うつ病を克服して上手く再就職する方法

うつ病の症状が落ち着いてきてある程度、克服してきたと感じて、うつ病になる前のような生活を感じられるようになったら、休養していた人は会社への復帰を目指して、完全に会社を退職されていた方は再就職を目指されると思います。

スポンサードリンク



うつ状態を保ったままで頑張って働いていた方は転職をしたりされることと思います。

環境によってそれぞれ進路があると思います。

再就職の際に注意することとは?

ここで大切な事があるのですが、うつ病を克服した後の再就職を意識すると、本当にやっていけるのか、続くのかと恐怖感を感じてきます。

うつ病だからという特別なものではなくて、会社への復帰や再就職でも途中で休んでいたことを、うつ病の克服までの長い期間を経過してまたやろうとするわけなので、緊張感や不安感に直面するというのは誰にでも当てはまる自然なことです。

最初から極端な目標設定を立てずに、自分の場合はまずは会社にまともに行けるようになったことや、定時で帰宅できることだけを意識して達成したらそれを喜ぶようにしていました。

スポンサードリンク



最近は健康状態に問題があって休養していた方の再就職の支援が、職場に普及している流れがあるので、会社や今の世の中はうつ病への偏見も少なくなって理解されているような感じになっているかもしれません。

うつ病を克服して再就職を目指したり、完全に違う職業を選択する場合は、今までの職場への復帰と比べると難しいものですが、実はうつ病を患っていたことは誰にも言わずに再就職や転職をされる方が多いようです。

うつ病を克服している途中の段階では「よーし仕事をやるぞ」という意欲や食欲が落ちていますので、自分の心の本音で社会復帰したいと無理せず自然にそう考えられるまでは無理をせず、焦ったり、慌てたりせずにじっくりとうつ病の克服の治療を続けて頂いて、本当に少しずつ新しい状況に向けて希望を持つことが重要です。

現代の世の中には仕事の数そのものは数え切れないほどあるので正社員にこだわらず、しっかり探せば何かしら仕事に就くことはある程度可能だと思います。。
小さい条件を沢山挙げれば難しくなりますが、経済的な不安があったとして.も、まずはうつ病を克服することが最優先だと思いますので最低限の生活費を確保すること以上を望まなければ、めちゃくちゃに難しい条件ではありません。

転職した場合では、休職して家で一人でポツンと孤独でいるよりも、人間関係が新しい状況の中でコミュニケーションが出来るので、うつ病の克服に向けても良い影響を受ける可能性が高いケースもあるようです

正社員にやたらとこだわる方が多いと聞きますが、優先順位としてはうつ病の克服ということがあるので一旦は必ずこうでなければならないというMUST思考はやめてこだわる必要はないと思います。

私自身も経験しましたが週に2~3日勤務とかで短時間のアルバイトから慣らしていけば十分だと思います。

最初からいきなり正社員を目指して再就職してもすぐにストレスから再発してしまうというのは本当に数えきれないほど聞いてきました。

うつ病の克服を妨げる考え方

友達やまわりの知人の目が気になったり、これが意外と多いのですが、ある程度の年齢になってフリーターのようなことは絶対に嫌だとプライドが邪魔をしてしまうと考えてしまうかもしれませんが、それによってまた自分を追い込んでしまったら、うつ病の克服に時間がよりかかることになります。

うつ病を経験した方は全員が感じる事だと思いますが、本当に人生そのものが辛く感じるばかりになります。

誰でも手っ取り早くうつ病を克服したいのですが、まずは受け入れてしまってうつ病を克服するために、良い環境を整えることが元気で活発だった頃の人生を送る近道だと思います。

遠回りに思えることが実は近道であると思います。

うつ病を患ったままでの再就職は、とても困難が伴うことが多いです。

お金の悩みやまわりからどう思われているかと気にすることもあって、少しでも早く再就職したいと焦る気持ちは分かりますが、まずはしっかりと休養をすることが本当に大切です。

うつ病は心の風邪と言われることがありますが初期であればあっさり短期間で元気になることも多いですが、うつ病までいくということは今まで過剰なストレスと戦ってきてつぶされたような感覚なので絶対にある程度の休養は必ず必要な病気です。

風邪をひいた時のように、風邪薬を飲んで数日間休養していれば完治してくれる病気ではありません。

うつ病を患ってしまったら一生にかかる大事な決断、例えば仕事をスパッと辞めてしまうなどの大きな決断はしてはいけないとうつ病関係の資料には書いてあります。

うつ病にかかると決断力が鈍ったり、遅れたりと正しい判断が出来なくなるので、職場への復帰のタイミングの決定は、しっかりと克服してからにしましょう。

私の経験のように就職関係がうつ病の原因で、コンディション不良で会社にとてもいられる状況でない場合には、退職も仕方がないと思います。

うつ病を患うまでいった方は頑張り屋で責任感を感じやすく、我慢する癖があって、仕事熱心な方だと思います。

仕事の経験量もかなり積んでいる方が多いと思います。

でも、再就職をして再発を絶対にしないようにしながら仕事を長く続けられるかはまた違う話になります。

問題はうつ病を克服して再就職する時にその事実をまわりに話してしまうのか、黙って自分だけの秘密にしておくのかという問題です。

今はうつ病は誰でもかかる可能性がある病気として認知されていますが、再就職する際に公に公表したらハンデが全く無いとは言いきれません。

再就職に向けて

ここ数年の間でうつ病を患っている人の数は増加しているので、大きな会社、小さな会社に限らず、何名かは精神面の不調を訴えて仕事を休職したりしています。

うつ病であることを公表してしまうと今まで培ってきた経験を活かす仕事に就くことは困難かもしれません。

ある程度、規模が大きい会社であれば、休職制度があって、長期休暇を利用してうつ病の療養に時間を使うことができます。

仕事を休んでしまうと収入がピタッと止まって0になるんではと心配される方も多数いらっしゃると思いますが、再就職に向けての休職中も手当を受けられる疾病手当という制度もあるので関心ある方は検索されてみると良いと思います。

うつ病のような精神的な病気の場合に休職制度や傷病手当金が利用できるので活用出来るものはこういう時にこそ活用すべきですね。

病状がとても重くてしんど過ぎて、職場から言われている休職期間の間では克服する見通しがあまりないと判断された場合には、完全に退職という選択をとらないといけなくなります。

自分自身がまさにそうでした。

とにかく、症状が重すぎて思考力も低下していたので働きながらうつ病を克服するなんてとてもじゃないですが、無理でした。

気になる方が多いと思うのが、会社の上の方に退職することを伝える時期ですね。

必ずしもあまり前もって伝える必要はなく、休職期間いっぱい休職してそれから上の方へ退職を伝えるようにしましょう。

とにかくうつ病を克服することを優先してそれから再就職を目指してほしいと思います。

スポンサードリンク



 

関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ