旅行をうつ病を克服するきっかけにする方法

一般には、うつ病を克服するためには病院の薬を飲みながらストレスになっていることから離れて十分に休養を取ることが最優先だと言われています。

旅行どころではないと普通は考えると思いますが、うつ病の症状の程度によっては克服のきっかけとなる可能性も秘めていることもまた事実です。

旅行も克服のきっかけに!

もちろん症状が極端に重い時は旅行などとても無理だと思いますが、少しでも自分の意志で本心から外へ出てみたいとか思うことがあれば短期的に旅行してみる事も克服に向けて有益な時間となることでしょう。

うつ病は、転職や結婚などの人生の大きなイベントで環境が変わったり嫌な人、苦手な人と長い時間過ごす苦痛の人間関係からくるストレス、過剰な疲労で脳機能が著しく低下している状態なので、脳機能を少しでも克服させるために休養することが重要となっています。

うつ病を患って休養する期間をとる時は出来るだけリラックス出来る環境を作ってある程度の期間は環境を変えないことが重要だと思います。

うつ病で会社を休職したりしてこれから休養期間に入るという時は、一般には旅行をしたりすることは控えた方が良いと言われています。

でも、長期間、自宅にばかりいることで、それがかえってストレスがたまってしまう場合には体や心の状態に無理のない程度で近場へ旅行をすることはリフレッシュになるかもしれません。

自分の体験から言うとひたすら自宅のベットで1日中横になって過ごす期間が長かったのであまりにも孤独感が強くなる時には近所を散歩したり銭湯へ出かけて人がある程度多いところで時間をつぶしたりしていました。

少しでも気が向いた時には外を歩くことをオススメします。適度に運動していると余計な考えから解放されたりしてリフレッシュになるのでオススメです。

仕事等の過大なストレスからうつ病を患ってしまった場合は、日頃のストレスを忘れて久しぶりにリラックス状態を満喫出来るかもしれないので旅行をすることで克服へ向けて病状が改善されることもあります。

自分もそうでしたが、うつ病の人は疲れやすいケースが多いので疲労が増えてしまうと病状が悪化する方向へいきやすくなります。生まれて初めての土地でリラックス出来なく、不安、心配にかられることがあるため、無理をしないことが大切になります。

もし、うつ病の克服途中でも、旅行に行ってリフレッシュしてみたい気持ちがあるなら、より好転することを期待して行ってみるのも良いでしょう。

うつ病の薬を使うことも一つの手段ですが、患者の好きな事をして過ごす事も克服への近道になります。旅行好きな患者は、うつ病の克服のために旅行にしばらく行き、ある程度長期的に過ごしてみることや色んな国で人と会話してみることも良いと思います。

自分の考えとしては旅行をしてみて短期的にでも環境を変えてみると自分の考えも変化してくることがあるので今までの考え方の癖とか思い込みが外れることがよくあります。

克服するまでうつ病治療として旅行をする、心が疲れたら旅行するなども良いです。旅行の話や克服した後の旅行の約束なども目的ができるので脳が活性化するので旅行はうつ病の克服に効果があります。

克服にプレッシャーは禁物

うつ病に悩まされているのは本人だけではなく、家族や友人など多くの人です。どうにかして克服してもらいたい、克服してもらいたいと周りの人は考えますが、そうした気持ちが出すぎてしまうとプレッシャーになってしまいます。

最近では旅行をきっかけに克服してもらおうと考え、色々と旅行先を検討する人も出てきています。しかし、その場合にもうつ病の病状についてしっかりと認識しておくことが大切で、克服することもあれば反対に悪化することもあるので注意が必要です。

基本的にうつ病を患っている方は環境の変化などに敏感で、普通の人よりも疲れることになります。気晴らしを促し、実際にそれを信じて旅行をしたものの、必要以上に疲れてしまい、旅行したことで症状が悪化したということも多く聞かれます。

ただ闇雲に外に連れ出す行為は決して良いものではなく、逆効果となってしまうことが考えられます。そのため、症状がどのような状態なのかを見極めることが必要です。休養に入って間もない時期は特に旅行は避けなければなりません。

うつ病の症状の克服として大事なのは休養です。まずは休んでもらうことが第一歩で、それによって克服の兆しが見られてから検討に入りましょう。

うつ病は心の風邪と言われますが、風邪をひいた場合、治りかけたからといっていきなり体を動かすことはあまりに危険で、悪影響を及ぼすことは誰でも分かります。うつ病でもそれは同じで、克服しかけの状態が一番危ないのです。

症状が改善されてきた、だから旅行に連れ出そうというのもこれまた危険が伴います。外に出ることさえ疲れるわけで、それでいて色々な観光地を巡り、人ごみにまぎれるというのは精神的なストレスが多くかかります。

そんな自分に嫌気が差し、自分は一生克服出来ないかもしれないと思ってしまい、悪化させてしまうということはよくあります。

最初は近場へ旅行がオススメ

では、克服のきっかけにするにはどうすれば良いのかですが、スケジュールを緩めにしておき、最初は自宅から近いところに旅行へ行くことが重要です。

いきなり海外旅行では精神的にも肉体的にも疲弊してしまいます。ですから、外出する際もちょっと遠くのスーパー銭湯に行くとか、市場にある食堂でおいしいご飯を食べる、海に行き、海の幸を堪能するといったことから始めていくことが大切です。

いきなり負荷をかけていくのではなく、最初は緩く負荷をかけ、それで大丈夫なら段階を上げる、そして無理はしないし、同行者も無理を強いないことが求められます。スケジュールを緩めにし、ゆったりとした時間を作ることで心に余裕を与えた状態で旅行を楽しむことが出来ます。

同行者にとっては気を使う旅行になる場合もあってストレスがたまるかもしれませんが、あくまで克服のきっかけにするためのものですから、そこのあたりは考慮して自分も楽しむくらいの気持ちでいてほしいですね。そして、体調に気遣い、悪化してきた場合、疲れが著しい場合にはすぐに帰ることが大切です。

この判断をした時、もっと楽しみたかったという言葉を同行者が言ってしまい、症状を悪化させるケースもあります。すべてを許す、それが当たり前という意識が必要ですし、それがないと逆効果になるケースが増えてしまいます。

負荷を段々とかけ、日帰りだったものを一泊二日、二泊三日としていき、行くところもどんどん遠くにしていき、海外旅行に行ける段階になればそろそろ克服に近づいてきたということが言えます。

うつ病は克服するまでに時間がかかるため、負荷をかけていき、いよいよ海外旅行に行くという頃合いがちょうど良いのです。海外に行けば、現地でのやり取りや食事の問題などでかなりの負担がかかります。そうしたものにもしっかり対応できるタフさや体力が取り戻されたと分かれば、本格的に治ってきたことを意味します。

見た目には元気そう、だから外に連れ出そう、ずっと家の中ではいけないと周囲の人は思いがちですが、これはうつ病の症状を理解していない行動です。

行動はしたい、だけどエネルギーがないという状態で、いわゆる車のガス欠の状態です。ガソリンスタンドがまだ遠くにある状態で一生懸命車を押しており、その人に対し、車の中から声援だけを送る行為をしていると言えます。

一緒に車を押してあげることがこの場合大事であり、声援は逆効果であり、負担となってしまいます。本人のためにならないと思われるでしょうが、ガス欠ではどうしようもなく、ふらふらの状態でガソリンスタンドまで車を押している人に、本人のためにならないと救いの手を差し伸べないことがむしろ本人のためになりません。

一緒に車を押す、ガソリンを入れる、ここまで疲れただろうから途中まで自分が運転するといった患者への配慮が周囲の人には求められます。自分が楽しみたいから、患者を利用して外に出るというのではいけません。

きっかけにするのであれば、すべてを患者第一、克服してほしいことを最優先に考え、旅行の計画を立てることが大事です。その計画が本当に患者第一のものであるかどうか、見直してみることが大切です。

旅行以外でも自分の好きな事や興味があることに時間を使ってみてはいかがですか?

自分自身の旅行体験から気づいた事

自分の経験ではうつ病の症状がある程度落ち着いてからは車で近場をドライブすることから始めてみました。

知らない道を通ってみることも頭のリフレッシュになると聞いたことがあったのでそのようにしたりよく海へ出かけたりしてのんびり過ごしていました。

自分が気づいた事としては旅行をうつ病克服へ向けて有効なものとするためには出かけた先でなるべく「人と話す」と言うことをすることです。

今まで部屋に閉じこもっていた期間が長いのでリアルな人とのコミュニケーションが明らかに不足していて不慣れになってしまっているので可能な範囲でたくさんの人と話すということをしてほしいと思います。

素晴らしい景色や美味しいものを食べることももちろんうつ病の克服へ向けて有効ですが「人は人で磨かれる」というように人との出会いで心も動くものです。

自分も人と話すことをしてこなかったらもっとうつ病克服までの期間が遅くなっていたかもしれません。

ぜひ「人と話す」ことを楽しんで、数をこなしてほしいと思います。

うつ病を早く克服するのに良い趣味ってあるの?