うつ病を薬を使わないで克服する方法はあるの?

うつ病を克服するのに薬を使わない方法はあるのか?

うつ病を克服ためにはうつ病のための薬での投薬療法が基本となりますが、補助的にカウンセラーに相談したり心理的な民間療法を活用する薬を使わない手段もあります。

スポンサードリンク



私自身もうつ病を早く克服しようと本当に色々な薬を使わない療法を試みました。

マッサージの類、カウンセリング、鑑定、催眠療法等 本当に色々薬を使わない療法を試してきたのでお金も結構使っていましたね。

最近ではヒーリングミュージック等の音楽療法、軽い有酸素運動のジョギングなどの薬を使わない運動療法なども効果があることが知られています。

うつ病を患ってしまうきっかけとしては本当に様々で究極のストレスと言われている身内の不幸やリストラ、人間関係など、何かしらのストレスが過剰に重なった時に発症するケースが多いです。

病院で処方される、うつ病の薬などの薬物治療では、脳内の神経伝達物質を増やすことで気分の向上を狙いますが、根本のうつ病の原因になったことまでは薬では完全な克服とまではいきません。

薬を使わない手法として、ストレスについてカウンセラーなど聞き役に徹してくれる方が、うつ病の方の話をじっくりと聞きながら根本的な支援をすることがあります。

意外に思われる方が多いですが、「話を聞いてもらう」ということだけでもどれだけ気が楽になるかと言えます。

以前にテレビでうつ病のことを取り上げられていてすごく納得したことがあるのですが、要はうつ病までいくということは心の底では「孤独感」でいっぱいなんだということです。

何でも相談できる友人、知人がいればうつ病まではなりにくいですよね。

特に重症までいかない段階のうつ病の場合、カウンセラーのカウンセリングで薬を使わないで克服までいける効果が期待できるケースもたくさんあります。

薬を使わないなら副作用も当然ありませんし、長い目で見たときにうつ病の薬での投薬治療の場合と比べて薬を使わないので再発する可能性も低くなる傾向にあります。

スポンサードリンク



うつ病の薬を使わないで克服する?

うつ病の薬を使わないでお話を何度もしてきて相手のストレスが緩和していってうつ病が克服したケースも少なくありません。

他にも薬を使わない手法として意外と思われる方も多いようですが「本をたくさん読む」ということがあります。

もちろん症状が重い時はそれどころではありませんから、本を読むどころではありませんが、少しでも気分が向いた時は本の世界に入って感情移入出来るのでストレスも緩和され薬を使わないのでオススメできます。

読む本は何でも良いのですが、自分が興味ある分野や小説など自分の世界にひたれるものがいいでしょう。

大切なことは本を読んでいくうちにうつ病の方の心境に何か良い感情が沸き起こって、本の世界に没頭することで気分が少しでも緩和することだと思います。

本を読むことは一人でも好きな時に好きなだけすれば良いので良いですね。

薬を使わない手法として、定期的に運動することがありますが、変に無理をすると逆にストレスになってしまいますので、ある程度、気分が良い時に少しずつ克服へ向けて取り組んでくださいね。

うつ病になって症状がなかなか落ち着かずに克服までに長期間かかってしまう原因の一つには神経伝達物質であるセロトニンが不足している可能性もあります。

セロトニン不足は脳の働きがにぶくなってしまう原因の一つにあるので思考力も落ちて、今まで興味があったことに関心がなくなったり、何もやる気がなくなったりする状態になっていきます。

これを防ぐためにはセロトニンを分泌させる作用のある食品やサプリメントを摂取するのが一番理想であると言えます。

サプリメントは病院で処方されるうつ病の薬とは違って症状に対して直接的に働きかけるわけではないですが、副作用などの心配がないという大きなメリットがあります。

食生活を改善していずれは薬を使わない方向へ

薬を使わない手法としてトリプトファンという物質を豊富に含んでいる食事である程度補うことができる成分となっていて鳥のささみや鳥の胸肉などの肉類や納豆、ナッツ類などのタンパク質が豊富に含まれている食べ物から摂取することができます。

たんぱく質の摂取を多めにした食事でトリプトファンを積極的に摂っていってください。

うつ病になる以前にそもそも偏食で栄養の偏った食生活をしていたり、食事を全然食べなかったりするとトリプトファンが不足する結果になってセロトニン不足が起こってうつ病が悪化するという悪循環が起きてしまいます。

キレやすいとか、落ち込みやすいとかも栄養状態が悪いことからきてることも多いのですが、意外と軽視されているんですよね。

普段の食生活を今一度見直してみませんか?

私自身は一時的に過食気味になった時期がありました。

過食というのは食べたい欲求を抑えることが出来なくなってすきま時間があれば沢山食べ物を摂るようになって気持ち悪くなるまで食べていました。

自分だけかと思っていましたが、他にも多くの方が経験されていました。

その反対に拒食といって食事を摂ることが難しくなって極端に食事を摂らない生活を続けて無月経や内臓疾患になっても本人はそれが普通のような感覚になってしまって知らないうちに体が病んできて克服を遅らせ極端にやせ細ってしまうこともあります。

うつ病は脳内の神経伝達物質のセロトニンが足りていないから発症すると言われていますが、薬を使わない食生活(栄養改善)と補助的にサプリメントでセロトニンを増やすことができます。

単純な運動としてよくスポーツを始める前にやる首を回す運動でも実はセロトニンが分泌されやすくなります。

セロトニンはほうせん核というところで生成されるそうですが、そのほうせん核は比較的に首に近いところでも生成されるそうです。

症状がとても重い時はとても無理なのですが、生活習慣を変えないと精神状態が安定しない状態なのに、薬で無理に半強制的に安定をさせているのであれば、うつ病を克服していく上で必ず良いとはいえません。

少しずつでも生活習慣を改善していって本の少しずつでも良いので実行してって、うつ病の薬はは徐々に減らしていけるようにしましょう。

私自身も症状が少し緩和してきたころは無理をしない範囲で朝7時に起きることを自分に課して起きてすぐに外に出て散歩するようにしていました。

夜、布団に入る時間はこだわりませんでしたが、起きる時間は朝7時に決めていました。

日中はなるべく部屋で過ごさずに外をひたすら歩いたり、公園でのんびりしたり銭湯に行ったりして過ごしていました。

半年くらいはこのような生活をしていたと思います。

よく、うつ病の場合は薬を使うか、薬を使わないかが論点になることがよくありますが、うつ病の場合に限らず、緊急性、或いは極端に重い時は短期的、長くても6カ月くらいは病院の薬の力を借りるのも正解だと思います。

ただ、薬は長期的に摂って体に良いものはないので、ある程度症状が落ち着いてきたら、病院の先生とも相談して薬を使わない方へ切り替えて、今までの思考パターンを変化させてどうやったら緩和できるかを考得ていく必要があります。

うつ病の緩和になるものとして実際に使ってみたことがあるのが「ナツメ」というものがあります。

精神状態を穏やかにしてくれてリラックスさせ睡眠の悩みを改善する効果が期待できます。

ナツメというのは中国が原産のクロメモドキ科の果樹です。

日本では6月から7月に花が咲き、秋には果実が収穫できます。ナツメには良質なたんぱく質、脂質、カルシウム、ビタミンC、葉酸がほうふにあるので自然派食品として添加物もないですし、とてもオススメです。

怒ることが多いのもうつ病の症状?

スポンサードリンク



関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ