うつ病でも結婚して大丈夫?克服するまでの付き合い方!

付き合っている相手がうつ病であることを知ったらショックを受ける方が多いかもしれません。どのように対応して良いのか分からないし今後、再発するのではという心配もあるでしょう。結婚したら一生苦労するのかなと心配する事も多いと思います。克服するためにどのように付き合っていくのが良いのでしょうか?

スポンサードリンク



若い女性のうつ病が急増

ここ数年間の間では20~30代女性がうつ病を患ってしまう方がとても多くて、対人恐怖があったり、スマホの多用しすぎで依存して手が震える方すらいらっしゃいます。

最近ではコミュニケーション障害という言葉もありますし、相手と正面から目を見て話すことに慣れてなく緊張する方が多いように思います。

何故、若い年代の女性の方のうつ病が増えているのでしょうか?

今回は女性にうつ病が多い傾向が何故あるのか理由と女性特有の症状を幾つか紹介してみたいと思います。

性別の資質として女性は男性に比べて長期間に及ぶストレスにはあまり耐性が少ないという特徴があります。

女性は一般的には理論理屈で話すよりは感情脳が男性より発達しているので、好き、嫌いなどの感情がはっきり出やすいので良くも悪くもストレスを受けやすく心のトラブルが起こりやすい傾向があります。

女性特有のストレスの原因の一つには人からどう見られていてどう思われているかをかなり気にしやすいということがあります。

そういう理由から過剰なほどに、気にし過ぎたり、周りと何か違っていないかを気にしすぎてストレスになってしまうことが多いのです。

30代後半くらいですと、まわりの女性は結婚していく、或いは既に結婚しているという状況から結婚に対して焦りを感じやすくなりますよね。

まわりから結婚はまだ?などと言われて余計にストレスになることも多いでしょう。

結婚する予定の恋人となんだか上手くいかずに、マリッジブルーのようになってしまう方も多いと聞きます。

結婚や恋愛の悩みは深刻になればなるほど悩みが大きくなる、20代~30代女性の特有の問題です。

女性にとって結婚は人生の一番と言っても良い大きな人生のイベントですし出産をして子育てなどライフスタイルが必然的に大きく変化する時でもあります。

これは結婚に限らず誰にでも当てはまりますが、環境の変化というのは心に負担がかなりかかり過剰なストレスを感じて、うつ病にかかりやすい時なのです。

スポンサードリンク



結婚相手がうつ病になってしまった時

うつ病を患ってしまって、なかなか克服することが出来ずに結婚を諦めかけている方もいらっしゃるかもしれません

うつ病の症状が苦しい時はいつになったら克服できるか分からないので確かに結婚どころではないかもしれませんがうつ病を克服していくのに一つのポイントとして、間違いなく家族や恋人の支えはとても大きなものだといえます。

結婚する相手がいてお互いに結婚したいと思ってるけど相手の方がもしもうつ病だった場合か自分自身がうつ病だけど好きな人と結婚したい時は、どんな判断を出そうとしますか?

結婚は人生の中でも大きな大きな転機になります。

もしも自分や相手がうつ病ではなかった場合なら、うつ病であることで深く悩む必要はないので、結婚について悩み過ぎることも少なくなります。

反対に、自分自身がうつ病の克服の途中である場合や、相手がうつ病の克服の途中である場合は仮に結婚したとしても上手くいくんだろうかと不安になってしまうと思います。

このような不安や心配は、うつ病を克服しようとしている方はもちろんのこと、相手の方も感じるものです。

結婚は恋愛からスタートするものだと思いますが、これから生涯一緒にいて家庭を構え子育てをするということなので、学生の時のような恋愛の感覚だけではなかなか上手くやっていくことは難しいはずです。

何が何でもお互いに結婚したいという気持ちがあるならどうせ上手くいかないんじゃないかということは考えず、どうすれば、結婚出来て幸せになることが出来るのか考えてみましょう。

結婚して新生活がスタートすれば少々意見が違ってもどちらかの意見に合わせなければならない場合も沢山出てくると思います。

どちらかがうつ病である場合は、やっぱり、うつ病を患っている方に合わせることがほとんどでしょう。

相手は仕事ができない時は自分がやるしかないとか、そういった相手に対して責任を感じることなく付き合っていくことが重要です。

自分自身がうつ病だから結婚できないかもしれない。

そういう風に結婚を考えた時には、誰もが不安にかられるものです。

うつ病の時でも結婚は必ずしも出来ない訳ではなくてしようと思えば出来ますが、やっぱり簡単な事ではないことは確実です。うつ病の方の結婚にはどんなことに注意したら良いのでしょうか?

○お互いの十分なコミュニケーションと理解
もちろん、これが一番大事なことです。

うつ病についての理解をしっかりしてもらいましょう。

誤解があるといけないので自分の症状と考えを十分に説明して理解してもらうようにしましょう。

体調に波があって働いたり、働けなかったりするケースもあるので、よく話し合うことが大切です。

○身内の方の理解が十分にあるか?
お互いの身内の理解がとても重要になると思います。

もしかすると結婚を反対されるケースもあると思います。

一緒にきちんと説明して理解してもらいましょう。

うつ病の女性の結婚は甘えがあるのか??

実際に知人でいた例ですが、うつ病で無職の状態で克服に悩んでいた女性で、結婚することを諦めかけて相手に悪いんじゃないか?と悩んでいた女性がいます。

その方はうつ病をきちんと理解してくれる人を見つけて現在はとても幸せに暮らしています。
もしそんな理解してくれる人が現れて、協力してうつ病を克服できたら最高です。

結婚うつ病とは?

良い出来事の結婚のはずが今までと環境が大きく変化してストレスに対応できず、 うつ症状の状態になってしう状況です。

例えば、縁もゆかりもない遠くの地方への引っ越しした場合などがあります。

実家から遠く離れて慣れない土地での暮らしは初めは話し相手もおらず、精神的にかなり大きな負担になることも多いです。

また、結婚してうつ病を患ってしまう原因として、家に一人きりでいる時間が長いという事もあります。

友人もいない初めての土地で旦那さんは1日中仕事という状況で、 たった一人で家にいてはストレスもたまります。

結婚したばかりで幸せなはずなのに、 どうして私だけこんな思いをしなきゃいけないのかと、将来を悲観しがちになると、 どんどん結婚うつは酷くなります。

何事も早めの対応が良いのでいろんな所へ出掛けてみて気が合う話し相手を早く見つけることが大切でうつ病の予防になりますね。

特に感情を抑え込む我慢は禁物です。

泣きたいのに泣けないとか自分がどうしたいのか、気分や感情の起伏がなくなり自分自身のことがよく分からなくなってしまうので早くストレス解消法を見つけて症状が重くならないようにすることが大事です。

うつ病を発症しやすい原因となりやすい環境は?

スポンサードリンク



 

関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ