うつ病の早い克服に筋トレが有効な理由はこちら!

うつ病を克服するのに筋トレも有効であるということをご存知でしょうか?

そもそも苦し過ぎてそれどころでない方も多いと思いますが、プロアスリートが実践しているような本格的なものではなくても効果が期待できることは科学的にも証明されていますので当然、無理しない範囲で出来ることを実践してみることをオススメします。

スポンサードリンク



筋トレを定期的に実践すると

筋トレを定期的に実践しているアスリート、スポーツ選手はうつ病になりにくいとはかなり以前から言われているようです。

うつ病には筋トレが効果が期待出来て少しでも早い克服に向けて良い影響を与えると言われる理由にはどんなことがあるのでしょうか?

うつ病は、脳みそ内の神経から神経への伝達物質の分泌の異常が原因で患ってしまうと考えられているのですが、それぞれに合った筋トレをすることによって、これらの脳みそ内の神経伝達物質を沢山出すことによって、脳みそ内が気持ち良いと感じたり幸福感に満たされるようになります。

このように適度な筋トレをすることによってマイナス思考が減少して前向きになったりと改善している感じが見えたり、表情が明るくなったり、メンタル面が安定したり、身体的にも楽になったように感じます。

スポーツをしている人はしていない人よりもストレス耐性が強かったりするのはこのようなことも理由の一つにはあるでしょうね。

スポンサードリンク



無理をしない範囲で筋トレを実践

うつ病を患ってしまうと、自分もそうでしたが、1日中ベットで横になっているだけの日もあります。

ある程度、克服してきたなと感じてきたタイミングで筋トレを実行することが大切ですが、日常的に筋トレや運動をしていない人であれば、少しだけの筋トレで筋肉痛が起こると思います。

翌日に動けない程の筋肉痛が起こってしまうのは過剰に最初からやり過ぎている傾向があるので、それを理由にしてしまって筋トレが嫌になって止めてしまう可能性があるので、最初は、腹筋のみとか軽い運動から始めると良いと思います。

一個の事を継続すると脳の汎化性といって他のことも連鎖的に伸びていくという話もあります。

うつ病の克服を意識した効果が期待できる筋トレは特定で決まっているわけではなくて筋肉に負担を適度にかけながら運動をすることによって効果が期待できます。

少しでも鍛えたい気持ちが無い場合には、筋トレの長続きが難しいので、自分が鍛えたい箇所を集中的に鍛えていくことでも十分効果が期待できると言えます。

複数のことを抱え込んでしまうとコンディションによってこなすのが難しくなってきた場合に、自分を責めてしまうという可能性もあるので、トレーニングメニューの数は最初はできるだけ少ないようにして実行していきましょう。

ここでも真面目な性格の方は何でもキッチリやろうとしますが、完璧主義は余計にストレスがつきまとうので短時間で時間を区切ってやるとか、変な無理をしないように未然に予防することが大事です。

筋トレを継続的にしているとメンタル面が安定してきてストレス耐性も向上して心身共に健康になります。

脳みそ内の神経伝達物質が沢山出ることによって、心身共に健康になるだけではなく、筋トレを定期的にすることでメンタル面が活発になります。

うつ病であるかないか以前に筋トレ、スポーツ全般は心身の健康にとても良いものです。

部屋で一人で考え込んでいても余計に気分が憂鬱になりがちなので体を動かすことは本当にオススメできます。

うつ病の症状が重くて筋トレどころではなくて外出そのものが難しい場合がありますが、ある程度は克服してきたころになると筋トレもできるほどになるので、その時に出来る範囲でも体を動かすと、うつ病が克服に向けて上向いてきていると実感することができます。

筋トレはマイナス思考も改善してくれる!!

ジョギングなど運動して汗をかいたら誰でもスッキリした経験はありますよね。

メンタル面が健全になっていくというのは、マイナス思考をプラス思考へ切り替えてくれることに繋がります。

うつ病を根本から克服するためには、体調管理だけではなくて、元々のうつ病になった原因を解決する必要があります。

少々の事で落ち込みやすくてマイナス思考になるような考え方の癖を持っているのであれば、改善していかないとまた繰り返し何度でもうつ病を再発させてしまう可能性があります。

筋トレは、うつ病の少しでも早い克服に向かって間違いなく、効果が期待出来ることなので無理しない範囲で出来ることだけ継続して実践されてみてほしいと思います。

筋トレそのものは家から外出しなくても実践出来るので、天気が悪い日や寒い日、暑い日等、外出が出来ない場合の運動としてもとてもオススメできます。

自分自身も動けるような日には、うつ病の克服に向けて、ほぼ毎日のように朝、起きたら外出して散歩などの軽い運動を続けていました。

雨の日や条件が悪くて散歩が出来ない日には、家で軽い腕立て伏せや腹筋運動などの筋トレをして脳内神経伝達物質を沢山出して克服に向けて少しでも実行すると良いと思います。

うつ病は、全然動かないことでもより悪化するケースも多いので筋トレは克服するまで或いはそれ以降もうつ病予防、ストレス解消目的として継続するのが大切です。

 

意外に思われるかもしれませんが、筋トレはきついというレベルまでしなくても効果が期待できますし実はストレス発散にも効果が期待できるものです。

今の時代は色んな事が便利になったりしている反面、多くの方が何かしらのストレスと闘いながら生きています。

悪いストレスは毎日の生活を苦しめる多くのデメリットがあります。

ジョギングなどの適度の運動や筋トレは血流を改善してくれて、体の血液の循環を上手く高めてくれます。

筋肉がほぐれたり、頭へ血流がスムーズへいくことで頭がすっきりとした状態へと変化してくれます。

よくDHA EPA を含んだサプリメントを摂ると頭が良くなると言われますが、これは頭の血流が良くなるということを現わしているそうなんです。

筋肉が適度にほぐれて、全身への血流が多い状態というのは心身共にリラックスした状態になっています。

時には体をゆるめてあげることでストレスが緩和出来るように出来ているようです。

筋トレやスポーツをして汗をかいてスッキリすることによって、マイナス思考、感情をを一旦は頭の中から忘れることが出来ます。

筋トレを取り組んでいる間は、回数をこなすことや重量のことに意識が向くので集中して夢中になります。

このように意識の向け先が変わることで気持ちをリセットする作用があるのです。

継続していくことで良好なストレス解消になってメンタル面が安定して少々の悪いことがいつまでも気にならなくなっていきます。

慣れてきて高強度の筋トレを実践するとその行為そのものがストレスを体にかけて適度な緊張を作ってくれてトレーニングを達成後の達成感によって、落ち込んでいた感情を緩和してくれる事が可能になります。

うつ病を患ってしまうとホルモン分泌量が低下している状態になります。

ここで大切なことがセロトニンという物質です。

幸せホルモンや癒しホルモンと言われているセロトニンの量を増加させることでうつ病が改善すると言われていますが、実はこのセロトニンは筋トレやジョギングによっても高めることが出来ます。

筋トレを定期的に取り組んでセロトニンの量を増加させていけば、うつ病の予防にもなる可能性があるのです。

初期の軽いうつ症状くらいなら、筋トレで克服することも十分可能性はあると思います。

スポンサードリンク



 

 

関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ