妻がうつ病で苦しんでる時、克服するための対応法とは?

家族の中心であるはずの旦那さんや家族の方は妻がうつ病を患ってしまったら克服するまでどのように接していけばいいのでしょうか?

旦那さんや家族の方としてはどんなことをしてあげたらうつ病の早い克服のためには良いのでしょうか?

スポンサードリンク



妻が苦しんでる時にはどう接すれば良いの?

少しでも早いうつ病の克服に向けて旦那さんや家族の方は妻が克服していくように協力してあげることは大切ですが、うつ病を患ってしまったのは自分が精神的な弱さからだと自分を責めたりしてしまいますが、そんなことは決してなく将来を非望することはありません。

病院でうつ病の症状が重いと診断された場合であっても旦那さんをはじめ家族の方が妻へ正しく対応して付き合い方を間違えなければ必ず克服に向けて好転していきます。

絶対に焦らず、慌てることなくうつ病というものを正確に理解して、接し方を間違えないようにしましょう。

速攻で簡単にどうにかしようとするとかえって長引かせてしまうことがかなりたくさんあるので受け入れてしまった方が結果として早い期間での克服をすることが期待できます。

そもそもうつ病とはどんな症状?

うつ病とはゆううつな気持ちが長期間続いたり、睡眠がうまくとれず夜中に目が覚めたりして朝までぐっすり眠れなかったり食欲、性欲が減退して、1日中とか2週間以上連続して体にも違和感が出てくる状態をいいます。

人間というのは本来は自然治癒力があるので少し体に違和感を感じても早めに休養をとったりすれば、時間とともに回復していくものです。

スポンサードリンク



ところが、うつ病の場合で問題になるのは、日数と時間がいくら経過しても心身の不調、ゆううつ感が一向に改善しなくて日常生活に支障が出るようになるのです。

これがうつ病ではない誰しもが経験があるちょっとゆううつな気分と違うところですね。

正確な原因を知って、すぐに投薬治療を始めるかどうか以前に本当にうつ病の薬が必要かどうかを確認する意味でも、まずは旦那さんが妻の方に付き添ってお医者さんに相談だけでもしてみることをオススメします。

旦那として或いは妻本人の悩みを聞いてもらうだけでも意外とスッキリすることがあるものです。

うつ病を患ってしまうということは何かしら言いたいことを我慢しすぎて感情の抑圧をし過ぎているはずです。

人に話を聞いてもらう、言いたいことをきちんと声に出して言うことがかなり有効であります。

ちょっと最近憂鬱だなという感覚とそうではないうつ病の場合の境界線は、パッと見は分かりにくくて、さぼっているように見えたりして誤った理解をしてしまいがちになります。

旦那さんをはじめ家族の方が妻がうつ病であることを理解し克服に向けて大事な事は、旦那さんや妻の方はもちろんのこと家族の一人一人が正確に妻の苦しくて辛い状況を理解して納得して、変に気を使わせないように良好な関係でいつもと変わらないような自然な対応をする必要があります。

妻を決して早く治せと焦らすのではなくて冷静に落ち着いてゆっくりと妻の気持ちを聞いてあげてください。

聞き役にまわることがとても大切で妻も話しやすくなりポロッと本音を言いやすくなります。

まずは話の内容に納得出来ないことがあってもいきなり全否定はせずに、妻の本音の気持ちを肯定してあげることに重点をおくようにしてあげてください。

一方的なアドバイスは克服に障害になる!

良かれと思って一方的に「こうしなさい」とか「~しなければならない」などアドバイス、強い口調で話すのではなくて自然に話しだせるように、話したくないことを無理に聞き出すことはやめておいてください。

妻がゆううつな状態が最近続いているなと察したら、旦那として出来ることとしては少しでも安心して休養がとれるような環境作りをすることが最も重要です。

妻も行動が出来ない自分に対してイライラしたり早くどうにか克服しようと焦ってしまう場合も多いので、今は休んでも平気だよと思えるように声をかけたりして少しでもリラックス状態になれるようにしてあげてください。

頑張れ!って言わないで!

うつ病を患ってしまうと、どうして自分はもっと頑張れないんだとか、本当は自分はもっと出来るはずなのにと自分を責めてしまう方がとても多いように思います。

妻に向かって頑張って!とかもっとしっかりして!と励ましてしまうとプレッシャーになって余計にストレスが重なって症状が悪化する方向へ進んでしまいます。

家族として妻が既に頑張り過ぎのピークを超えてうつ病にになってしまっていることを理解してあげてありのままを肯定してあげることが大切です。

今までが頑張りすぎてきたのです。

うつ病を克服するのに焦るのは禁物で焦ってしまうと、うつ病の克服までの期間を長引かせてしまう原因になります。

健康体なら、妻と一泊くらいの旅行でもしてリフレッシュするとストレスも解消されると思いますが、うつ病を患ってしまうと行動するエネルギーそのものが湧きあがってこないので逆効果になる場合もあります。

家族の方が妻の気持ちや考えを聞いてあげて無理やり外出をさせたり気分転換を強制したりしないであげてください。

うつ病を患ってしまうと、苦しさでいっぱいで正常な判断が難しくなっているので人生の大事な決断、就職、退職、結婚のことなどといった大きなことは、うつ病を克服して元気になってから冷静になって旦那さんや妻と相談しあって決めてほしいですね。

うつ病に対する理解は経験したもの同士でないと100%分かりあうことは困難ですが少しでも分かってあげようとする気持ちが大事だと思います。

また知識として、どんなタイプの人がうつ病になりやすいかを知っておくことも良いと思います。

一般的に言われているのは生真面目で頑張り屋で几帳面であったり義理を大事にするとか完璧主義であったりという元々がストレスがたまりやすい性格も関係している原因の一つにはあるようです。

自分自身もうつ病を経験してきて克服した今から思えばそのような傾向はあったと思います。

真剣に取り組む時とリラックスする時の切り替えが下手であったことと悩みごとを一人で抱え込んで誰かに相談するとか吐きだす場を持たなかったことも原因の一つにはありました。

旦那さんや家族の方は妻の方へ対応の仕方は感情の変化を普段から観察して、話しかけるタイミングを選んでほしいです。

一人で気楽に過ごしているほうが気分が良いとか一人になりたいタイミングもあるので時にはそっとしておいてあげてください。

妻が自分から話かけてきたり、体調が良さそうに見えた時は、一緒に散歩程度の運動をしたり好きな趣味に取り組んだり楽しめる時間を過ごしてください。

妻の聞き役にまわって話を聞いてあげて!

ここでもコミュニケーションの基本は聞き役にまわってあげることです。

うつ病を患っている方と沢山話してきて話し方を観察していて分かったのですが、うつ病を患ってしまった理由、環境、症状は人それぞれ本当に違います。

その方の性格や考えに合わせて聞き役に回るように話し方を変える必要があります。

旦那として妻に対して良かれと思って発した言葉や行動が妻へ精神的ダメージを与えて逆効果になってしまうケースもあります。

それから、うつ病を患っている方同士は引き寄せられやすいようです。

家族や知人などうつ病を患っている方のどちらか一人でも調子の悪い時に、他の一人もコンディションを崩してしまうこともあります。

全員に当てはまるわけではないけれど、よく聞く話だと思います。

旦那さんやの方もストレスで潰れないようによく注意して相手の聞き役に回ってあげることがうつ病の早い克服に向けて大切な事です。

食事の面も幸福感を感じられるときに出るセロトニンの素ともいえるトリプトファンを豊富に含んでいる鶏肉などたんぱく質をメインとして出来る範囲で食べるように工夫もされてみてください。

会話の大事さをもう一度確認されてください!

会話が乏しいのもうつ病の症状?

スポンサードリンク



関連記事はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ