うつ病はどれだけの年数や期間で克服できるの?

現在、うつ病、あるいはうつ症状に悩んでいる方は克服までいったい,いつまでの年数や期間こんなに苦しまないといけないのかと日々考えていらっしゃることだと思います。

スポンサードリンク



克服までの年数や期間はどれくらいかかるの?

克服までの年数や期間はいったいどれくらいかかるものか不安、苛立ち等あることと思います。

精神的ストレスの開放や今まで抑えていた感情を開放させるなどうつ病を克服させるまでの年数や期間を少しでも短くさせるためには色々工夫が必要だと思います。

克服2

 

うつ病は今のストレス社会で増え続ける一方です。

有名人でも長い年数苦しんでいる経験者が多数いるのは皆さんご存じかもしれません。

自分はうつ病経験者であるので今苦しんでいる方の気持ちが経験してない方よりは理解できると思います。
人に悩みを打ち明けてしまって少しでも心を軽くして気持ちが安らげば緩和することもあると思いますので楽な気持ちでメッセージ頂ければと思います。

スポンサードリンク



うつ病対策は早いことが大事

うつ病、あるいは、うつ状態だと感じるようになってきてから早ければ早いほどうつ病の克服に向けた対策が開始されればそれだけ早い期間や年数で回復が期待できると思います。

一般的に言われているのはうつ病が克服する期間の過程では、症状が良くなってきたと感じたりまた、悪くなったりと感じたりを繰り返しながら徐々によくなっていくと言われています。

うつ病は克服ができる病気と言えますが、また、悪くなり出したと感じるように再発することも多く、再発を未然に予防することが重要になってくると思います。

耳にしたことがある方も多いと思いますが、うつ病等の精神疾患は「完治」という言葉を使うより「寛解(かんかい)」という言葉を使うことがおおいようです。

自分もこういう風に言われたことがありそういうものなのかと思った記憶があります。

寛解とはほぼ良くなっている状態といえるのですが、精神疾患に関しては、パッと見で完全に治っているように見えるかもしれなくても、再発する可能性があるという意味で、”寛解”という言葉が用いるようです。

うつ病になりかかったような時は、身も心もエネルギーが低下してしきってしまい疲れやすくなったり、これまで普通にできていたことがだんだんと出来なくなったり時間がかかったりして辛くなってきます。

このために焦って判断を誤るケースが増えたり自分を責めて、イライラしたり不安が常につきまとったりしてきます。

この段階でうつ病の克服に向けての治療が開始されれば克服までの年数や期間も早いのですが、本人さんは病気だと認めないこともあるので克服までの期間が長くなることもあります。

実際に私自身もそうでした。

最初は当然、うつ病というものを知らないわけですし、ある日の朝、頭に違和感を感じたことが発端でそこからだんだんとおかしくなっていきました。

うつ病を克服するまでの期間でさまざまな症状がはっきりと現れる段階になると人に助けを求めにくくなったり、あるいは求めることさえできないほど重い症状のうつ病になったりします。

本人も家族や友人、知人など周りの人も今までと何か違うぞ、違和感を感じるぞと気がつきますから、ようやくこの段階になって病気と認識して心療内科に行ったりしてこの時期に治療が開始されます。

うつ病をある程度の年数や期間をかけて完全に回復した段階では、うつ病はとても再発しやすい病気であることから再発を予防するためにストレス対策がとても大事になり身も心もリラックスさせる時間を持つことが大事になってきます。

うつ病は、適切な対策をとって悪いストレスから離れて十分に休養がとれれば回復することの多い病気です。

うつ病の段階でもそこまで重いケースでなければ治療を開始してから3カ月程度もするとうつ病の症状の緩和が感じられ、1年以内に7割くらいが回復するとされています。

うつ病は克服が期待できる病気であるとは裏腹に、うつ病の特徴として再発もしやすいということがあるので、再発を繰り返すにしたがって克服までの年数や期間が長引き、症状も酷くなりやすいです。だからうつ病は再発する可能性のある病気であることを理解して、ある程度、克服してからはストレスの多い環境をできるだけ避け、決して焦らないでリラックスして過ごすことが大事です。

回復の段階の生活パターン

うつ病の回復のための治療の年数や期間では、送っている生活のリズムやパターンは本当に人それぞれ違っています。

日中に主に仕事している人もいれば、夜勤の人も大勢いらっしゃると思います。

自分もそうでしたが、あまりにも辛くてほとんど一日中ベットで眠れもせずに横になっている人。朝起きれずに午後4時以降とか夕方になってなんとか起きられるという人。

ただ、特にうつ病の回復に向けての治療中にとっては、夕方や夜に起きて仕事をして朝方に寝るという
夜勤は、あまりうつ病の克服にむけて良いものではないと心に留めておいてください。

仕事柄、夜勤が避けられないケースでも週に1,2度でも日に当たる時間を増やしたりして体内時計の調整を少しでもできると良いと思います。

色々な理由で昼間も寝てるとかベットで横になっていないとしんどいという人でも、毎日出来る限り実行に移して頂きたいことがあります。

それは、朝6時とか7時とかまでの間で、一度は起きることです。

目覚まし時計を複数使ったりしても構いませんし、人に起こしてもらったりして目覚めたらまずは起きてそして窓を開けて外の空気を吸ってみてください。

誰でも経験があると思いますが、深呼吸を行えば心身の緊張も少しはとれてくると思います。

すっきりしてリラックス状態になれることは経験から皆さんご存知だと思います。

うつ病に限らず現代人はストレスを感じやすく過緊張の時間が長い傾向にあって、呼吸が浅い人がとても多いと思います。

気力がいつもよりあれば簡単なストレッチや体操でもいいでしょう。

もちろん、出来る範囲で義務的に取り組もうとせずにやれる範囲でしてほしいと思います。

ただ先に書いた朝に一度は起きるということは半強制的にでも実行してほしいですね。

私も知人からアドバイスを頂き少しずつ回復していった経験があるのでぜひ試してほしいと思います。

起きたらすぐに顔を洗うより先に散歩をしていました。

早朝の外の空気の良さに気づいてから習慣にすることが可能になりました。

その後は小食でも構わないので好きなものを食べたりして、胃腸を活動させるようにしてほしいと思います。

自律神経の働きにも大きく影響するので可能な限り実行してほしいですね。

トイレに行きたくなったら、おしっこや大便でもどんどん排泄してください。

身体の中の老廃物はため込まずに外に出すことが大切です。

明るめの部屋の照明があれば、たとえ数分間とかでも身体にあてるとよいでしょう。

朝ご飯を食べた後でも疲れがひどくだるい感じがするなら、また横になって寝てしまったりベットで横になっても構いません

横になった後で結局、一日中寝てしまったとかベットで横になっているだけだったとなっても大いに構いません。

うつ病の方は生真面目で律義で完璧主義傾向の人が多いのでこれを気にする方が多いですが、ぜひ受け入れてほしいです。

うつ病の克服までの期間では是非、頑張らないでほしいんです。

これは自信を持って言えますが、うつ病は頑張って治すものではないということです。

可能な範囲で、朝、起きて深呼吸、朝食。これを朝の儀式だと思って習慣化してしまいましょう。

これさえやれば、あとは一日中何をやっててもいいと思います。

この朝の習慣を毎日継続することで、何かが違ってくるはずです

これは脳の働きを回復させる前進になることとして間違いないと思います。

多くの方と話してみて、うつ病の回復までの年数や期間に、この朝の習慣をを行っているとうつ病の治りが早い、と多くの実体験から自信を持って言うことができます。

よほど重度でなければうつ病の方の8割くらいは1年くらいの年数である程度回復するとよく聞きます。

うつ病は、適切な期間に十分に話す回数が増えたり、睡眠が快適にとれるようになったり、食事がおいしく毎日とれるようになったりして休養が適度にとれればある程度回復したといえるような病気です。

治療を開始してから半年くらいもすればうつ病の症状の回復がある程度わかるくらいまでになり、1年以内に8割弱が回復するといわれます。

でも回復が期待できるのはもちろんですが、「再発」することが多いのがうつ病の特有の特徴で自分も1回は完全に良くなったと思ってから数カ月たってから、またおかしくなった経験があります。
再発を繰り返すにしたがって克服までの年数や期間が長くなったり、症状も重くなりがちです。

再発する可能性は半々くらいある病気であると自覚して、なるべくならストレスが長くかかる期間を避けて、人との会話がたくさんある生活を心がけることが大切になります。
とにかく誰かしら人と話すという機会を多く持てばそれだけ悩む時間が少なくてすむので一人で抱え込むことは本当に厳禁ですね。

日本人は余計に考えすぎたり、一人でどうにかしないといけないかのように考えがちですが、話し相手を複数持っておくことが本当に重要ですね。

考え方を複数持つこともできますしね。

うつ病などの精神疾患がある程度の段階まで克服することを完治という言い方ではなくて寛解と病院では言われることがあります。

これはほぼ症状がなく良くなっている状態であると言えるのですが、精神疾患では外側から見る分には治っているように見えても再発する可能性があるという意味合いもあって寛解という言い方をされるようです。

単純に怪我をしたとか、少し風邪をひいた等の場合は原因が消えてくれれば完治という言い方出来ますが、精神疾患の場合は本当に人それぞれ抱えている問題が違っていてうつ病を患ってしまう原因も本当に人それぞれなので、ほぼ以前のように元気になった状態を寛解という風に言われています。

具体的にうつ病が寛解のレベルまでいくにはどれくらいの年数や期間がかかるのでしょうか?

今まで言われている主に投薬療法などでは7割くらいは寛解のレベルまでいって、3割はうつ病が長引くパターンが多いそうです。

これはあくまでも傾向があるということなのでこの数字に一喜一憂はされないようにされてください。

全ての方がアドバイスを素直に聞くとは限らないこともこのような症状の克服するまでのスピード、年数、期間の差にも出ると思います。

一般的に言われていることは、しっかり休養することに専念して治療を開始してから多くの方は3か月くらいで寛解するそうです。

寛解してもその後の3ヶ月から半年間くらいの期間は治療を継続します。

自分で治った、もう大丈夫と思いこむのではなくて再発防止の意味でも治療を続けるという意味ですね。

もちろん一生ではなくて本当に安心できるまでは続けてほしいです。

その後も症状の安定が見られるようになったら、少しずつ薬の量を減らしていって、再発の予防のための継続治療を行われます。

最終的に投薬の治療が終わるまでにはかなり長い期間を要するというのが実際のところのようです。

うつ病が寛解になるまでの期間については、本当に個人差が大きいです。

お医者さん側の寛解に対する考え方と患者さん側の間の寛解に対しての考えが違うのはとても大きいことに感じます。

お医者さん本人もうつ病を経験している方ならまたアドバイスも違ってくると思いますが、多くの場合はそうではありませんからね。

一番苦しんでいるうつ病を患っている本人が、良くなってきたと感じられないことには、寛解になったとか、完全に良くなったとも言えないのではないかとうつ病を経験してきた者としては思いますね。

絶対に「○ヶ月の期間を休養すれば必ず良くなります」と言えるような問題ではないということです。

「完治」という言い方をせずに「寛解」という言葉を使うことから分かるように、一度完全に治ったかに見えても実は再発の可能性が残されているんです。

寛解するまでの期間は個人差がとても大きいということです。

今現在、うつ病を患っていて少しでも早く克服しようと治療を受け続けていらっしゃる方は、決して希望を失うことなく、ほぼ元気だったころに近い生活を送ることのできる寛解になることをまずは目標として治療を続けて、少しでも短い期間で寛解の状態になれるよう、栄養あるものを摂取しながら休養されてほしいと思います。

うつ病で入院した場合の年数や期間の目安とは

今まで沢山の方と話してきてみて平均的に言えば、3〜6か月くらいの方が多いように思います。

勿論、個人差はありますが、おおよそこのくらいの期間の方が多かったです。

本当にうつ病を克服して「完治しました」と言いきれるまでの期間もひとそれぞれ違います。

入院そのものも完治を目指すというよりは療養することが主な目的です。

退院したから即、もう自分は完治したとは限らないので注意されてください。

入院した時は規則正しい生活に切り替えて食事を改善したり、話し相手を増やすことで体や心の負担を軽くしてくれます。

心の負担が少なくなれば、意識の向け先も変わって少しずつ悩み考え込んでいる期間より前向きでいられる期間が長くなっていきます。

心身共に落ち着いてくれば自宅での療養も可能になります。

この病気は焦ることが一番よくないのです。

受け入れてしまった方が結果としては長期戦になることを防げるものです。

共感してくれてサポートケアしてくれる家族や友人の協力も大切です。

必ず元気になる時がきます。

うつ病を克服するまでの年数や期間は個人差が大きいですが、再発を防止するためにも元の職場に復職した後も治療を継続することです。維持することを本当に気をつけていた場合、そうでない場合に比べて再発の年数や期間が低くなるといったデータもあり、その効果は世界中で認められています。

しかし、初めてうつ病を患った人は1年くらいの年数や期間は再発を繰り返したり、まだ症状が残っていたりする人は3年程度の年数や期間、治療を継続する必要がある場合も多いです。しかし、これには個人差があるので、担当の医師とよく相談してください。

うつ病で休職するときの過ごし方と期間について

スポンサードリンク



 

 

関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ