うつ病で入院が必要な期間に入れる保険とは?

先行き不透明な日本の世の中で過剰なストレスを受けて、うつ病を患ってしまう方が増加し続けていることが問題になっていますが、うつ病やパニック障害など患っていて入院で長い期間を過ごしていたりすると生命保険や医療保険に入ることは基本的に困難な事が多いと言われています

うつ病などの精神疾患になると期間も関係しますが医療保険に加入することは難しくなりますが、近年は発症していても加入が出来る商品もあります。
これは「引受緩和型医療保険」と言われるものでよく病気でも加入が出来ますと宣伝しているタイプのものです。

一般の医療保険と比べて持病があっても加入がしやすいですが期間によって料金が高くなっています。
会社によって異なりますが約1.5倍~2倍に設定されています。

最近は各会社も競争をしていてかなり料金が下がってきていますが、それでも比べると割高です。
ある程度の期間でも保険に加入することで精神的に楽になることもあるので一度は検討してみるのもおすすめです。

精神疾患の患者は近年増えていて平成23年の時点では300万人以上もいます。
うつ病も精神疾患の一つです。

この病気にかかると長い期間、働くことが難しくなって生活するのも難しくなることがあります。

スポンサードリンク



ある程度の期間、働けなくなると収入がなくなってしまいそれまでに貯蓄があればある程度は生活が出来ますが、全く貯蓄がない場合は困りますしその不安が病気を悪化させてしまうこともあります。

うつ病の症状次第によっては入院などをしなければならず、その期間は費用などもかかってきます。
更に他の病気にかかることもあるため出来れば保険に加入したいところですが、現状だと保険に加入することが難しいです。

このうつ病にかかった期間は公的手当を受給する方法があります。
最近はうつ病を患っていて、入院の期間がある方でも保険に加入可能なタイプもあります。

現在では一般的には保険に加入することが難しく元々病気になった時の保障をするものなので、既に病気にかかっていると保障対象にならないことが多いためです。

保険に加入する期間が必要な時には告知書を提出してから保険の保障を受けられるかを判断してもらいます。
そのときに病歴があると保険の保障を受けられないことが殆どです。

告知書は現在の自分の健康状態や過去の病歴などの報告をするもので、加入するときには自分の健康状態を告知する義務があります。
これは料金を平等にするための目的があります。

健康な人と健康でない人が同等な料金を支払うときに、健康な人には不利な条件になりますが保険金を受給する確率に従い料金の変動を行うことで加入した人に適した料金を設定出来ます。

そのときの判断材料の一つになるのが告知書です。
告知書には最近(過去3ヶ月以内)の健康状態、これは医師の診察や検査などを受けたことがあるかを記載します。

過去5年以内の期間の健康状態では病気やけがで手術を受けたかどうか、過去2年以内の健康診断では健康診断を受けた結果や指摘された事項を記載します。
告知書の内容は会社によって違うことがあります。

一般的には保険の加入が難しいですが、発症していても保険に加入できる商品もあります。
引受基準緩和型保険以外に無選択型医療保険があります。

これは告知書の提出をしなくても保険に加入できる商品ですがその分、期間によっても料金が割高になります。
保険に加入してから一定の期間は受け取れる金額も通常よりも少なくなることがあります。

他にも指定疾病不担保制度があります。
これは持病を抱えている人や過去に病気になったことがある人を加入しやすくする制度です。

ある特定の病気を不担保にして他の病気に備えたい人に向いています。
例えばうつ病だとこの病気にかかる費用の金額はもらえませんが、他の病気や怪我などが原因の費用の金額は受け取ることが出来ます。

無選択型と比べるとかなり料金を安く抑えられるメリットがあります。

また厚生労働省では精神疾患によって生活が困難な期間がある方の人のために助成制度を設置しています。
これは自立支援医療制度のことで、精神科の病気で治療を受けるときの費用を一部負担してもらえます。

入院費用は対象外ですが、総合失調症やうつ病、不安障害や知的障害にてんかんが保険に入る対象です。
所得の状況により自己負担額が定められていてそれに合わせて手当を受けられます。

現在、病院へ通院していなくても、さかのぼって5年以内に何かメンタル面の病と診断されたことがあるなら、保険に加入することはなかなか困難かもしれません。

うつ病の治療中の期間の場合には、保険に入るか入らないかより、病気を克服することに集中して過ごすことが良いです。

うつ病での実際の入院が必要な期間はどれくらい必要?

うつ病を患っていて克服へ向けての入院が必要な期間はもちろん、個人差は大きいですが目安として6カ月くらいとされていますが、症状の程度が人によって様々なので、参考程度くらいにされてください。

うつ病はそもそも入院して完治までの期間というのが分かりにくいのでどれくらいの期間が必要なのかは正確には分かりにくい病気です。

ある程度の期間、入院さえすれば、必ず完璧に元気になるというわけでもありません。

うつ病である程度の期間、入院する目的として、病院で沢山の方の目に触れる場を活用して規則正しい生活をして相談相手を身近におき少しでも孤立することを防いで人と話すことで緊張感をとったりしてリラックスできるように行われることが多いです。

うつ病を患っている時には、余計なストレスから離れて十分な休養が必要となります。

人間の感情の浮き沈みは誰でも程度の差があれあるものですがうつ病を患っている時は、余計に傾向が分かりやすく現れると思います。

やっぱり、うつ病を患っている方本人の考えを根本的に変えないとどれだけの期間入院してもうつ病の完治は望めません。

うつ病を患っていて完治を目指すのに誰でも即効性を求めると思いますが、焦ることはよくないので思い切って今は休むんだと決め込んだ方が結果として克服するまでの期間が短くて済んだりするものです。

また、周囲の方がうつ病を患って克服へ向けて努力している期間には、焦らせることを言わないような、配慮が必要です

うつ病で入院していても適用できる保険とは?

うつ病を患っている方はその期間は保険に入りにくいということは事実だと言えますが、それだけではなくて、うつ病は若い方から年配者まで本当に増加の一途をたどっていて現在では、保険の形式も変化してきているようです。これだけうつ病の方が増えている現代ではうつ病を患っている方でもその期間によっても加入できる保険があります

保険会社によって違いはありますが、保険料の支払いや内容や期間に応じてとても充実しているものが今は多くなっているようです。

ところがうつ病を患っている方でも保険に適用されない場合もあるのですが、病院以外でカウンセラーの方の相談をうけるようなケースがあります。病院での対応では担当のお医者さんに診察して頂ける時間が少ないので、充分な治療が出来ないケースもあります。

そういう理由から入院すること以外で気が合うカウンセラーさんを探して悩んでいる悩みごとを話してスッキリできるように治療に専念したいと思う患者さんも多くいるものです。でも入院すること以外での治療は保険適用外のため、その際にかかる費用は全額自己負担しなければなりません。

保険に加入する時に報告するのにうつ病を患っていることを隠す方もいるようですがそのようなことをしてしまうと、もし本当のことが分かってしまった時に、保険金がおりなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

保険に加入しておけばメンタル面も多少なりとも安心感が出て克服するまでの期間の治療の専念できますので、まずはどのような保険があるのかを調べて見ると良いと思います。

これだけストレスフルな社会の中で増え続ける一方のうつ病ですが、患ってしまうと、病気や怪我のリスクが健康な人よりも上がるため、保険への加入はどうしても難しくなってしまいます。

そうは言っても、まだ幼い子供さんがいる場合など、もしもの時に死亡保障がほしいという人は少なからず存在しています。

うつ病を患ってから5年経っていなくとも完治から数年が経ちそれを証明できる資料があったり、うつ病の症状が軽く克服へと向かっていると医師が保証した場合などは、保険への加入を許される可能性があります。

うつ病を克服していくためには少なからずお金がかかってくることが多いと思います。

うつ病以外でも怪我や病気で亡くなる可能性があることに備えることも大切ですが、今現在、うつ病を患っていて、これ以上悪化させることを防いで克服を目指して治療することが重要です。

生命保険はそのような状況を理解して納得した中で、自分でも支払いが可能だと判断出来た場合にだけ保険に加入するようにしましょう。

うつ病を克服するにはなんといっても、原因になっているストレスを取り除き出来ればその環境から離れて、心身をリラックスさせて休ませてあげることがとても大事です。

生命保険がきっかけでうつ病をより悪化させるようなことがないように気をつけましょう。

もし、今の自分にはどれくらいの額の保険料なら払えるのかが分からない時は、無料の保険相談窓口などで相談してみるものおすすめです。

私自身が使ってみて良いと思ったうつ病の克服にオススメのサプリメントはこちら

 

スポンサードリンク



関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ