うつ病は入院した方が回復が早いのはどんな場合なの?

うつ病をしっかりと入院での治療で克服して回復するまでの期間は症状に個人差がとても大きいので、一概に必ずこれだけの入院の期間で完全に回復するというものではありません。

スポンサードリンク



うつ病は入院での治療で完全に克服してもう元気に回復したんだと思い込んでいていも、再発の可能性もあるものですし、良い時と悪い時を繰り返しながら回復していく病気なので、これをすれば速攻でどんなに重い症状でも一気に回復することはとても難しいということだけは理解しておきましょう。

入院で回復するまでの期間は人それぞれ

人によって入院して回復するまでの期間は個人差がとても大きくて、6ヶ月くらいかかったり、それ以上でうつ病を患っている期間が長い方になると10年以上もうつ病の回復に向けて入院などで治療をしている人もいます。6か月ほどで治った人のなかには再発をするケースもあるので、入院して治って完全に回復したと感じるには1年ほどはかかると見込んでいたほうが良いでしょう。

今まで沢山のうつ病を患っている方と話してきて個人的な感覚では1年以内で元気に回復できたならかなり早い方に思います。

スポンサードリンク



うつ病の治療に適度な運動も取り入れて

うつ病を回復させるのに適度な運動も効果が期待できます。理由としては軽く汗をかくほどの適度な運動をすることで肉体が程良く疲れて質の良い睡眠がとれるようになったり、食欲を増進させてくれる効果が期待できるからです。

激しい運動までは必要ないので少しでも気持ちが上向く程度にやることがポイントですね。

入院している期間でも症状が重くとても動けない時以外では適度に歩くなどして体を動かす時間を作るのが良いですね。

又、真面目な性格が災いして毎日やらなければならないと考えるとストレスになるので1週間に3日程度でも良いのでやってみることがおすすめです。

入院してうつ病を回復させるにはしっかりとした休養がポイントになるので職場を休職する必要があれば今は、休むときなんだとわりきって自分を責めないようにしましょう。

うつ病は強い憂鬱感が長く続いてしまい、その結果として日常生活にも支障をきたしてしまったりする症状の事を言います。
自分でチェックシートなどを使って入院して回復したほうが良いのか判断する事もできますが、正しく判断する為には病院に行って検査してもらう事になります。
その症状の特徴に当てはまる個数が多いと、うつ病として診断され、必要に応じて入院での治療で回復を目指す場合もあります。

この症状の場合、治療法として必要な事は心と体の疲れを取ることです。
程度によってはただ少し休憩するだけでも状態が改善されていく事もありますが、中には投薬が必要となる事もあります。
また一つの方法だけでアプローチするのではなく、休息、薬物療法、精神療法等を組み合わせて行う事もあります。

これらの治療を回復へ向けて行う場合は、通院だけでも対応する事が出来る場合も有ります。
しかしうつ病自体は短期間で簡単に回復出来るという訳ではなく、数か月から数年を要する場合も少なくありません。
そのため、自宅療法が基本とはなっていますが、中には入院する方が早い回復が期待できるという事もあります。

家庭では心身が休まらない場合入院も有効

入院した方が回復が早い場合の一つは、家庭では心も体も休める事が出来ないという時です。
本来この病気を改善する為には心も体も休める必要があります。

自宅は人にとって最もリラックスできる環境と言われる為に、通常はうつ病を克服して完全に回復を目指すなら自宅療法が選ばれています。
しかし人によっては自宅の方が心が休まらない、完全に休養しようと思っても家族のサポートを受ける事が出来ずに治療に専念する事が出来ないという事もあります。

その場合は自宅では静養に適していないと判断する事が出来る為、病院で入院する方に代わる事があります。
つまり、その方が早く回復する事が期待出来るのは、その方がより心と体を休める事が出来ると判断された場合です。

また、家族側はとても協力的でも、自宅ではなく病院に入院した方がうつ病の回復に良い場合があります。
それが一人になる環境にいないという時です。

家族のサポートは必要不可欠ですが、うつ病を良くする為には一人きりになって心を休める方が良い時もあります。
その場合に良い環境が病院で入院することです。
病院の管理下には置かれる事になりますが、いつも誰かが一緒にいる訳ではなく入院すると一人きりになる事も出来るからです。
もちろん何らかのトラブルが発生した場合や問題があった場合はナースコールで呼べばすぐに対応してもらう事が出来るので、そのまま放置されてしまうのではないかと心配する必要もありません。

また、うつ病の症状によっても入院した方が良い時があります。
その一つが自殺願望がある時です。
このうつ病というのは心も体も疲れ切ってしまっている状態なので最初はそれ程自殺してしまうという事を心配する必要もありません。

ただ症状が改善されていくにしたがって徐々に体力もつて育る為、結果的に危険な行為に走ってしまう可能性が出てきます。
家庭ではどうしても対応しきれない場合も有る為、その場合も病院で過ごす方が良いと言えます。

特に家族がいつも一緒にいる事が出来ない、家の中で一人きりになってしまう時間が沢山ある場合や、その人の言動から一人にはしない方が良いのではないかと判断された場合等も病院で過ごす方が良い状態になります。
家庭にいるよりも病院にいる方が一人きりになってしまう事もない為に安全だからです。

また、そもそもこの病気自体はウィルス性の物ではない為に誰かに空気感染してしまったりする心配はありません。
だから一緒の空間で過ごしていて同じ空気を吸っていたとしても、何ら心配をする必要は無い病気です。

しかしいつも一緒に接している家族の心を引きこんでしまう可能性があり、自宅療養をする事によって当人だけでなく家族にも影響が出てきてしまう事があります。
よく言われる、マイナスの気持ちに引っ張られてしまうという状態です。

そうなると本人だけでなく家族も一緒になって心と体のバランスが崩れてしまう事もあり、回復するまでに時間がかかってしまう場合も有ります。
この様な時もやはり病院に頼った方が早く回復する事が期待出来ます。

この病気自体は確かに自宅で療養するという事が基本的な形となっていますが、その形にこだわる必要は無く、その人の症状、状態、置かれている環境、家族の状態等に合わせて治療する場所を選ぶ事が出来ます。

だから自宅の方がリラックスできるから良いと判断する場合はそのまま自宅療養を続ければ良いのですが、自宅ではなく医療機関で管理・治療してもらう方が良いと言う場合は、入院治療をする方がより早く回復する事が期待出来ます。

ただどうする必要があるのかと言う事は素人が個人的に判断する事が出来る物ではない為、医師に相談しながらどの治療法が最も良いのかを模索した結果選ぶ方法となっています。

また最初は自宅で治療していた人も、状態の変化する様子によっては病院の方が良いのではないか、メリットがあるのではないかと判断される場合も有り、その場合は自宅から病院に移って治療する事になります。

うつ病での入院の期間は6カ月は必要なの?適用できる保険にはどんなものがあるの?

スポンサードリンク