難治性のうつ病を克服するために大切な事は?

うつ病は個人差が大きいですが、大抵は薬や治療によって克服する事が出来ますが、意外にも難治性のうつ病で悩み続ける人は少なくありません。

スポンサードリンク




難治性のうつ病とは、薬の効果が発揮されにくかったり、治療を続けても症状が以前の状態に戻ってしまう特徴等があって克服までに時間がかかる場合があります。

また、うつ病の患者が自ら状態を自覚する事で、心理的な要因が克服を遅らせたり、病気の進行を食い止める事が難しくなります。
つまり、難治性の症状は、治療効果が現れにくい事、そして治らないと思い込んでしまう二つが克服の妨げになるといえます。

難治性であっても、克服出来る余地はありますし、気持ちの持ち方次第でうつ病に打ち勝てるヒントを得る事が出来ます。
具体的にな克服の方法としては、家族や周囲に病状の説明をして、日頃から協力を得て日々病気に挑戦し続けるやり方です。

薬の効果を体感しにくいのであれば、効果が高まるように工夫を行えば良く、家庭でも克服に向けて出来る事はいくつか存在しています。
一つは脳のリラックス状態、これを出来るだけ長く回数も増やす事です。

現代社会はストレスが溢れていて、脳のストレス耐性が弱い人は、簡単にうつ病を患ってしまいます。
しかし、脳をストレスから遠ざけたり、落ち着ける状態に集中を行えば、自然治癒力と薬の相乗効果で状態が良い方向に向かいます。

スポンサードリンク



克服に向けての過ごし方

具体的な日常の過ごし方としては、プライベートタイムを趣味に割り当てたり、克服に向けて少しでも日々の生活から距離感を置く事がポイントです。
ただ、趣味を楽しむように勧めても、うつ病を患っている方は気持ちに余裕がなくなっていますし、病気以外の事が考えられなくなっている人も存在します。

最初は落ち着いた音楽やリラックス出来るハーブといった、受動的な趣味を試行錯誤してみる事がおすすめで、回復の手助けが行える方法を見つける必要があります。

二つ目は健康を重視した生活を始める考え方で、毎日の生活は時間の計画的なスケジュールを元に、必ず守る気持ちを持って取り組む事が効果的です。
就寝と起床時間は、固定した方がうつ病を克服しやすく、間の時間を計画的に使えるようになるので、難治性に最適な取り組み方の一つになります。

最後は信頼出来る医者に相談したり、臨床医療を含めて様々な選択肢が用意されている医療機関を選ぶ事が重要です。
多くの心療内科やクリニックでは、定番の薬や治療法が選ばれたり、試行錯誤される事はあっても、相性の良い薬探し止まりになりがちです。

一方、新薬や新しい医療技術に熱心な医療機関であれば、患者や家族の同意次第で、治療の可能性を探す方向性を見いだせます。
大切なのは、既存の治療方法でも工夫や組み合わせで効果が高められたり、これからも新しい治療方法は開発され続けるので、克服や希望を忘れない事が要点になります。

うつ病の症状は脳が混乱していたり、耐えられないストレスによって疲れ切っている状態です。
典型的な仕事人間は、日々のストレスで疲労感が麻痺していたり、気がついた頃には疲れがピークに達している事もあります。
この様なタイプの人は、仕事から離れる事を嫌いますが、一旦距離を置いて治療する必要があるので、仕事をしない新しい生活になれる事が大切です。
何もしない時間は、一見すると無駄に見えてしまうものの、脳にとってはこれが良い状態なので、無駄を楽しむ余裕を見つける点がコツになります。

眠りたい時に眠ったり、食べたい物に手を伸ばして自由に口にする生活は、無駄だからこそ脳に再び活力を与える切っ掛けになり得ます。

仕事中心の生活が、一転してだらけてしまえば、家族も驚いて受け入れがたい状況になると考えられます。
食欲であっても、患者の内側から自発的に出る欲は意欲に繋がりますし、本格的な治療開始の機会に変わるので、見守る事も治療の一環にする事は不可欠です。
脳が落ち着きを見せたり、外部からの刺激に多少でも耐えられるようになった時は、少しずつ能動的な活動に挑戦してみる事が必要です。

初期段階では、人気の少ない時間帯に外出したり、日光を浴びて風を感じる事でも良い刺激になります。
薬は毎日決まった量を飲み、克服することを信じて取り組みを行う姿勢も欠かす事は出来ません。

医者の下には定期的に通い、客観的に症状を診てもらったり、今出来る治療法を探してもらう点も改善のヒントになります。
それでも改善の兆候が見られず、諦めかけそうになった場合は、他の医療機関でセカンドオピニオンを受けたり、一般的なうつとは違う病気の可能性や原因を探る事も選択肢に加わります。

難治性は平均的に、完治するまでの期間が長引きますし、完全に治ったと判断する事が難しくなります。
治療が一筋縄では進まず、試行錯誤が行われる事も理由になるので、諦めずに続ける人の治療期間は長くなる傾向にあります。

以前の生活を取り戻したり、社会復帰を望むのであれば、諦めずに治療の試行錯誤と継続を行い、脳の安心を守れる着地点を見付けて目指す事が大切な条件になります。

うつ病を患っている方に対して「頑張らなくて良い」と接することがすすめられていますが、うつ病の患者さんを支える側の家族も人間です。

極端にうつ病を患っている方に気を使い過ぎる事で、当然、支える家族にもストレスがかかる事は避けれらません。

過剰に気を過ぎれば、うつ病の患者さんだけでなく家族も一緒に倒れてしまうこともあるという現実もあります。

ずっとそばにいて話しかけるのがストレスにならない場合は、それが一番良いのでしょうけど、ストレスを抱えながら無理をして献身的に見守る事も問題です。

家族が仲が悪いことをうつ病の方が知ってしまうと、患者に悪い影響を与えます。

いつもそばにいて看病することにも疲れ切ってしまうこともあるでしょう。

仲が良かったはずのお父さんやお母さんの変わった姿を見るのは辛く感じる事もあると思います。

でも、こんな状況の時こそ、家族全員みんなで支えあう事が大切です。

そのようなことがうつ病を患っている方へのより良い接し方につながります。

お医者さんの処方の仕方に問題があるケースもあります。
うつ病は、必ずしも薬物治療だけで治るものとは言い切れません。

 

克服に向けて精神的なストレスの解消が必要

精神的なストレスから負担が大きくなり過ぎために発病するのがうつ病というものですから、原因となる環境や問題が解決されないことには、せっかくの薬物治療も効果が半減することがあります。
なかなか克服する感じすらないと言って更に薬の量や種類が増えていくことが沢山あると聞きます。

基本的にうつ病の克服に向けて必要のない向精神病薬なども用いられますが、それもお医者さんの間では当たり前の処方になっています。

結果として、うつの症状が克服しないまま慢性化して続いて、必要のない薬まで飲まされ続けて中には「難治性だから」ということを理由にする方もいらっしゃると聞いたことがあります。

難治性うつ病は、うつ症状が長引いた、あるいは治療が長期化したことによる「結果」なのであって、「難治性うつ病」という特定の病気があるわけではないのです。

スポンサードリンク



関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ