入院してみて感じたうつ病で入院が必要な基準とは?

うつ病を患って心療内科や精神科のある病院へ入院や通院することになると、お医者さんは「うつ病は元気になるときがきっときますよ」とおっしゃいます。

入院したほうが良いと判断する基準はどんなことがあるのか自分が入院したことがある経験も踏まえて気づいたことなどを書いてみたいと思います。

うつ病かそうでないかの基準はとても難しい?

実際にはうつ病はなかなかやっかいなもので初期段階であればカラッと雲が抜けて晴れたようにすっきりする事を体感で分かることもありますが、うつ病を患ってある程度、長期間かかるような症状が進行した状態だと、うつ病においての完治という言葉はとてもあいまいな表現で基準が分かりにくいものです。

完全にうつ病を克服したと言えるまでの基準は個人の環境、考え方なども大きく影響するので個人差がとても大きいです。

例え話で「普通」とか「常識」という言葉がありますがこれも人によって感覚が違いますよね。

自分自身の心身の違和感に早く気づいて早く対応すればうつ病の症状がまだ軽い事が多いので病院へ入院したり自宅での長期療養をすることもなくうつ病の薬だけですぐに短期間でカラッと完治する人もたくさん知っています。

反対に、うつ病の症状が出ていても自分は大丈夫だと思いこんでしんどいのに放置してしまっていてうつ病の症状が重くなってしまった場合には病院への入院や自宅での長期療養を何回も繰り返してしまいます。

このような例があるので、入院したほうが良い基準をある程度でも知識として知っておくことが大事だと思います。

うつ病の症状がなくなった気がして完全に克服して完治したように自分では思っても、さまざまな環境によってうつ病を再発するする人が多いという事実もあることは自分の経験からも言えます。

うつ病で入院が必要だと言える基準とは?

うつ病で入院が必要と判断する基準とは、一体どのような判断を設けているものなのでしょう。今や日本人国民の多くは、大きすぎるストレスの中にいて、心を病む人がかなり多くなってきています。

鉄筋のような強い心を持つ、ある意味回路が壊れていて、何を言われようが心が傷つかない人もたまにいますが、多くは心が傷つき凹むことがあります。そればかりか気が弱い人は言い返せないまま罪を押し付けられることも、日本人ではよくあることです。

世の中は足の引っ張り合いであり、特にビジネスシーンは嫌がらせに近いようなことも経験された方も多いのではないでしょうか。優しすぎる人や、心の純粋な人や生真面目な人は、格好のターゲットとなってしまいます。

国民病の一つにもなったうつ病ですが、入院にまで至るというのは相当なものであり、最悪のパターンを回避したり、病状が更に悪化をしないためにする、いわば予防処置にあたります。

外傷があるものとは違いますし、メンタル的な問題であるために、病院の方が家で休むよりも、専門的処置で回復が大きく期待できるわけではないではありません。

ここを履き違えてはなりませんし、うつ病を克服するというのは、ある程度根気も必要で早く解決しようとあせるより継続的な治療をしていく必要がありますし、本当はお薬よりも食事を変えうつ病対策に必要なたんぱく質をメインとしたメニューに変えたりして、よく眠り適度に汗をかくくらいの運動をするという基本的なことを改善することで、驚く程にうつなどは克服していく方もたくさんいらっしゃいました。

しかし栄養医学では、栄養に関しての知識も認識も、そして重要性も抜け落ちているのが現状なのです。

うつ病を発症して入院をするというのは、かなり症状が重いことが多いケースであると言えます。うつ病は休息を与えて、心身ともに安らぎを与える必要があります。しかし生活の環境によりましては、希望をするような休息を得ることが出来ません。

静かに心も体も休めることは必要ですが、ひとり暮らしでお金もない人の場合は、住まいの環境もそれなりに低いものです。ワンルームでの貧乏暮らしであれば、壁は薄く常に隣には誰かが住んでいて、心は落ち着かないという状況です。

つまり常に人が近くにいるので、一人でゆっくり安心して休養が出来ないために、病院での生活を希望するパターンです。

いなくなってしまいたい願望がある人などは、自宅療養はかなり厳しいでしょう。いなくなってしまいたいという、通常の人では理解しにくい思いを持つので、一人では危険になります。

本人の思い込みが強いと、本当に取り返しがつかないことにもなるので、最悪のパターンへの道を自ら進みたがる人は、病院にお世話になったほうが良いと思います。

肉体的にも外傷もないのがうつ病の症状ですので、一見すると病気といっても、健常者と見た目は一切変わらないものです。しかし家族と住んでいたり、介護をする人がいたりすると、今度はうつ病の症状の連鎖が起こることもあります。

介護うつというのは、うつ病の周りの人に移りやすいものです。ひとつのうつによって、健康であった家族までうつ病を発症するという、最低なパターンの回避のためにも、入院という手段を選ぶこともできます。

それを考えれば症状がある程度進んだうつ病を完全に克服して完治したと言える期間は、かなりの時間が必要だと思われます。

うつ病が完治したという表現は実際には曖昧な表現にもとれ、私たちはこの言葉の裏に必ず再発という文字があることを忘れてはいけないと思っています。

完治したかのように見えるうつ病ですが油断しないことがとても大事です。再発率も高いと言われているので急にガクッと落ち込むこともあるので注意が必要です。

うつ病は心の病であるため、他の病気のように見た目やデータでの判断が困難であり、本人の感情の表現、すなわち問診が大変重要となります。

これらの診断する基準があるものですが、聞いている側の勝手な基準で間違った判断をされてしまうことも十分ありえます。

症状が出始めたのがいつ頃からでどんな症状だったのか、その症状が出始めた背景をしっかりと医師に説明できることが診断の基準のポイントになります。
自己表現が困難であれば家族や友人に付き添ってもらい、正しい診断の基準に従って見てもらいましょう。

うつ病の症状がエスカレートしてかなりしんどい場合は、上でも書いた通り、ゆううつな気分が抜けずちょっと休んでも長期間続いていつまでも取れないとか今まで興味があったことに対して全く面白いと感じられなくなり気持ちが冷めてしまったり、無気力、無関心、今までご飯が美味しく食べられていたのが小食になってしまったりする症状が2週間以上続くというのが診断の基準でした。

症状が軽い初期の段階のうつ病も、同じような症状が現れますが、うつ病の症状が現れる回数が異なると言われています。
うつ病の症状が初期の段階の場合は、症状が現れることもあれば現れなかったりすることもあり一見分かりにくいという面が症状が重いうつ病とは大きく違うのが特徴と言えます。

このようなメンタル面のうつ病の症状の他に、いつもと違う感覚の頭痛がするとか、全身がだるく感じる倦怠感や心当たりがないのに腰痛が出たりなどといった身体面の不調を訴える、という点も症状が軽いうつ病に多く見られる特徴です。

ここ最近の若い方に増加していると言われる、うつ病の症状が体に出る不調ばかりが現れて、メンタル面の症状が隠されているうつ病のことをここ最近では仮面うつ病と言ったりしますが、この仮面うつ病も症状が軽いうつ病として取り扱われています。

症状が軽いうつ病は、うつ病特有の症状が出たり出なかったりするため、なかなかうつ病判断する基準が難しく気付かないことも多く、また身体面に頭痛、腰痛などの症状が現れることからメンタル面の病気だと判断する基準が難しく、面倒な病気と言えるでしょう。

自分自身が入院してみて基準だと感じたこと

自分自身はそんなに長期間ではなく約1か月近く一般の解放病棟へ入院していました。

そこで気づいた基準というのは本当にそれぞれ環境とか本人の考え方もあるので複数あると思ったのですが

一人暮らしの人や高齢者で食事の面が心配な人は短期的にでも入院したほうがかなり負担が減り楽になれると思いました。

他にも単純に家でポツンと一人でいるよりも一度環境を変えてみたいという人も入院してみることは良い判断基準だと思います。

うつ病の症状でも一般に軽度~重度という言い方をすることもありますがこれも個人の受け取り方の基準があるので

周りからは一見、軽い症状に見えても本人の基準で入院してみたいと考えれば是非本人の意見を尊重してあげてください。

自分のようにうつ病以外に自律神経失調の症状が出ている人も一人での治療はとても困難なので入院が必要な基準としてあると思います。

まともに食事も摂ることが難しく睡眠もまともにとれず寂しさから涙が自然にこぼれるような状態なら人が適度に行きかう病院のほうが孤独感が軽減されるのでこのような症状の方は入院したほうが良い基準と言えると思います。

重いうつ病の時は入院した方が効果が期待出来るって本当なの?!