うつ病の治療で効果を出す入院生活の方法とは?

症状が重いうつ病では入院での治療が効果があることが多くて、うつ病を克服するまでの期間も短期間で済むことが多いです。その理由や効果はどんなことにあるのでしょうか?

スポンサードリンク



肉体疲労やメンタル面の疲労であれ共通することはまずはしっかりと元になっているストレスから離れて心身共にリラックスする時間を持って休養することが効果があると考えられます。

本来は一晩しっかり睡眠をとって休養すれば人間が持っている治癒力が働いて元気になるものですが、うつ病は休職しても自宅での休養だけではなかなか落ち着かずどうして良いか一人で悶々とするケースも多くうつ病を克服するまでの期間が長引くこともあります。

入院すればうつ病の重い症状を克服しやすい効果も期待できることもあるのは、入院して環境を変えてみる事で今までの過剰なストレスや煩わしい人間関係から離れて精神的な疲れが取れる効果があり、看護師さん等、理解してくれる優しい人たちに囲まれて安心感を得られやすい効果も期待出来るというのも理由にあります。

スポンサードリンク



今までのストレスまみれの生活から一時的であったとしても離れてみる事が、症状が重いうつ病の克服に向けて効果を期待するのに非常に重要で効果が期待できることです。

また今までの時間に不規則だった生活も入院して規則正しく生活することで、体内時計を正しくしてくれる効果もありうつ病を克服に向かわせてくれます。

入院してストレスから離れてみるのも効果がある!

現代はストレス社会といわれていますが、ストレスやなんらかの要因によって、精神的だけでなく肉体的にもダメージをうけてそれが症状として出てくることがあります。

精神的なことは代表的な症状としてはやる気が出ないとか、憂鬱になる、イライラする、判断力の低下、思考力の低下や無感動、無関心などがあります。うつ病では脳の機能低下によって思考速度が鈍くなってしまうために、忘れっぽくなってしまったり、話すスピードも遅くなったり、今までやっていた趣味も楽しいと感じられなくなったり、無感動になるなどがあります。

さらには自分にはなんの価値もない人間なのだと思い込み、自殺願望が強くなっていく傾向があります。肉体的な症状としては、身体の痛みや頭痛、肩こり、めまいなどがあります。次の日に大切な案件があると眠れなくなるというのは誰でもあるものですが、それがあまりに頻繁に起きたりすることがあります。

さらに食欲不振もうつ病の代表的な症状です。またうつ病の時は自律神経も乱れていることが多いので、生理不順になったり、身体の痛みが起こるのも特徴です。ただこの痛みの原因というのは、どこから来ているのかよく分からないということも多く、シンドロームシフトが疑われるケースもあります。

このようにうつ病とは精神的にも肉体的にもかなり厳しい状態が1日の中でも変化しながら起こっていくものです。この程度のことだったら感じたことがあるという人も多いですが、うつ病との違いは、継続的に起こるかどうかです。一般的に気分の落ち込みが数日で治まるのはうつ病ではありません。

うつ病と診断されても、多くの場合は、入院をすることなく家庭での治療をするのが一般的です。うつ病の薬を処方されて、なんとか仕事をしたり生活ができるレベルでしたら大きな問題はありません。でも重症になった場合は、入院したほうが効果が期待されるのです。

その症状とは、まずは自殺する危険性が考えられることです。いつも死にたいといって、実際にリストカットをしてしまったり薬を大量に飲んだ経験があるという人はとても危険です。

自分の感情がすでにコントロールできない状態になっているので、入院を考えたほうが克服するのに効果が期待できます。また食事がとれず眠れない状態にいて衰弱がひどい場合も入院が適用されます。

重いうつ病になっている人ほど食事ができなくなったり、強迫観念に取りつかれている人がいるので、それは今の環境から離れて治療をうけたほうが効果があがる可能性があります。

うつ病が慢性化している場合も入院は効果がある!

さらにはうつ病が慢性化しているケースも入院したほうが効果が期待できるケースもあります。何年にも渡ってうつ病が慢性化してしまって、何も出来ない状態が続いているという人は、自分や家庭で治療をしていても、効果は変わらない可能性があります。一度入院をしてしっかりと治療をするなかで、別の治療方法が見えて効果が高まる可能性があるのです。

薬だけに頼らず、電気ショックなど今は色々な効果が期待できる治療方法があるので、病院の先生とよく話し合って克服へ向けて効果が期待できる治療をしていくことが必要です。またうつ病になった原因が家庭にある場合は、家庭や今の状況から離れてみることが可能であれば短期的にでも効果が期待出来ます。

家庭不和によって、精神的なダメージを受けてしまった場合に、家庭にいることは、より症状を悪化することになります。
入院には、閉鎖病棟に入る場合と開放病棟にはいる場合がありますが、重症のうつ病の時は、まずは閉鎖病棟にはいって自殺の危険性がない状態まで見守ることになります。

そして少しずつ症状が落ち着いたころに開放病棟にはいって比較的に自由な環境のもとでの治療になっていきます。うつ病の治療については、これをやれば、簡単に効果が出て完治するという治療方法がないのが問題ですが、うつ病になっている人の多くが昼夜逆転になっているケースもあるので、まずは陽の光を浴びるあるいは、それに似た光をあびて、健康的な体作りを目指すことから効果が期待できる治療がはじまります。

さらに落ち着いたところで、グループで話すということもうつ病の克服に向けて効果が期待出来る事です。

なぜ自分はこのようなうつ病の症状になったのか、グループの中でも自分のことを話すことで、冷静に第3者的に自分を見つめることになります。自分のことを客観的にみられるということと、人の話を冷静に聞けるようになっていくことも治療の中でとても効果のある方法と言われています。

ただ、うつ病の問題が社会問題となっている理由は、よくなったように思えても、すぐにまたもとに戻ることの繰り返しがあることなのです。完治したと思ってもすぐに元に戻ってしまうこともあるし、その波が繰り返されるということが、治療方法が難しいといわれる要因なのです。今後もうつ病の患者は増えていく可能性がありますが、症状が軽いから問題がないということではありません。

それは突然重くなってしまう可能性があるということと、誰でもうつ病を患ってしまう可能性があるということが挙げられるからです。ストレス社会の現代、自分自身が辛くてたまらないという人は、まずは心療内科などを利用して効果が期待出来る正しい治療をうけることが必要です。

うつ病を患っていて入院をしている方々は本当に沢山いらっしゃるのですが、明らかにしんどそうにしているように見える方はあまりいらっしゃいませんでしたが、人それぞれ人に言いにくい悩みを抱えているので、時々話を聞いてみると自分等よりも薬を飲む量が多かったりして症状が重い方やうつ病を患った原因が本当に色々あるんだと知りました。

症状が重いうつ病で入院する時は家族のケアだけでは面倒をみる事が難しい状態であることが多いのです。

入院のメリット

入院すると、今までの社会生活から一時的にでも離れる事が出来るので、人によってはストレスから完全に離れること出来て休養を取ることが出来てリラックスできる効果が期待できます。家にいると周りに気を使ったり、何かをしなければならならないという思考になったり、友人から頻繁にメールが来て面倒なことも、病院で入院していれば静かに休養することが出来ます。

自殺をしてしまう可能性が少しでもあったら要注意

うつ病を克服しようする過程で一番気をつけていかないといけないことは自殺です。いくら苦しくても自殺してしまってはなんの解決にもなりませんし、家族や友人、知人を悲しませ、多くのまわりの方の人生を狂わせます。

うつ病は気分の落ち込みが長期間にもわたって続き、何事をするにも無気力、無関心な状態でなんでこんなことになったんだと自分をひたすらに責めます。

もう生きるのが嫌だとか、早く死んでしまって楽になりたいとか考えてしまいます。

でも病気の根本を解決すれば良い事なので死ぬことを考えてしまうのは元気になってしまえば忘れてしまうものです。

死にたいと考えるのはうつ病を患っている方本人の本心ではなくて、病気の症状から来ていると言えます。

ここを誤解してはいけません。

もう死んでしまいたいという考えから抜け出せないときは短期であったとしても病院へ入院したほうが克服へ向けての効果が期待出来るので入院が勧められます。

取り返しがつかないようにならないように未然に防ぐことをする必要があります。

予防するにはなんといっても一番は家族の理解が大切になります。病院では1年中看護のプロの方が身近にいるので話し相手も作れるので気分の緩和にもなります。

家庭環境の問題がある場合も入院してみるのも効果大

家族の理解もあり家庭環境も良好であれば自宅療養も良いでしょうが、家族の内で理解者がいない場合は居心地が悪くリラックスすることが出来なくて、よけいに克服までの効果が期待できる治療が難しくなります。

単純に近所がうるさいとか、平日に自宅にいることを近所の人に知られてくないとか、色んな理由が沢山あると思いますが、

自宅での治療でリラックスできないようであれば短期間でも入院をしてみる事で効果が期待出来ることがあります。

また、うつ病以外にも色々な複数の疾患を抱えている場合も一度病院へ入院して治療したほうが結果として克服までの期間が短くて済んだりして効果が期待できると言えます。専門家が身近にいるわけですので相談しやすいし食事を変える事で栄養面の改善も見込めるのでオススメできます。

うつ病を克服する過程で最も基本になるのは十分な期間の休養を取ることです。

自分の体験からも言えますが、しばらく休んでみて始めて働き過ぎていたとか実は頑張り過ぎていたとかに気づくものです。

うつ病まで患ってしまうところまでいくということは明らかに自分のストレス耐性を上回るほど頑張り過ぎなのです。

生真面目で頑張り過ぎな傾向がある方は本当に要注意なので初めから自分でストレス発散法などの楽しみを持っておくことが大事です。

仕事を休まざるを得なかったり、家事が出来なくなったりしてしまうと自分が苦しむばかりではなくまわりにも影響が出てしまいます。

うつ病を患ってしまうと自分一人で出来る事が限られてくるので入院して身の回りのことを出来る範囲で、人に任せてしまうことが大事です。

これは特に女性の方に多いかもしれませんが、子供の食事のこと、家事、洗濯など気になることが山ほどありなかなか精神的にゆっくり休むことも難しいと思います。

短期的にでも入院してみて環境を変えてゆっくり休む時間を作ってみると良いと思います。

悩みごとは必ず一人で抱え込むのではなくて誰かに相談して少なくともストレスの緩和をするようにしましょう。完全な解決ではなくても少しは楽になるものです。

体調に少しでも違和感があれば早く対応することがとても大事です。

病院へ入院することがうつ病の克服に向けて効果が期待できる理由として生活リズムを改善してくれることがあります。

自宅で療養していると人の目もなくどんどん衰退しがちですが、病院へ入院していると適度に人の出入りもあるので生活リムズが規則的に変わっていきやすいとも言えます。

同じ時間に起きて同じ時間に食事をして寝る時間もある程度一定になるとうつ病の症状も落ち着いていきやすいですし、自分のコンディションの変化もつかみやすいものです。

入院していると克服に効果が期待出来る理由として食事の面(栄養)が十分に摂れるということがあります。もし一人暮らしなどでうつ病の場合は食事の面までなかなか頭が回らないものですが、入院していれば食事の心配はありませんし、栄養がある食べ物を口にすることが出来ます。

うつ病で入院していると同じような境遇の人と知り合う可能性もあるので今までどんなことが苦しかったのか等話し相手も出来共感することによって自分だけではないんだと安心する事も出来、結果としてうつ病の克服のスピードが早まる効果が期待できます。

うつ病で入院の期間は平均6か月は必要なの?入院中でも適用できる保険はどんなものがあるの?

スポンサードリンク



 

関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ