うつ病を運動で克服する方法!!こんな簡単な事で解決!

うつ病の状態があまりにも重い時には運動など到底無理ですが、うつ病がある程度の克服を実感してきたら、少しずつ簡単に出来る運動などを取り入れていくことがうつ病の克服に有効です。

スポンサードリンク



特に、よく言われているのがリズム運動という運動がうつ病の克服に体感できるという研究結果があります。

リズム運動というのは一定の同じ感覚で筋肉を動かしていく動きのことです。

運動だけに限ったことではなくて食事をするときに口を動かす運動や呼吸などもリズム運動になります。

このような少しも難しくなく簡単な行動をすることで、抑うつ状態の原因であるセロトニン不足の解消が大いに期待されます。

運動のポイント

運動によって、幸せホルモンであるセロトニンを分泌してくれる神経が活発になってくれます。

この神経の活性化は運動を開始してから5分ほど経過したくらいからだんだん始まって、20分程度でMAXまで達します。

そのために、最低でも5分以上は運動を繰り返して、可能であれば15分程度は運動をし続けるようにするとうつ病の克服にむけて効果大です。

幸せホルモンのセロトニンの分泌を十分に活性化させるために、2~3日限定で運動を行っただけでは不十分ですので。うつ病の克服に向けては長期間になることもかなりあるので、ある程度の期間はうつ病の克服にむけて継続していくことが非常に大事な事になります。

うつ病の克服に向けての基本は、まずは十分に静養をすることです。

気をつけないといけないのはうつ病になる方は真面目で頑張り過ぎる傾向があるので、変な無理を決してしないことです。

へんな無理をしてしまうと、かえって症状が悪化してしまいうつ病の克服に向けての期間が長くなってしまう可能性も十分にあります。

症状が重く感じる場合には、変な無理をせずに身体を動かさないで、ガムをかむくらいの咀嚼運動をする程度に抑えておくと良いと思います。

少し症状が寛解されてきたら、深呼吸をする時間等を1日の中で定期的に増やなど出来る範囲の簡単な事をして少しずつ慣らしていけばよいと思います。

これは意外と知られていない大切な事ですが、あまりに負荷が強すぎても、セロトニンを分泌する神経は活性化しないのです。

軽めの運動だけにしておきましょう。

他に簡単に出来ることとして朝日を浴びることもセロトニン分泌に必要ですので、朝日を浴びながら軽いジョギングや少し早歩きのウォーキングなどのリズム運動を行うとさらにうつ病の克服に向けて効果が沢山期待出来ます。

ちなみに1日当たりに日にあたる時間は30分程度でも十分なんだそうです。

スポンサードリンク



軽い運動ならうつ病の克服に繋がる

うつ病の症状が重くて起き上がれないくらいの時に外に出て活発に運動しようなんて言っても到底は無理なことですよね。

実際に自分自身も症状が本当に重い時には四六時中ベットで横になって過ごしていたのでとても運動どころではありませんでした。

同じようなリズムで何度も繰り返す運動は精神を安定させる幸せホルモンのセロトニンの分泌を活性化させてうつ病の克服に効果があるようです。

うつ病の症状で体が重くしんどい時でもうつ病の克服にむけて簡単にできる軽い運動をいくつか挙げてみたいと思います。

呼吸は普段意識して気にしながら行っている事ではないので運動と呼ぶには少々大げさに感じるかもしれないですが、呼吸を整えると何故か気持ちも落ち着いてリラックスして整ってくるものです。

私自身の体験ではうつ病の症状が重い時は過呼吸になったこともあるくらいで呼吸が浅く呼吸が短くなる傾向にあったので朝1番には部屋の窓を全開にして新鮮な空気を部屋に充満させてから、鼻で大きく息を吸って口から吐くようにしていました。

たった5分ほどでも続ければ続けるほど体内のリンパ液がきれいになるとも言われますから継続することが良い流れに変わっていきます。5回程度でも短期的なすっきり感を得ることも十分に可能です。

さらに、首を回すという運動もいつでも簡単に出来るのでオススメです。

スポーツ経験がある方は定期的にされているかもしれませんが、この首を回す運動を行うとセロトニンを作る縫線核(ほうせんかく)という部分をを刺激して幸せホルモンのセロトニンの分泌が良くなるそうです。

私自身も定期的にやっていますが、すっきりするので即効性もあってオススメです。

右に回したり左に回したりしてそれぞれ15~20回くらいずつゆっくりゆっくり回してみましょう。

首を回す運動には頭の血流を良くしたり、首にあるつぼを刺激してくれて目の疲労回復にも効果が期待できるようです。

実際にやってみると本当に頭の中もスッキリした気持ちになります。

反対にかなり疲労が困憊していたんだということをを知ることが出来て確認にもなります。

気づかないうちに無理をする方が非常に多いので定期的に簡単なことをして予防することが大事ですね。

少し元気が出てきて調子が最近はよいと感じだしたら体全体のストレッチがおすすめです。

ストレッチをすることで体全体への血流が良くなることはよく知られていることですが、軽く汗をかいて気持ち良くなる程度の運動をするとストレス解消におおいになります。

散歩などの軽い運動でもうつ病を克服するのに有効な効果があります。

誰もが人生の中で落ち込んでふさぎこんだり不安、心配、恐怖心がある時は自分の人生を上手くコントロールできないと思いがちですが運動でストレス解消して免疫力を高めて身体をコントロールすることになるので他のことにも応用が効く汎化作用が働いて他のいろんな出来事をコントロールできるように繋がっていきます。

週に数回でも運動はうつ病で悩む人ならだれでも克服するのに期待できますが、特に初期の段階のうつ病の症状を克服することに有効です。

ある程度、好きな運動を選んでいくことがコツで、少しでも意欲的に取り組むことで効果の期待が出来ます。

克服するために運動はどれくらいの頻度でするのが良い??

健康な状態を維持したいと思えば出来れば、大人なら毎週2時間くらいの中程度くらいの運動が理想的と言われます。

久しぶりに運動する場合でしたら、少しずつ慣らしていくことで続くように日課にしていきましょう。

20分程度ウォーキングするだけでもリラックスでき心身共にすっきり出来ます。

全く運動しないよりは少しでも運動をした方がうつ病の克服のために良いのです。

運動には有酸素運動と無酸素運動があることはよく知られていますが、、 うつ病の克服には有酸素運動がオススメです。

有酸素運動の場合はノルアドレナリンやセロトニン、ドーパミン等放出されるので、うつ病を克服していくのに効果があると考えられています。

例えば軽いジョギング、少し早歩きくらいのウォーキング、水泳等ががあります。

うつ病を克服するためには、有酸素運動を週に何回行うかの程度にも注意が必要です。

うつ病の克服に効果が期待出来る頻度は週2~3日くらいをまずは続けてみることが良いですね。

うつ病になる方は真面目な方が多いのでストイックになって毎日しようとしますが、それではまた症状がぶり返してしまう可能性が高いので決して無理は禁物です。

有酸素運動を毎日したり、ちょっと調子が良いといって過度にきつい運動をしてしまうとよけいにストレスになって、うつ病の克服には逆効果になってしまうので注意して下さい。

次に実際にあった、うつ病を克服した方から聞いた話を紹介します。

その方はネットの情報から自転車の運動がうつ病の克服のためによいということを知られ定期的に無理しない範囲で継続されたことでうつ病を克服されたそうです。

実際に自転車がうつ病の症状を克服してくれる理由はいくつもあります。

自転車での運動では体も温まりますしのはウォーキングと同じように負担の少ない有酸素運動になります。

景色が常に変わることも気分転換になるので良いですね。

体温が上がれば身体の免疫力が高まるので、病気からの自然回復力も高まることになります。

うつ病を患っている方の克服には、ウォーキング等の適度な運動が効果が期待できるというのは、既にご存知の方も多いと思いますが、筋力トレーニングも実はうつ病を患っている方の克服に向けて非常に効果が期待できるものです。

症状が重すぎて外出そのものが難しいうつ病の方も、簡単な筋力トレーニングなら克服へ向けて自宅で行えて時間も選ばないので続けやすいのではないかと思います。

筋力トレーニングをすると、体内の血流がよくなるので脳の血流も改善してくれます。それから脳内の老廃物を血流の流れで運んで流してしまうためお風呂上がりのように頭のクリアになって気持ちも明るく前向きになります。

筋力トレーニングをすることで、体内のホルモンの活動が活発になり、うつ病を患ってしまうと脳内の伝達物質の分泌量が減ってしまい、自律神経のバランスが崩れます。

セロトニンという幸福感を感じさせてくれる物質はうつ病を患っていると分泌量が減ってしまうので、筋力トレーニングでセロトニンを増やすことで、気持ちが前向きになる効果が期待できます。

筋力トレーニングを、定期的に繰り返すことでメンタル面の安定が期待できます。またストレスに対して免疫がつきます。

筋力トレーニングを通じて、安定した気分で日々過ごせるようになると、社会生活を送る中で、色んなストレスがかかったときに免疫力があるので、自分の気持ちを上手に調整することができます。

自分の気持ちを上手に調整できたら、うつ病の再発も防げます

筋トレをすると適度な肉体疲労から深い睡眠をとることができます。深い眠りをとることでセロトニンが作られるので、これもうつ病の克服に役立ちます。

ウォーキングなどの軽い有酸素運動などのエクササイズが何故、うつ病の克服に向けて裕子なのでしょうか?大きな理由として、脳の働きの改善に効果があることが知られています。

運動をすると、脳内のホルモンであり幸福感を感じさせてくれるセロトニンという物質が増えると考えられています。セロトニンはトリプトファンという必須アミノ酸から作られているといいますが、普通はトリプトファンがたんぱく質とくっついて存在しているため「血液脳関門」という脳に入るための関所を通ることができません。

有酸素運動などの適度な運動をすることによって、体内で脂肪を分解して、血液の中の遊離脂肪酸が増加すると、アルプミンはトリプトファンを手放します。

すると、トリプトファンは「血液脳関門」をスムーズに通過して、脳内に入ることができ、セロトニンに変換されます。

怒ることが多いのもうつ病の症状?

スポンサードリンク



 

関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ