映画を見ることもうつ病の克服にオススメ!

今回はうつ病を克服する過程で見た映画を紹介してみたいと思います。

症状がとても思い時期は当然、それどころではなかったのですが、少しずつ良くなってきたころには気分転換に映画を見るようにしていました。

スポンサードリンク



うつ病がどんなものか分かりやすい映画

テレビや書籍にもなっているのでご存知の方も多いと思いますが、映画「ツレがうつになりまして」はどんな感じなのか知りたくてすぐに見ました。

 

映画「ツレがうつになりまして」は、細川ねね氏のエッセイを映画化した作品です。

夫が仕事のストレスからうつ病になったことが元でこの経験から、過去の事や自分自身を見つめ直して、成長していく夫婦の生活が描かれています。

このつれがうつになりましてという映画はとても穏やかな映画になっていてうつ病がどのようなものか理解しやすいように描かれています。

うつ病はそう簡単に治らないケースがとても多いですが、この夫婦の良好な関係は、うつ病の克服のスピードにとてもえいきょうするものです。

病気の人と一緒に過ごす時間がながいというのは、とても辛いことが多いものです。

精神面や金銭的にもかなり苦しくなることも多いと思います。

うつ病は克服するまでに長い付き合いになる可能性も高い病気です。

うつ病の方は頑張りたくても頑張れないので「頑張らない」って決めることをこの映画は教えてくれました。

うつ病のことを知らない方は「頑張れ、頑張れ」「頑張って治せ」と言いがちになりますが、それではプレッシャーをかけるばかりで逆効果なんですよね。

映画の最初の方で「寝ぐせ」がついたままで出勤する場面がありましたが、これは自分自身も同じだったなぁと思ってみていました。

それくらい身だしなみを気にする余裕もなくてただなんとか職場へ行くというだけで精いっぱいで帰宅しても着替える気力もなくすぐにベットで横になっていることもありました。

映画のシーンの中で印象に残ったフレーズで「会社はうつ病を治してはくれない」という言葉がありました。

本当にその通りだと思いました。

うつ病までなる方は真面目で本来は良い性格なのですが、この「会社はうつ病を治してはくれない」ということを知っておいてほしいと思いますね。

この映画でもほんの少ししか描かれていない何も起こらない普段の日常が、うつ病の患者と家族を消耗させていくケースもあります。

スポンサードリンク



この作品では、うつ病の最悪のケースである自死も未遂に終わっていますが、、どれだけ頑張り無理して接してきている人でも、イライラ、ストレスが溜まれば最悪の事態を招いてしまうこともあります。

うつ病は心の風邪とよく言われますが、短期間で治ればすごく良いのですが、長引いてしまうとかなりやっかいです。

ツレさんが勤めていた会社の雰囲気を見ながら、私自身ははこんなことを感じました。

でも、病気の方相手にここまで誠心誠意対応できる人もなかなか存在しないでしょうし、ここまでしなくてはダメ、と言われるとストレスになるなとも感じました。

家族や知人も見ながら色々考えも変わり反省することもあったようで接し方がだんだん分かってきたと言ってもらえたこともあり、嬉しかった思いもあります。

この映画は嫌味を感じることもなく家族や周りの人にも助けが必要なんだということを教えてくれます。

そこをもっと詳しく知ってみたく原作も読んでいました。

本当に満員電車で毎日、通勤する人はすごいですよね。仕事だから仕方ないかもしれませんが、それが毎日続くわけですので本当にすごいことだと思います。

うつ病は本当に身近な病気で誰でもなる「可能性」はあります。

人が人に与える影響がここまであるのか、やはり、人の力は大きいなぁと痛感しました。

ツレがうつ病になった意味は一体何だったんだろうと見ている側も考えさせられた方も多いのではないでしょうか?

うつ病は経験者同士では苦しさを分かち合えるのですごく話が弾むのですが、理解できない、或いは知らない方には全く理解不能な事もあるかもしれません。

そもそもうつ病になるなんて神経質すぎるんだと考える方も多いと思います。

当然、実際にはもっと深刻で厳しい状況にある方も多いのでこの映画に対して賛否両論あるはずですが、誰にでもなる「可能性」はあることは知っておいてもらえると嬉しいですね。

こういううつ病のことを優しく伝えてくれることで理解しやすかった方も多いのではないでしょうか。

教会のシーンではとても感動しました。あのような夫婦になることが理想的だと感じましたね。

うつ病の方へ良かれと思ってまわりはたくさん口出しをしアドバイスをしたくなりますが、どんな言葉をかけられても励みにはならず、癒しにならないことが多いのですが、この映画に出てきたイグアナのイグのようにただ近くに居てくれるだけでもかなりいやしになったりします。

親近者のかたは是非、一方的にアドバイスするのではなく聞き役に回るくらいになっていてほしいと思います。

うつ病の克服の程度のチェックに良かった映画

次に紹介したいのが極端に変わるのですが、シルベスタスタローン主演のご存知「ロッキー」シリーズです。

何故、これを見ようとしたかと言うと元気だったころの感覚を少しでも思いだしたかったからです。

学生のころから何回も見返していたくらい好きだったのでこれを見ることで元気だったころの心境を思いだしたりしていました。

ボクシングの映画ですが、人間模様が移り変わりロッキーの人間臭さやエイドリアンとの成長の物語がとても印象的でした。

ロッキーのアプローチとか、エイドリアンの控えて大人しい性格と態度とか温かくなる映画でした。

自分自身が映画を好きになるきっかけになったのがこのロッキーのシリーズでした。

中学生の頃だったかもしれませんがテレビの水曜ロードショーで放送されていたのをたまたま見たのがこの映画に出会ったきっかけです。

それからこの映画を定期的に見るくらい好きになっていました。

しばらくは毎日のように見ていたような気がします。

映画を見ることが直接うつ病の克服になるかは分かりませんが、間違いなく、気分の転換、緩和になると思います。

そして自分の回復具合のチェックにもなると思います。

少しも面白くないと感じるのか、少しでも面白いと感じて感動があるのか。

自分の心身の状態のチェックにたまに映画を見てみるのもオススメです。

スポンサードリンク