うつ病が原因で離婚したらどう克服したらいいの?

うつ病の症状がある時には、離婚するかしないかなど人生の大きな決断は、極力、克服してからにした方がいいと言われています。

うつ病を患っているせいで、思考力が鈍っている状態であるうつ病の方は、自分の事に関して正常な判断をすることが困難であることが多いので、うつ病を克服してから、離婚してしまったことを後悔するケースがとても多くあります。

スポンサードリンク



 

「うつ病」は様々な原因で患ってしまう病気ですが、離婚もまたうつ病になる原因の一つです。

それだけではなく、そうなるまでのプロセスの中で夫婦げんかに陥ったり、お互いに疑心暗鬼に陥ったりするなど、ギクシャクした雰囲気でも、心に負担をかけてしまい、心労がたたり、うつ病を引き起こすケースも少なくありません。

そこから克服ができるのであればこれ以上のことはありません。というのはこれからのことを考えると、より多くの心労がたたってしまい、心身ともに壊れてしまうようなことにもなりかねません。それを予防するためにもあらかじめ対策を立てることも手です。

対策手段として挙げてみると、「ストレスを発散する」「思い切って好きなことする」「旅行をする」「エステやスパに行ってリフレッシュ」などをして、少しでも心の負担を減らすことができます。それを続けることによって心の負担を和らげることができ、万が一かかったとしても簡単に克服することができるようになります。

スポンサードリンク



克服するためにどんなことが大切?

また単純に離婚と言っても、夫婦と会話して成立するものもあれば、裁判沙汰にまで発展するケースもあります。その場合はそこまでに至るまでの負担も大きくなり、長期的なものになってしまい、重度のうつ病に発展して克服を遅らせるケースもあります。

そのうつ病を克服するにも時間はかかるもの。その場合は気心の知れた親友に相談する、あるいは愚痴をこぼす、自分自身の思っていることをすべて紙に書き出してみる、もっと克服をするとなるとプロのカウンセラーにあたってカウンセリングを受けてみることもまた一つの手段です。

ちなみに離婚をする原因と言っても様々であり、価値観の相違であればまだ大丈夫ですが、もしも借金をするなどの金銭的なトラブル、夫婦のDVといった夫婦間のトラブルなどがあります。

しかも子供がいる状態で離婚に発展するとなると、うつ病の範囲は夫婦ばかりではなく、子供にまで発展するケースもあります。特に子供がかかってしまうとなり、夫婦そろって病におかされるようなことになってしまうと、克服する範囲も広がってきます。

本当のところであれば、親族に相談をしてみることもできますが、親族が絡んでしまうと余計な心労をたたってしまうこともありますので、親族ではなくプロのカウンセラーにあたる、あるいはそれに関する相談窓口に相談をしてみると良いでしょう。

また「恥ずかしい」「後ろめたい」というような感情があってなかなか相談ができないのであればQ&Aサイトで離婚に関する悩み相談をいろいろと見るのも、効果があります。

というのは同じような境遇に遭い、その回答でもって解決をしている方も少なくなく、その回答を見ることによって、「悩んでいるのは私だけではない」という安心感を与えてくれます。

離婚はお互いに、さらには周囲の心の負担も大きく、そのことによってうつ病に発展するケースもあります。それに限らずとも心的な負担も大きく、それを克服するにも一筋縄ではいきません。

その一筋縄ではいかないことをいかにして行うかは、その人に合う方法は様々ですが、より重度になればなるほど人に相談をするようにしましょう。そうすることによって抱え込んでいる負担を軽減することができるようになります。

もしも相談できるあてがなければ専門のカウンセラーや相談窓口にあたってみましょう。インターネットで検索してみるといろいろと出てきますので、まずは探してみるのも良いです。

心的な負担が大きくなりますが、それを予防する、そして解消するようなことがあれば、どのような手段があっても「まずはやってみる」ことによって少しでも心の負担を解消することのできる第一歩となります。

離婚が原因でうつ病?

離婚が原因になってうつ病を患ってしまうケースも沢山あります。
自分から離婚したいと相手へ話をしたとしても、実際には離婚をするには自分たちだけの問題ではないし、かなりのパワーとエネルギーを使いますし、逆に離婚の話をされた場合には、ショックや喪失感、自責の念が強くなることでうつ病となる人が多いようです。
離婚などの人生において大きな生活の環境の変化は、過剰なストレスが継続して溜まり続ける可能性が高いので、うつ病となる可能性があるということをあらかじめ知っておくことが大切なのです。

うつ病がいかに苦しいかは本人にしかなかなか分かるものではなくて、表面上は普通に見えたりするので、中々身内や周りの方にも理解されないものです。

離婚まで追い込まれることがある、うつ病は極度な不安や気分の落ち込みが続いたり、眠れない日々が続いたりすると全てを悪い方へ考えてしまったりする症状に悩まされます。

他人には簡単には理解してもらうことが難しいうつ病ですが、うつ病を患っている本人の家族がどれだけ苦しい思いをしているかについてはなかなか理解されていないのが現状です。

仕事で充実した日々を送っているのにある日突然、心身に違和感を感じだして、うつ病を患ってしまうことがあります。

これまでポジティブ思考で明るく生きてきたのに急に元気がなくなるのを見るのはつらいものがあります。

うつ病を克服するまでの期間が長ければ長いほど仕事にも支障が出て働くことが困難になって退職せざるを得ないという状況も起こります。

うつ病を患ってしまうと自分の世界に孤独感とともに閉じこもって他人との接触を怖がるようになって自責の念が強く自傷行為にエスカレートすることもあります。

最初は相手を支えようと頑張っていても、相手のためにと良かれと思ってとった行動が逆にでることが多くなります。

良かれと思ってやっても悪い方へ受け取られ些細なことで急に怒りだしたり、あらゆることを全否定するようになっていきます。

家族の内にうつ病で苦しんでいる人間がいることで感じている苦しみのいくつかは私も経験しているつもりです。

短期間でも良いから周りと離れて過ごしたいと思うことも度々ありました。

うつ病を患っている方が少しでもほっとするのは辛さを理解してもらえた時です。

もしあなたの夫のうつ病が原因であなた自身が苦しんでいるなら、それで離婚することを考えているのだとしたら、少しだけ考えてみてください。

うつ病は、家族の親身なケアがあれば一人で克服しようとするより数倍短い期間で克服出来ると言われています。

うつ病を患うまでいくということは心の底では孤独だったはずです。

一般に普通であるということがとても嬉しく感じるのです。

私自身はしんどい思いをしましたが、あきらめないで良かったと思っています。

たとえ別れる道を選んだとしても誰にも責めることはできません。

恋愛の力は良い方へ働けばすごい力を発揮するものです。

良い恋愛をすればうつ病の克服までの期間も短くて済むという例がたくさんあります。

うつ病でも恋愛の力で克服を目指せる!

 

スポンサードリンク



 

関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ