うつ病で入院を嫌がる場合の対応方法とは?

重度のうつ病の場合は、入院をした方がご家族や周囲にとっても負担がかからず治療にもよい場合がありますが、入院をすれば良くなるとは必ずしも言えません。そして中には嫌がる人もいます。

スポンサードリンク



うつ病の場合、治療法は一般的に通院して薬物療法とカウンセリング、そして安静にしていることが中心となります。他の病気の疾患と異なり、心が疲れ切ってしまっている状態ですので、気持ちの落ち着く環境を整えることが望ましいと言えます。

入院するにも注意が必要

穏やかに過ごせない環境に置かれていると、うつ病の薬をいくら使用しても良くはならないと考えられます。入院はこれまでと環境がすっかり変わってしまうことになります。

慣れない場所で面識がない知らない人たちと接触し、慣れない環境でしばらく生活することになりますので本人にとってはとてもストレスになり負担にもなります。そのため、疲れ切ってしまっている精神状態で環境が急激に変わってしまうと、ますます悪化してしまう可能性があります。

嫌がるのは、精神的なストレスが過剰に増えてしまうことと、環境がガラッと変わってしまうことも原因と考えられます。うつ病は個々の状態により大きく異なるため一概にこうしたほうがいいとは言い切れませんが、自殺してしまう可能性が十分に高い場合、薬物依存症になっている場合、食事がろくにとれず衰弱している場合は嫌がることがあっても入院が必要になると考えられます。

スポンサードリンク



うつ病は性質上重度になってしまうと色んな事を嫌がるようになり、死にたい気持ちが強くなってしまう病気のため、頻繁に未遂などを繰り返している人は病院で安静にしてもらったほうがいいと考えられます。その方が自殺することの予防になり、家族や周囲の人にも負担がかからないためです。

また、食事がとれない場合も病院で栄養を摂る手段がいろいろとありますので安心ができるでしょう。しかし気をつけなければいけないのは、嫌がるのに無理に説得をして連れて行ってはいけないということです。

無理をさせてしまうと余計にうつ病の症状がこじれたり病状が悪化してしまう場合がありますので気をつけましょう。本人が自宅で療養をしたがっていたら、危険度が低い場合は本人の望むようにしてあげて見守りましょう。もちろん、見守るほうにも限界があり、疲れてしまうことがありますので自分自身のケア、ストレスは定期的に吐くようにして改善させることが第一です。

そしてうつ病の症状が少しずつ改善すればご家族や周囲の人の負担も減っていきますので、まず根気強く本人の意見を聞くことが大切だと考えられます。なぜ入院を考えるまでひどいうつ病になってしまったのか、そこを突き詰めていくと解決策が見えてくると思いますので、ご家族もその背景やご本人の心理状態などを知っていくことが必要となります。

嫌がる場合にはゆっくり時間をかけて会話を大事に!

会話が出来ないほどしんどい場合は、筆談や交換日記などでコミュニケーションをとっていくのも良いでしょう。どうしても入院をさせたい場合でも、ゆっくり時間をかけて心を開き本人と対話をしていくことが重要となります。ある程度心を開かなければ、嫌がる一方になりますので必ずご本人とのコミュニケーションをとるようにしましょう。

本人からなかなか気持ちを聞き出せない場合はカウンセリングに付き添うのもひとつの方法となります。カウンセラーと本人の話を聞くことで、問題が見えてくることもあります。

そうすると、家庭に原因があるのか、職場に原因があるのか、他に原因があるのかそれとも複合的なものかが理解できるようになりますので、対処法も変わってきます。嫌がる場合はまず家庭で本人が穏やかに過ごせる環境を作り、話を一つ一つ丁寧に聞いたうえで本人に納得してもらうようにしていきましょう。

これまでの接し方を変えることで、本人も思考も大分変わってきます。まずは病気に可能な範囲での理解を持ち、本人を落ち着かせることが大切です。そして根気が必要となりますが、どんな些細なことでも原因となった根本のところを優しく聞き出すようにしていくことをおすすめします。

うつ病を患っていな良くても人間の心理として共感してほしい、理解してほしい、聞き役に回ってほしいという心理は人間なら誰でも持っているのではないでしょうか?

家庭に原因がある場合は家族でこれまでの見直しや反省点も出てきますし、職場に原因があるのなら退職させるという方法もありますので、安静にしつつ、しばらくはゆっくり過ごせるように見守っていくと良いです。

どうしても落ち着かない家庭環境で、しかもどうしても本人が嫌がる場合は、病院ではなく本人の環境を変えるのもひとつの方法となります。一週間程度湯治をさせたり、しばらくの間、家庭環境から離れてゆっくり過ごすことのできる部屋を借りるのもいいと考えられます。

もちろん誰か身近な人の目も必要になりますが、うつ病の場合は身近な人との二人三脚で改善していくこともありますので、時間をとって話を聞き、回復させることに集中してみるのが一番良い接し方だと考えられます。うつ病は症状が悪いとご本人も周りも相当辛いと言われていますが、医師の多くは必ず良くなる病気とも言っています。

そしてうつ病は悪化してしまうと長い時間かけて付き合っていかなければならない病気でもありますので、入院などして長期的な目で改善させていくことが必要となります。嫌がるのを無理やりに頭ごなしに話すのではなく本人と同じ目線に立ち、寄り添って接していくのが良い対処法だと考えられます。

うつ病で入院すると障害年金をもらえる可能性も!

うつ病を長期間患っていて病院へ入院する人は、障害年金がもらえる可能性があります。障害年金を手にすることで、大きな不安の原因である経済的な悩みから少しでも解放されて、お金のことで安心できるというメリットがあります。

うつ病を患ってしまって長期間休むようになると、仕事をしたくても仕事が出来ないことがあります。私自身も同じ状況でしたが、生計が上手く立てられなくなり生活が苦しい状況におかれます。

支払いの請求書が毎月たくさん来て余計にゆううつになっていことをよく覚えています。

仕事が出来ない環境で蓄えのお金だけで生活するのは難しいので、障害年金があるだけで生活は保障されます。障害年金は、どれだけ長く病気の症状が続いているかよく見られるので、入院期間が長くても短くても数回入院している場合は障害年金を頂くことが出来る可能性があります。

重いうつ病の時は入院した方が効果が期待出来るって本当なの?!

スポンサードリンク



関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ