何も出来ない自分は生きている価値すらないと過剰に思い詰めて、自分を責めてしまう傾向があります。毎日、自分を責めて苦しむ毎日は言葉では言い表せないくらい苦しく辛いものです。

うつ病の場合は傷病手当金がもらえる可能性もありますので体自体に怪我などしているわけではないのでまわりからは楽しているように見えることもあるかもしれません。でも、仕事から一時的にでも離れる時は楽になったとしても休職しているからといっても毎日、気楽な楽しい生活をしているわけではありません。

毎日、苦痛のうつ病の症状に悩まされて、自分なんか生きている価値がないとか、マイナス思考で頭が循環してしまって、まわりが誰も理解してくれない孤独な状況でまわりからは一見普通に見えても実際は毎日、頭の中は悲観的な思いでいっぱいです。

簡単に状況が変われば良いのですが、皆さん、生きている環境、人間関係もそれぞれ違うので時間がかかるものです。

少しだけでもこういう事実があるんだということを理解していただけたら嬉しく思います。

働きながら克服して元気になりたいけど、ビジネス上やプライベートでの人間関係のストレスで心身共に疲弊しきっていて、ここ最近は極端に判断力や記憶力も落ちてきた気がしたら要注意です。

過度の緊張からさっきの話がアレッどうだったっけと混乱しているようでは、ビジネス上の仲間にも迷惑をかけてしまいます。

ところが心身の深い部分の悩みはなかなか人に相談出来るものでないですよね。

働きながら自分一人で悩み抱えこんで孤独でいても問題の解決にはならないので、まわりの方に協力してもらうなど助けを求めることが本当に大切です。

これは意外かもしれませんが本当に一人で抱え込んでいる人って多いんですよね。

私自身もそうでしたが、一人で出来ることなどたかがしれているんです。

人を頼ることはなにもおかしなことでありません。

働きながら克服したいなら、なおさらうつ病ではストレスになっている大元の原因を解決することが克服に向けての第一歩となります。

よほど職場の人間関係が酷くてうつ病を患ってしまった場合は、その場所から離れてほしいと思います。

今はブラック企業という言葉も浸透しているくらいでそこまでして会社にしがみつくことは避けてほしいと思います。

自分の「健康」を最優先してほしいです。

1回きりの人生ですので、苦しい状況にしがみつくのではなく楽しい方、わくわくする方を選択してほしいと思います。

いつも通り働きながら克服しようとすると、うつ病の症状が悪い方へエスカレートした時に、仕事にも影響を与えてしまう可能性があります。

働きながらうつ病の克服を目指す場合は、決して自分一人だけで抱え込まず一人だけの問題として決めつけずに、周囲のサポート役立てるようにして心がけるようにしてください。

休職してストレスの原因から離れる

うつ病までいかなくても日々疲労が重なってしんどいと感じたらストレスになっている元から一次的であったとしても遠ざかることが重要です。

時にはしんどいことから逃げて良いのです。

うつ病の人でも働きながら仕事を続けていくケースはありますが、ストレスを抱えこみながらの仕事では、治療を長引かせるだけでなく、悪化させてしまうことも本当に多いので長引かせないためにも、いったん休職することをおすすめします。

うつ病になると心の底では孤独感でいっぱいになって本当に自分を責めてばかりで頭の中がネガティブな思考パターンでいっぱいになります。

働きながら克服したいと思えば少しでもストレスを緩和してくれる味方を複数人あらかじめ作っておくことがとても重要になります。理解者の集まりをつくっておくことです。

コンディションが悪くなったときに、うつ病の苦しさの状態を理解してくれる人がいるのといないのとでは本当に気持ちの面で違ってきます。

根本のストレスを解消しないと克服は困難!

原因になっているストレスを解消しない限り、うつ病を完全に克服することができません。

働きながらうつ病を克服しようとする場合には特に仕事とどう付き合っていくかが重要になります。

もちろん、働いてお金を稼ぐことは重要ですが、働きすぎないようにすることもまた大切なことなのです。

働きながら病院へ通院して薬を飲みながら克服しようとされている方はとても多くいます。しかし多くの人がさらにストレスを抱えながら働くことになってしまうことが現実です。

初期の軽いうちのうつ病ならば働きながらでも正しく治療すれば克服が可能なので、経済的にもピンチになるというリスクは少ないかもしれません。

軽いうつ病を放置しないで

注意しないといけないのは軽いうつ病だからといって放置しておくことは厳禁です

うつ病の症状は軽い状態だからとそのままの状態で一定なわけではないところが怖いところです。

放置して何とかなるだろうと軽く考えていると軽いはずのうつ病が重いうつ病に悪化するケースもあります。

自分自身もある程度良くなってきたかなと思っていたころに自律神経失調の症状も出て大変な思いをしました。

ある意味、うつ病そのものよりもそちらの方がしんどかったです。

働きながらでも克服できる軽いうつ病だからこそ、早い段階の内にうつ病を根本から治療する事がすすめられています。

スポンサードリンク



関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ