高齢者でうつ病を克服するならこんな方法が良い!

年をとって高齢者になってくると、長年勤めていた職場を退職することによる環境の変化や若い時から比べたらかなり落ちてきている体力、複数の持病や、身内や友達との死別などの出来事によってうつ病の克服がなかなかできず強いストレスがきっかけでうつ病になりやすい時期です。

スポンサードリンク



高齢者が克服に向けて

よく言われる、高齢者のうつ病の症状としては、毎日気分が憂鬱で、何もやる気になれない状態になったり、頭が痛い、疲労が抜けにくい、睡眠がうまくとれず、寝付きが悪かったり、夜中に起きてそのまま朝方まで、寝返りを繰り返しうつだけになってしまったり、からだの不調があります。

高齢者がうつ病を克服する過程で、症状に個人差はありますが、今まで積極的に行っていた活動がだんだん消極的になることが原因で、全身の筋肉量が低下したり、自宅で過ごす時間がかなり増えて引きこもり気味になったり、症状が似てる部分が複数あるので認知症と間違われることもあるようです。

うつ病は克服までに時間がかかり、すごく怖いイメージの病気ですが、違和感を感じた時に早い段階で対策を練ることで克服が可能な病気です。

高齢者のうつ病の場合は心の状態が不安定になるというよりは、体そのものの不安がより顕著に分かりやすく出るので、実際には、うつ病の状態でも正確に自覚することが難しくて、自覚できても家族や周りに迷惑をかけると色々と面倒だからと、我慢してしまって克服までの期間を長引かせることもあります。

違和感を感じた時に早く気付いてなるべく早く克服するには、家族、周辺の人間が高齢者の変化に気づくことが早い解決のポイントです。

これも高齢者のうつ病の克服に限ったことではないですよね。

人間関係、金銭関係等のトラブルも要は目が小さいうちに手を打つことでその後のダメージがなくなるか小さくすることが可能ですよね。

スポンサードリンク



高齢者のうつ病の克服の場合に限りませんが、気分がすぐれない状態が長く続くようであれば長年慣れているお気に入りの場所や心がリラックス出来る場所で克服へ向けてゆっくり休養されてください。

決して無理をせずに外出が面倒な時はゆっくり過ごすようにされて克服をめざしてください

ここでも高齢者で真面目なタイプは外を散歩するのが良いと聞けば、義務的にやらなければという感情になって、無理やりやる方がいますが、心の本音で面倒だと思えば休んでOKなんです。

完璧主義をやめることもうつ病の克服には大事ですね。

普段の悩みごとやストレスに思っていること、辛いけど、ひたすら我慢してきていることは、信用しても大丈夫な人に話してしまうことが早い克服への近道だったりします。

家族や友人、知人を頼って克服を目指すことはなにもおかしいことではありません。

協力してもらって少しでも早く克服する方を選びましょう

高齢者の場合のうつ病の特徴は、うつ病以前の自分の持病が気になり心配になって、軽いパニック状態に陥ってしまうことがあります。

若い年齢の方からすればそんなはずはないだろうと考えるかもしれませんが、高齢者では珍しいことではなく、よくありがちなことです。

高血圧になったりすることも珍しくありません。

今まで健康がとり柄で風邪すらもひいたことがないという高齢者が、1回、何らかの軽い病気になった場合、その出来事がショックで急に自分に自信がなくなって、自分の将来が不安と心配でいっぱいになって、悲観的に思考してしまうこともあるようです。

毎日、高齢者の方は特に一人でこんなことばかり思考していると、ある日、突然、心身に違和感を感じてエスカレートすればうつ病になってしまいます。

うつ病までエスカレートすると、何もやる気がなくなって、今まで興味があったことに対して無関心になってしまったり、積極的に行っていたはずの仕事にやる気がなくなってしまいます。

本来、好きであったことにも全く興味がなくなくなって、家族やまわりの方から見ても違和感を感じて克服が困難になります。

一人暮らしの高齢者がうつ病を克服する例として

一人暮らしの高齢者の場合はどのようなことが多いのでしょうか?

ちょっとかすり傷をしたなどの小さいことでも、大げさに悩んで自信喪失したりすることがあります。

高齢者の場合には夜に近づくと不安感が高まってパニック症状が出ることもあるようです。

早朝や深夜でも構わずにパニックを起こして家族へ電話をして、病院に行くことになったりします。

病院で診てもらっても異常がなくて正常ですよと言われて帰宅しますが根本の悩みが解決したわけではないので、夜中でもパニックになることが時々はあります。

高齢者のうつ病の克服の程度は?

高齢者の場合のうつ病の克服の程度と、若年者のうつ病の克服の程度には差がないことも報告されているそうです。

高齢者のうつ病と認知症の症状は似ていて、混同されやすいものです。

どちらも覚える力が散漫になったり決断するまでにすごく時間がかかったりする症状がありますが、高齢者のうつ病の場合には不安感が強烈に出たり、すぐ悪い方向に考えたりする傾向がより強いようです。

高齢者のうつ病は認知症などに間違われやすい

認知症は色々な病気と混同されがちです。

そのため高齢者にそれらの症状が出た場合はとくに克服に向けて判断が難しいのです。

素人には判断の難しい病気ですから、しっかりとした医師の診断が必要です。

高齢者のうつ病はイライラして落ち着かないことが増えたり、今まで考え込まずに普通に出来ていたことに対してやる気が出なくなったり、睡眠障害、寝つけても夜中に目が覚めたり、その影響もあって、食欲が落ちるなどの症状が見られます。

うつ病の方は、若年者、高齢者に関わらず、セロトニンという物質やドーパミンなどの脳内伝達物質が減少している状態です。

交感神経と副交感神経の自律神経が乱れることで決めることに時間がかかったり、被害者意識を考えられているのです。

高齢者の場合、高齢ということもあって記憶力が低下していることもあるので時々あることが、、自分の持ち物がなくなったときに家族を疑うことがあります。

疑われる側にとってみればとても気分が悪くなるので、高齢者に向かって本当はどこかに置いているんじゃないの?とかなんで私が盗まないといけないのと言いあいになって喧嘩になってしまうかもしれません。

でも疑われたからといって感情的になってもよけいに関係が悪くなってしまったり、感情的になってしまうとより疑いを深めてしまう可能性もあるからです。

高齢者になってくるとこの先の将来をひどく心配したり自分の子供は独立してしまって生活の張りがなくなってなんとなく無気力になったり、旦那さん、または奥さんに先立たれてしまうとよけいに孤独感に悩まされて発散する場もなくてストレスがたまって克服どころではなくなってしまいます。

高齢者のうつ病の場合、憂鬱な気分になる原因として精神的なものももちろんありますが、体そのものの不調、自分の父親も経験してますが、耳鳴りだったり、めまいがひどくふらつくことがあったり、自律神経の乱れから頭痛、腰痛になったり、複数の症状を同時に抱えていることが多いです。

高齢者のうつ病ではもうある程度の年齢だから仕方がないと思い込んでしまわずに聞き役に回ってくれる方に相談して、心身の健康を大事にして克服を目指してほしいと思います。

私の父親もうつ病まではいっていませんが、自律神経の乱れから耳鳴りの克服にはかなり悩んでいました。

ゆっくり休養することで少しずつ緩和して今では元気になっています。

生真面目な性格だとよけいに人より過剰に悩む傾向があるので自分の性格を把握しておくことでストレス解消法を自分なりに持っておくことで予防になります。

高齢者になってくれば身近な親しかった人や飼っていたペットなどと死別する機会が増えたりして、うつ病までいかなくてもどこかしら心身に不調を感じたりすることを身近に体験したりすることで、心身の状態がとても不安定になってしまうことがあります。また、高齢者で一人暮らしの方が最近はとても多いですが、長期間続けば、孤独になってしまって自身が老化を感じることで不安になるなど、高齢者ならではの悩みも増えてきます。

これだけ高齢化社会になってきている現代では高齢者になってくれば、うつ病を患ってくる人口は増加していくと考えられていますが、早めに誰かに悩みごとを相談したり、趣味を見つけるなどの対策と知識を身に付けることで克服していく病気でもあります。日頃から違和感を感じる事があれば、病院の先生やカウンセラーへ相談だけでもしてみることをおすすめします。結果に異常がなければ、安心感を得られます。

誰かに本音を話す機会を作ることがとても大事ですね。

怒ることが多いのもうつ病の症状?

スポンサードリンク