家族がうつ病になったら克服するためにするべきことは?

見た目は特に変化がないのに、やる気が無く見えたり、眠れないことを何度も訴えたりする家族がいるなら、それはうつ病を患っている可能性があります。

スポンサードリンク



家族がうつ病になったら

短期間の落ち込みですんで元通り元気になるなら一時的な気分の落ち込みでしかありませんが、2週間以上苦しむ状態が続くなら、うつ病を発症している可能性が高いといえるでしょう。

うつ病を克服をするには専門の病院で治療を受けることを最優先に考えたいところですが、家族がうつ病になった場合は周囲の接し方も克服するためにとても重要になってきます。

心構えとして、決して諦めないことが肝心です。本人はとてもふさぎこんだ気分でいるため、ネガティブなことばかり言うようになりますが、家族の人は克服できると信じて、相手の聞き役に回ってあげてください。

まだ病院で治療を受けていなければ、一緒に連れ添って向かうようにします。うつ病を発症していても性格のせいであったり、うつ病であることを認めないことがよくあります。そのままでいると、ますます辛い思いをしながら生活を続けていかなければなりません。

家族が様子がおかしいといち早く察知して、病院に連れて行ってあげることは、本人を助けることに繋がります。

スポンサードリンク



周囲の人から見ると、やる気のない状態がまるで怠けているように見えるかもしれませんが、このうつ病の特徴的な症状であり、決して怠けているわけではありません。

原因となっているストレスなどの問題から離してあげることでうつ病の症状が軽くなっていきますので、原因のストレスのことを周囲が理解し、ゆっくりと休ませてあげるようにしてください。

絶対に治ると丁寧に伝えてあげることが大切ですが、直接的に本人に言葉で伝えるのは危険です。頑張りすぎてうつ病になる人がとても多く、励まされると「まだ頑張らなければならないのか」と本人が受け止めてしまいます。言葉で伝えるのではなく、相手の立場をよく理解してゆったりと見守りながら、協力してあげましょう。

本人を焦らせるような質問や要望を出すのはよくありません。自主的に何か行動を起こそうとするまで、待つようにします。真面目な性格の人がなりやすい病気ですから、家事や育児などを無理して行おうとしているなら、家族が協力して本人の負担を和らげてあげます。

メンタル面においては、家族はうつ病の方のマイナストークを間近で頻繁に聞く機会が自然と多くなります。

マイナストークをいつも聞くことによって、家族の内の誰かにもその考えのパターンが移ってしまうことが気づかないうちにたくさんあります。

実際問題として、うつ病の方の家族の内の誰かがうつ病になってしまうのはよく聞くことがある話です。

こういうケースを未然に防ぐためにも、心療内科に家族で付き添って病院のお医者さんと親しくなっておいて、ひどく辛くなる前に克服できるようにすぐに診察してもらえるようにしましょう。

体にかかるストレスでは、うつ病の方の克服へ向けて病院への送り迎えやうつ病の方の長期間の援助していくうちに、体が疲労困憊することもあります。

うつ病の克服には家族の協力がポイント

一人だけで抱え込んで無理やりに仕事と家のことを上手にこなそうとせずに、家族内で分担して出来ないか、民間のサービスはないか、探してみましょう。

会社によっては介護のために休むことや早退などが認められることがありますので少しでも早く克服するために相談してみることも一つの手でしょう。

駄目もとでも相談してみるという行動をとってみることが大事ですね。

スポンサードリンク



自分の経験でもうつ病のことはすすんで誰にでも話したくなるようなないのですが話しやすそうな人にポロッと話してみると、実は自分や知人でもうつ病だったんだとか苦労して克服した体験談をよく聞きます。

うつ病は自分自身でもどこからどこまでの範囲がうつ病による症状なのかが分かりにいので、克服を目指そうとしてもそもそも状況が分かりにくかったりして家族から理解してもらえない場合も多くあります。

仮に心療内科を受診していても、今はうつ病の認知度の高さもかなりあるので、心療内科にかかったからといってうつ病とは限らないだろう思われてしまうことも珍しくないです。

どうしたら、うつ病になってしまった苦しみを家族に理解してもらえて克服を目指せるのでしょうか?

うつ病という病が一般によく聞かれるようになってからは、憂鬱な気分が続いていても「ちょっと疲れているだけだろう」程度にしか思ってもらえないことが多くありました。

私自身がうつ病を発症した当時は、まだうつ病という言葉も今ほどは認知されていなくて、珍しい程度のレベルであったので家族も理解をしてくれましたが、ここ最近の状況はその当時とは大きく変わってきています。

うつ病は本当に個人個人で患ってしまった理由が違いますし症状として出るものも違いますし、広い範囲になることもあるのでまわりに自分の症状を正確に伝えることがとても難しくてどう克服して良いかが分かりにくく、それがストレスの元となることもあります。

私自身も家族にはかなり援助してきてもらっているので家族には自分自身の今の症状をしっかりと理解してもらいたいと思っているうつ病の方の気持ちもよく分かります。

これは自分自身が十分に出来なかったので、もっと早く対応していればとたまに振り返ることなのですが、うつ病の症状によって苦しんでいるなら、私自身は家族には今の心境や葛藤、伝えたいことを素直に伝えて家族の理解を得られるまで説明する必要があると思います。

うつ病を患っていた時代には金銭面でもかなり苦しかったので克服を早めるためにも早めに相談すべきだったと思っています。

病気のことに限ったことではないすが、トラブル事はとにかく早めの対応で傷が小さいうちに手を打つのが最も正解だと痛感しました。

家族から理解してもらえない原因というのは、話を聞く側にも原因があると思いますが、うつ病に対する考え方の違いがありますが、うつ病を患っている側にも諦めずに説明する必要があると思います。

家族からなかなか理解や協力が得られないからといって直ぐ諦めるのではなくて、家族に現在の生活の状態、症状を素直に伝えることもうつ病を克服するのに大事なことです。

うつ病ではない人にうつ病の症状を一生懸命話しても、なかなか経験者でないので実感できない部分があるのはある意味では仕方がないことであります。

うつ病の方の心の奥底の状態まではなかなか外見からは理解しにくいのですが、体の不調、ひどい頭痛があったり倦怠感がひどかったりすることを伝えて、特に睡眠障害がひどい状態が続いているようであれば早い段階で相談してほしいですね。

うつ病は精神的不安定になる以外にも体があちこち痛くなったりという症状も出てくることもあるので、しっかり家族に伝えてほしいです。

これは自分自身の体験から本当に実感しましたが、家族の内の誰か一人だけでも話を聞いてくれるだけで心の緊張がとれてリラックスできますし、涙が出そうになることもありますし、いかに今まで一人で抱え込んでいたかを思い知らされます。

自分は一人ではないんだということが実感できるとうつ病の症状を防ぐための予防にもなります。

家族の方の誰か一人でも理解と協力があればうつ病の症状がエスカレートすることを予防することもできるようになってくるので、理解してもらえるのは不可能だと簡単に決めつけずに真剣に伝えれば必ず伝わりますのでしっかりと本音を伝えていきましょう。

実際に家族からの理解をなかなか得ることができずに、余計に過剰なストレスを抱えているうつ病の方はたくさんいらっしゃいます。

一人で抱え込みすぎて黙り込んでいても家族の方にあなた自身のの辛さはなかなかスムーズに伝わりにくいです。
まずは自分自身の言葉で、心に思っていることを声に出して真正面から伝えてみてください。

そうするとだんだん心が軽くなってくるのが分かると思います。
話しだしていくうちに悲しかったり苦しかったりしてきた感情が爆発するかもしれませんが感情の抑圧は心身の健康によくないので発散させてしまって構いません。

家族と会話をすることで理解してもらえ安心感から感情がこみ上げて泣きだすこともあるかもしれませんが、あなたの言葉でまず伝えるということが大切です。

うつ病の克服に向けて、最も大切なことは家族にうつ病の症状を理解してもらうことです。目に見えない病気であるため、本当は怠惰な生活を過ごしたいがためにウソをついているのではないかと家族に思われ、ちゃんとしたしつけをしなくてはならないと無理強いをする家族もいます。

その結果、克服はおろか、症状を悪化させてしまうケースが出てきます。以前に比べれば、うつ病に関する知識が広まり、理解をしてくれる人も増えてはいますが、いまだに理解を示さない人がいるのも事実です。

良かれと思ってしてあげたことが逆効果だったということもよくあります。そうしたことのないよう、家族と会話を重ね、自分はこういう病気で苦しんでいるということを話すことも必要です。サポートする家族側としては、せっかく会話をしてくれたのに突き放すような言動をしてしまうことはあまりに残酷です。

うつ病患者は叱咤に対する反発などにもエネルギーを絞り出せない状態となっており、そのまま受け取ってしまい、症状をさらに悪化させることになります。

うつ病は心の風邪とも言われており、風邪をひいている患者に対し、ランニングを強要するのと変わりませんし、そんなことをすればどうなるか、常識的な人であればすぐに分かります。うつ病も同様で、会話をするにしても、普段の会話を心がけることが求められます。

うつ病を克服した人、そして克服できず、慢性的な症状に苦しむ人、そして最悪の結末を迎えた人、これらを分けるのは普段からの家族とのコミュニケーションです。患者の気持ちをなるべく分かろうとする気持ち、そしてどういう対応がベストなのか常にそれを模索することが必要となります。

うつ病はどれだけの年数や期間で克服できるの?

スポンサードリンク



 

 

関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ