うつ病での任意入院とは具体的にどんな感じなの?メリット、デメリットは?

うつ病の場合、病状の重さによっては強制的に入院したほうが良いケースもあります。これは、医師が自宅での加療では危険と判断する場合に取られる措置であり、うつ病の患者さん本人の意思が反映されたり尊重されることはありません。

スポンサードリンク



強制入院と任意入院はどう違うの?

強制入院が必要なほどにうつ病の病状が悪化している時には冷静な判断を行うことができませんので、医師の判断に委ねるのが一般的です。このような場合にはうつ病を患っている方の自由度が小さい閉鎖病棟に入ることが多いようです。

それに対し、医師とうつ病を患っている患者が話し合って決める場合は任意入院といいます。この場合はお医者さんとうつ病を患っている方の合意のもとで決定されますので、本人が希望すれば病状が軽度な場合でも任意での入院となることがあります。

任意ならある程度の患者の意思が尊重され、自由度の高い病棟に入ることになりますので、自宅では十分に休むことができない等の理由から本格的に休息を取るために任意での入院を決断する人も多いようです。症状が辛くて不安から行動が著しく制限されていると感じる場合も、このような形を取ることで解放に向かうことがあります。

スポンサードリンク



任意でも病院へ入院する場合の一番のメリットは、治療に神経を注げることができることです。自宅にいればうつ病と向き合うことだけでなく色々なことに対処をしなければならず、考えることも一つというわけにはいきません。

ですから、元々弱っている所に負荷がかかって症状が悪化してしまうことがあります。病院に入れば療養することだけを考えれば良いですし、食事もきちんと3食出ています。

うつ病を患ってしまうと食欲が以前よりなくなるのがほとんどの方の症状なので食事が不規則になることも多く、作る気力さえ起きないことも多々ありますが、改善させるためには栄養バランスも大事ですので3食出てくるというのも大きなメリットになります。

また、部屋の掃除も行ってくれますのでいつでも気持ち良い空間で過ごすことができますし、万が一体調が悪くなってもすぐに診てもらえますので安心感があります。

うつ病と栄養面の関係はあまりないように軽く感がられる方がとても多いのですが食べた物の栄養で人の体は成り立っているのでうつ病である以前の問題でとても重要なのです。

うつ病を患っていないにしても今一度自分の食生活を見直してみてはいかがでしょうか?

睡眠の悩みを抱えているという方もうつ病の方にほとんど当てはまると言っても良いほど多いので栄養面の見直しをしてみるのも良いと思います。

入院先では緊急時に押す用のボタンがベットには用意されていますので、それを押せばすぐに来てくれます。きちんと保護されていて安心してうつ病の療養に臨むための環境が整っていれば病状も良い方向に向かいやすいので、うつ病の症状が長引いている人や何度も繰り返している人は一度本格的に入院してうつ病の治療に専念するのも良い方法かもしれません。

任意入院する事のデメリットとは?

任意での入院でもデメリットで最初に覚えておきたいのは、自由が制限されてしまうことです。自由な環境が合っていると感じる場合には窮屈に感じるかも知れませんし、日々の生活に干渉されることにストレスを感じることもあります。

任意というくらいですから少しでもリラックスしたいのに過剰にストレスを感じてしまっては意味がありませんので、その場合は医師や家族とよく話し合って今後の方向性を決めていく必要があります。

また、うつ病を治したい時には規則正しい生活を送る必要があるのですが、病院にいれば起床時間や就寝時間までコントロールされてしまうケースもあるので、それも負担に感じる人がいます。

個人的には起床時間だけは一定にするのが良いような気がします。理由としては同じ時間に起きる事で体のリズムが出来あがり太陽の光を浴びる事で心身へ良い影響を与えてくれます。

その他、診察のための回診は病状を正しく把握するために必要なことなのですが、体調が悪い時には辛いと感じてしまうこともあります。ただし、こまめに来てくれるということはその時々の悩み等を相談する機会が多いということですし、何でも良いから誰かと話したいと思う時もありますので、必ずデメリットになってしまうということではありません。

うつ病の治療を行っていれば体調が良い日も出てきますし、気持ちが前向きになって何かにチャレンジしたい時も出てきます。外に出る時には許可が必要となりますので、その辺りも覚えておいた方が良いかもしれません。

うつ病の症状を徹底的に管理して安心して過ごせるような環境が整えられていますのでうつ病の症状が重くて日々の生活をやり過ごすことも困難という場合には非常に良い選択となりますが、他人からの干渉を好まず管理されること自体が苦痛という場合には任意での入院は向きません。

うつ病で入院を嫌がる場合の対応方法とは?

スポンサードリンク



関連記事はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ