食事を変えればうつ病の克服も早い!!

うつ病までなってくると食事がまともに摂れなくなってくる方も多いのではないでしょうか?

早く克服するためにはどんな食事に切り替えていったら良いのでしょうか?

スポンサードリンク



うつ病を食事で克服できる??

いつもとは違う不安感に襲われたり、落ち着かなくそわそわばかりしているような症状が続いてしまう、うつ病はとても克服までに困難なものです。

今は、いろんな悪いニュースが多い日本ではうつ病を患ってしまう確率が他の国と比べても高いと言われているようです。

日本全国でも100万人以上の方がうつ病を克服しようと通院されています。

不安感や憂鬱な気持ちを減少させてくれる、うつ病の克服に向けての食事を紹介したいと思います。

うつ病を患っている方はもちろんのこと、日々の過剰なストレスでもうクタクタだという人も食事を変化させることで未然にうつ病までいくことを防いだりストレス解消にもなります。

安くて三食の食事に簡単に取り入れることが可能で、うつ病の克服に向けてとても重要な栄養素を摂取できるのが納豆です。

スポンサードリンク



感情の不安定さを落ち着かせてくれて心が安定を維持してくれるセロトニンという成分を作るために必要な、トリプトファンという成分を納豆は豊富に含んでくれています。

セロトニンは幸せや喜びを感じた時に脳内から出てくる物質なので、メンタル面を安定させてくれるのに、とても効果が期待できます。

ビタミンB6も豊富に含まれているので、うつ病の方はビタミンB群が不足していると言われているので安いですしとてもおすすめな食品です。

ビタミンB6は脳内の神経回路を正常な状態に改善してくれる効果があるので、食事の時に常に食べることで症状の緩和が期待できるものです。

その他には豆腐があるでしょう。

これも安いので本当にオススメです!

納豆と同じ大豆を元に作られている豆腐にもトリプトファンがとても豊富に含まれています。

納豆が苦手な人も大勢いらっしゃると思いますので、苦手な人は豆腐を継続的に食べるようにされてみてください。

自分自身も実践してきて即効性はないのですが、緩和に大いに役立ったことは事実として経験してきました。

ある程度は満腹感も得られるので集中力の改善にもオススメ出来ます。

トリプトファンの効果を最高に発揮したいと思えば、朝や夜に、納豆や豆腐を食事のメニューに必ず加えるようにしたら、トリプトファンが不足することが無いので、効果を発揮しやすいと思います。

ちなみに納豆は夜に食べる方が良いと聞いたことがある方も多いと思いますが、この理由として、ネバネバに含まれる「ナットウキネーゼ」という酵素が寝ている間に血液をサラサラにしてくれる作用があるんだそうです。

この酵素が食後10時間くらい働くので血流がスムーズになって肌にも良い影響を与えるようです。

トリプトファンは食事から摂ってからセロトニンに変化してくれるまでに時間がかかります。

朝ごはんで納豆に卵等を入れて食べていれば、お昼のしんどい症状を緩和してくれて、夜の食事にも追加して食べることで夜の不安感を改善してくれることも期待できます。

時間がそもそもあまりないとい方もいらっしゃるでしょうから、そういう方にはコンビニなどでもある豆乳を定期的に摂取するようにされることをオススメします。

他にも手軽に摂れるものとしてバナナは栄養も豊富ですしアスリートの方なら、なおさらにオススメな食品です。

バナナも納豆と同じかそれ以上トリプトファンを豊富に摂取することが可能です。

うつ病を患っている方は食欲がなく栄養もそれ相当に落ちているので手軽に摂れるものから摂っていくことがとても重要です。

うつ病と栄養の関係を軽視している方がとても多いですが、うつ病までいかなくても現代は野菜も栄養が落ちていると言われるくらいで栄養失調状態の人がとても多いのが現実です。

でも食欲がないから食事を摂らないというのでは、うつ病の克服を目指すとか以前に人間ですから栄養不足を招くのでうつ病の方はよりうつ病の症状が色々出たりと悪循環のサイクルになります。

そのような時に、トリプトファンだけではなくて、エネルギーとしてバナナを摂取しておくことも一日の疲労を緩和してくれる役割をしてくれます。

食事と生活習慣を変えれば変化する

意外と軽視されている、栄養、食事のことですが、食事の内容を改善することはもちろんですが、生活習慣も出来る範囲で変えていくことでよりうつ病の克服までのスピードも変わってくると思います。

日中は適度な運動などで体を適度に疲労させて夜は早めに眠るようにして良い睡眠をとることによって頭の中の整理にもなりますし、抱えていたストレスの緩和にもなります。

そして朝一番に散歩などで太陽の光を浴びればセロトニンが作られて、昼間の行動を少しでも活発にすることができます。

肝心な栄養を食事から沢山摂ることで、うつ病の早い克服に向けて対策になります。

本当に軽視することなく出来る範囲で良いので継続されてほしいと思います。

どうしても時間に余裕がない方や食事を改善することが難しいという方の場合はトリプトファン、セロトニンを豊富に含んだサプリメントも今は出回っているので、サプリメントの場合は医師と相談しながら使用していくことも良いと思います。

「セロトニン サプリメント」等で検索すると今は沢山紹介されているので参考にされてみてください。

先が見えない辛すぎる毎日から少しでも早く抜けるために、簡単に出来ることを継続するよう行動を起こしましょう!

完璧主義にならないように注意してくださいね!

克服のカギになるセロトニンとは

うつ病を克服する上でセロトニンの量が大事な事です。

セロトニンとは、脳みそ内の神経と神経を伝達してくれる物質のです。

セロトニンが十分にあれば気分が安定していて幸福感、安心感を感じることが出来ます。

セロトニンが十分にあるかとの判断として参考に出来るのが行動的であって何事にも積極性が高いような方たちは、かなりしっかりセロトニンが十分にある方たちです。

反対に行動力が乏しかったり落ち込みやすかったりするような方はやはりセロトニン不足の状態に陥っていくと思います。

うつ病を患っている方に限らずイライラしやすかったりすぐ怒ったり、落ち込みやすい性格をしている人などはセロトニンを増やしてくれる食べ物を継続して摂取することで克服できる可能性は大いにあります。

セロトニンは自分の体内ではなかなか作るのが難しいと言われているの栄養ある食事をしっかりと摂取したいものです。

特別に珍しいものは豆腐、納豆、大豆、味噌、チーズ、アーモンド、バナナ・・・などなどです。

トリプトファンはビタミンB6と合わさることでセロトニンを作ってくれるのでビタミンB6にもしっかり摂取するようにされてください。

ビタミンB6を豊富に含んでいる食事としては、魚ならマグロや肉なら何でもOKです。

偏って食べるのではなくて色んな食べ物の摂取を循環させることで飽きることを防いだりしながらしっかり考えてうつ病の早い克服が期待できる食材をとるよう心がけましょう。

サンマやイワシなどの青魚には、血流を良くしてくれる聞いたことがあると思いますが、DHAなどのオメガ3脂肪酸が含まれています。

よくDHAを豊富に含むものを食べると頭が良くなると言いますが、要は頭の血流を良くしてくれるんですね。

オメガ3脂肪酸を定期的に摂取することで、脳内の細胞の仕組みが少しずつ変わっていって、うつ病の予防になるように働くことが過去の研究で確かめられているそうです。

魚全般には豊富にタンパク質やビタミン、ミネラルが含まれていて、うつ病を患ってしまうことを予防してくれる効果が期待できます。

最近、食欲がないなぁと言ってもそれぞれ人によって感じ方が違うので、分かりにくいという人もいるのですが、今まで食べていた食事の量が最近摂れてないという方はうつ病の症状が出始めている可能性もわずかにはあるかもしれません。

こういう小さい変化に早めに気づいてストレスを何かで解消することがうつ病の予防にもなります。

気持ちがなんだか落ち着かなかったり、いつも神経が逆立っていてイライラ状態になると食事をするという当たり前のことがだんだん難しくなって、胃が少しずつ小さくなったり荒れてエスカレートすれば潰瘍も出来たりして食べれなくなるのです。

食事の間くらいは複数の人数でリラックスして笑いながら食べる事が出来る状態が理想ですね。

最近ニュースで孤食という言葉を聞きましたが、人とコミュニケーションをとるのが嫌なのか一人で食事を摂ることが特に若い人の間では当たり前のようになっている方も多いようですが、本音では寂しいでしょうし、精神面の影響や体への影響を考えると決して良好とは言えません。

経験がある方も多いと思いますが、苦手な人との食事をしないといけない場で緊張した状態で食事をしようとするといつもよりも食べれなくなったという経験はありませんか?

十分に栄養ある食事を摂れれば、大体はメンタル面も回復してくるので動けなくなるほど披露することを未然に防ぐことが出来ます。

自分の経験でもありますが、仕事から帰っても疲れ過ぎていて夜ごはんを抜いてしまうことが時々ありましたね。

一度食欲を失ってしまうと今までのように取り戻すにはある程度は時間がかかります。

無理やり食べても胃の調子がすぐれなかったり、おなかの調子を元に戻すのに時間がかかるからですね。

数カ月かけて少しずつ食欲を戻していけば、胃が痛くなることがなく食欲を取り戻すことができ、体重も戻り始めました。

毎日同じ時間に食事をする癖を身につけておくと体の変化にも気付きやすくなると思いますよ。

食事は生きるためには最も基本的な事なので、毎日、食事をきちんと摂らなければ疲れやすくなったり落ち込みやすくなったりするのは当然なことなんです。

意外と心身の不調を食事以外のところで探そうとしますが、基本に帰って食事、栄養面ははどうなのかを今一度見直してほしいですね。

いきなり大食いをするのではなくて、毎日最低でも3食をしっかりと食べるという当たり前のことをして少しずつ食べる量を増やしていって食事が楽しいと思えるようになったらうつ病を克服してきたというサインとしてもとれるので、実践していきましょう。

うつ病は脳内のセロトニンが不足したときの症状なのではないかという研究成果が発表されています。

セロトニンは幸福感を感じることのできる物質で、分泌が多いとストレス耐性ができ、生命力にあふれた元気な生活を送ることができます。

小腸の粘膜にもセロトニンがあることが知られており、小腸と脳の関係性が指摘されています。
食事でうつ病を克服しようという働きもありますが、これはカップラーメンなどの簡易的な食事や添加物や保存料がたっぷり入っているお惣菜などの食事を続けることで、克服を遅らせてセロトニンの分泌が減少してしまうという因果関係が研究されているからです。

克服に向けて食事の内容を変えてみる

毎日栄養のある手作りの温かい食事を食べることで規則正しい生活を送ることになり、それが代謝をアップさせることにもつながりますし、熟睡できる条件にもなります。

うつ病になると食事をすることを忘れてしまったり、克服するまで食事をするエネルギーがなくなることから、栄養不足となりそれが原因で不眠になったり、うつ病がひどくなったりします。

腸内環境を整える食事をすると腸内のセロトニンが多くなりますし、セロトニンはトリプトファンからできていますので、トリプトファンを多く含んでいる納豆や野菜を定期的に食べるとセロトニン増加につながってうつ病を克服するまでの期間も少しでも早めることが可能になります。

トリプトファンを豊富に含んでいるもので有名なものは鶏むね肉です。
また太陽の光を浴びることも熟睡に重要な条件となりますので、日中はできるだけ散歩をしたり、ウオーキングをしたりして体が少々疲れを感じるくらいの運動をすることも克服に向けて大切になります。

ヨガや太極拳などの呼吸法を利用したエクササイズをしたり、瞑想をしたりするのも精神的な安定をもたらすのでおすすめです。
腸の状態は脳内環境にダイレクトに影響することから、ヨーグルトやキノコなどの善玉菌を増やして腸内環境を整える食事を積極的に摂取するのも克服に向けておすすめです。

セロトニンを合成させるために必要なのがビタミン類で豚肉とマグロを食べることでビタミンB1、B3、B6、B9などを摂取することができます。
ビタミンは疲労回復にも効果がありますので、トリプトファンとともにメニューにプラスすることがおすすめです。

マッサージを受けることもセロトニンを増やす効果があることが知られています。
重度のうつ病の場合にも薬剤としてセロトニンが処方されることからもわかるとおり、うつ病を克服するためには定期的な有酸素運動、十分な休息と睡眠、そして栄養たっぷりの食べ物が重要になります。

幸せな記憶を思い浮かべるだけでセロトニンは分泌されますし、ダークチョコレートやブドウにもレスペラドールと呼ばれるプリフェノールがセロトニンを分泌させることが知られています。

うつ病を患っている時に、脳内で何が足りてないかと言えば、幸福感を感じると言われている、セロトニン、ドーパミンと言われています。
この物質の大元の物質は皆さん聞いたことがあるアミノ酸という物質です。
いずれのアミノ酸も元々はタンパク質が分解されて作られています。

食事の内容を栄養ある質の高いタンパク質を定期的に摂取していくことが、脳内の神経伝達回路を正常にしてくれるのに、非常に重要です。

タンパク質は毎日摂らないとエネルギー不足になるので欠かさずに毎日摂ることをお勧めします。

肉、魚、ナッツ類から摂れるタンパク質は、炭水化物とも相性も良く食べやすく食欲をそそるので好まれる組み合わせです。
肉なら低脂肪で高タンパクを摂取できる食べ物として、魚介類や、鶏肉がベストです。

食事の時に摂取する鶏肉の中でも「ささみ」や「胸肉」は特にオススメ自分も定期的に食事から摂るように習慣にしていました。

食事の中に取り入れるようになって速攻で効果が出るものではないですが、食事で人間の体は作られているのですぐに諦めるのではなくて継続することがとても大事です。

うつ病と肥満のタイプとは何か繋がりがあるのでしょうか? あるとするならどんなことに注意したら良いのでしょうか?

うつ病と肥満は関係あるの? 克服するには
スポンサードリンク



 

関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ