うつ病を克服して転職を成功させる方法

うつ病の治療が落ち着いてきて克服したように感じてくるともう一度働こうと、転職の活動を始めようとされている方も多いはずです。

また、再発するのではという恐怖もあるのではと思います。

どんなことに気をつけると良いのでしょうか?

スポンサードリンク



転職の時にはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

会社を退職せざるを得なかったり、転職する理由は本当に人それぞれですが、仕事そのものが重荷すぎてしんどかったり、上司からのパワーハラスメント、過酷な労働環境などが原因でうつ病になってしまったことが理由の人も大勢いらっしゃると思います。

うつ病を患って休職せざるを得なかった期間がある程度長い場合には転職する際に何かしら不利になったり影響があることを気にされる方もいらっしゃいます。

転職する際の就職活動に影響を及ぼすのでしょうか。

それか休職している期間中に考え方、価値観そのものが変化して、もう職場へ戻る気持ちすら減退してしまう方も多いと思います。

職場を辞めるまでには、次の収入を得る仕事を探さなくてなりませんので、転職のための活動をすることになる人もいます。

休職している間に転職のための活動を行うことは問題ないでしょうか。

お医者さんにうつ病であると診断されて、休職する期間がある程度長いと転職の活動にはやはり影響が出ることが多いようです。

スポンサードリンク



面接の時に「どうして以前の会社を辞めたのですか?」と転職する活動の時に聞かれる事が多いので「実はうつ病を経験しているのです」と言うと会社側からの視点で見ると良い印象をうけることはありません。

今は企業の方でもうつ病に関して勉強されているところも多くて再発率が高いことも事前に知っているケースも多いです。

健康的に働くにはまずは自分の体のコンディションがなんといっても最重要なので、休んでしまうと仕事は何もできないことになります。

企業側からすれば人を採用するということは金銭が動くことでもありますので企業側にとっては少しでも長く元気で働いてくれる人間が勤めてほしいものです。

うつ病が原因で休職している期間が長い人よりも、ない人のほうが良いのは勿論のことです。

法律上でもこのような健康面を採用判断にする理由としては全く正常なことなんだそうです。

転職する活動中に、うつ病が理由で休職していた期間は相手へマイナスのイメージがつくかもしれないので、言わなくていいものでしょうか。例えば履歴書を書くときに休職していた期間があるかないかをわざわざ書く必要はありません。

面接の場面でもこちら側からわざわざ言う必要もありません。

ただ、転職での面接でうつ病などの病歴の有無、休職期間の有無を聞かれた場合には正直に言っておいた方がよいでしょう。

ですから、まずはしっかり、うつ病を克服して元気になることを最優先にしないといけません。

何が何でも以前勤めていた職場には復帰したくないという理由から、すぐに転職の活動をしたいという方も多数いらっしゃいます。

その転職の活動をすることそのものには何も問題はありません。

勤めている職場をを辞めずに行う転職の活動自体は、職場を辞めずにに空いた時間を使って転職の活動を行うですから同じことです。

ただ優先するのは自分自身の「健康」を手に入れることですね。

うつ病を患ってしまった場合には、転職をしてしまうのか、今までの職場へ復職したほうが良いのでしょうか?

普通の職場なら、休職した後は今までより負担の少ない仕事をしたりと、極端な負担になる仕事を振ることはありません。

このようなケースなら転職をせずに、今の職場で環境を変えてみることが可能であればそのようにした方がいいと思います。

完全に今の仕事を辞めて転職をしたらしたでまた新人からスタートですし、新しい人間関係になじむことがとても大変だと思います。

今の職場で環境を変えてみるのがいいのは職場の環境がかなり整っているケースの場合です。

復職しても、うつ病になってしまった原因が解決していなかったら、復職したところでうつ病を再発してしまう原因になってしまいます。

上司のパワハラ、セクハラ、嫌がらせなどが原因であれば、出来る事ならそこの職場にしがみつかずに転職のための活動を始めてほしいと思います。

転職のタイミングは十分に注意を!

ある程度、うつ病を克服してくると仕事のことが気になりだして、休職している期間を利用して資格の取得や、何かの勉強をしてスキルアップをして、転職の際に少しでも有利に動きたいと思っている方は、十分に注意されてください。

今ではうつ病は、かなり以前に比べればテレビなどで取り上げられる機会が増えたので多くの方が言葉だけは知っていますが、企業がいざ採用するとなると、うつ病の経験があると、かなり内定をいただくのが困難である可能性があります。

人が会社で仕事をしていけるのかを考えるから、うつ病を患っていたら採用にならないとは必ずしも限りません。

何度も同じような事を繰り返す転職の活動中は、何かしら気分転換出来るようなことがなければまた少しずつ憂鬱になってしまってうつ病を再発しかねないので注意が必要です。

うつ病は誰でも患ってしまう可能性があるものですし、本人だけがうつ病を患うとは限らず、家族が心配し過ぎて親がうつ病になってしまったケースもあります。

勿論、理想は希望の職場へ就職を決められたら良いのですが、今の時代、誰もが望み通りの転職ができるとは限りません。

場合によっては再発を予防する意味でもまずはいったん希望を下げてみることも一つの手段なのです。

仕事の場合、仕事そのものがハードすぎて心身にダメージが大きかったり、人間関係が良くない環境にいたりといったことが原因です。

「自分は大丈夫、大丈夫」という方がいますが、裏を返せば何かしら無理をしている事が多いです。

日本人に多い律儀、真面目もほどほどにしておかないと気付かないうちに自分がストレスで潰れてしまうことがあるので注意が必要です。

同じような性格でも常にストレス発散している方は大丈夫だと思いますが、人間はそこまで強い生き物ではありません。

自分自身もこのようなパターンでしたが、ある日突然、緊張の糸が切れたように体や心に違和感が出るんです。

自分の場合はある日の朝に頭に違和感を感じたことが全ての発端でした。

動けなくなったり、めまい、頭痛、食欲がないなどの症状が出てきます。
そういう症状が出てから初めて休職や退職をすることになって自分がいかに今まで過酷な環境にいたのかと振り返ることになります。

うつ病をきっかけに転職を考えるケースというの幾つか挙げてみました。
うつ病と診断された人も、もしかしたらうつ病なのではと思っている人も是非1度自分が今どのような状態なのかを考察してみてください。

うつ病を克服して早く復職するにはこんな生活が近道!

スポンサードリンク



関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ