神奈川県でうつ病の治療で入院するならこんな病院がオススメ

このストレスの多い現代社会。会社が終わりクタクタにになって帰宅し、夜になっても疲れているはずなのになかなか眠れない、寝付いてもすぐに目が覚めてしまう、熟眠感がない、このような症状が続いていたらうつ病の傾向にあるかもしれません。

スポンサードリンク



神奈川県で入院するならどんな選び方が良いの?

神奈川県でうつ病を治療する場合、病院選びは慎重にすることが必要です。最初に気をつけなければならないことは、家からなるべく近い場所で、あまり待たないところを選びましょう。

また、神奈川県内でも病院の雰囲気が重苦しくなく清潔に保たれていることも必要です。神奈川県からあまりにも遠くですと、往復するのがとても辛くなりますし、2時間以上待つようなところではよほどの優れた医師ではない限り待っているだけで具合が悪くなり悪循環を招く可能性も考えられます。

他にも薬局で薬をもらう時間を考えると、半日から1日はかかってしまうと考えられますので、なるべく疲れず、心を落ち着けられるようなところを選んでいくほうがお勧めとなります。

現在は神奈川県でもうつ病治療のクリニックはたくさんあり、雰囲気や医師との相性もありますので一概にここがいいとは言い切れない部分もあります。しかし、神奈川県から場所は遠くても30分から1時間程度のところにしましょう。

また、神奈川県内の大きな病院よりも診療所やクリニックなどの小さな病院をお勧めします。中には社会復帰に力を入れている病院もありますので一考するのもいいでしょう。他にも明るく清潔なところで、受付も丁寧なところはちゃんと指導がなされていますので安心ができます。

小さいクリニックでも、受付から看護師、精神保健福祉士、カウンセラー、医師などが揃っており、内部での連携がとれているようなところはしっかりしています。

また、医師はパソコンを見て会話をするようなタイプではなく、ちゃんと話を聞いてくれる人が勧められる病院となります。医師にも個性が強い先生がいますので、合わないと思ったら難しいかもしれませんが思い切ってやめることもうつ病治療には重要となります。無理に合わない医師のもとで診てもらうのは精神に負担がかかるので避けたほうがいいでしょう。うつ病治療は近くて待たず、清潔なところ、そしてちゃんと話を聞き相性のあう医師のもとへ通うと、早期回復につながります。

うつ病の傾向はどんなことがあるの?

このような症状がここ最近続いているようでいたらかなり疲労がたまっているので要注意です。

最近、笑っていますか? 全然笑っていないようでしたらうつ病に近づいていることもあるので早めに対策することが大事です。

不眠症でお悩みの方、体が重くて毎時間だるく、仕事や学業に集中できないなどの症状に悩まされ、内科などの病院で受診しても、何も異常はありません。

と言われ何が悪いのかわからない方は、ぜひとも専門の病院へ入院を考えてみる事も検討してもらいたいです。なぜならば、こういった症状が心の風邪と言われているうつ病が隠れている可能性が高いのです。

いきなり、精神科に入院するのに抵抗があるのならば、心療内科などのクリニックもありますし、神奈川県には、神奈川県精神保健福祉センターがあるので、もしも、自分が心の病だったら、恥ずかしい。

人生に落伍してしまうのではないかという不安をかなぐり捨てて早いうちに入院したほうが良いのかどうかも相談してみるべきです。精神保健福祉センターとは、精神を病んでいる人たちの心のケアや社会復帰への支援をしてくれる組織で、ソーシャルインクルージョンの理念をもとにした、精神病患者を排除したり差別したりすることをしない社会をつくるビジョンをもとに、広く県民の心のケアを目的に創設されている組織で、まずは、心の電話という匿名で心に不安を抱えている方の相談をフリーダイヤルで相談してみるのがいいでしょう。

祝日を除く月曜日から金曜日のPM9:00からPM9:00までの時間帯で相談員が懇切丁寧に心の悩みの相談に乗ってくれます。うつ病も前述したように心の風邪と言われているのが示す通り、肉体的な疾患である風や癌や気管支炎などの病気と同じく、早期発見がこの病気の治療の一番大事なところです。

心の電話で精神科に行くことを勧められたならば、精神保健センターで、症状の軽重により、交通の便が良く通いやすい病院や、入院の設備が充実した精神科病院を紹介してくれます。ごく初期症状ならば、発達した現代医学が生み出した薬で自宅療養もできますが、特に、入院が必要だと思われる患者さんには、早めの入院が必要です。

症状が重ければ思い切って入院してみることが有効!

こういった心の病気は同居されている家族の皆様の協力が必要不可欠であり、特にうつ病の場合には、その羅漢者の15%~20%が、もう生きているのが辛いとか、この病気は一生治らないと悲観して自殺に走る患者が多く、年間で約3万人の人が自殺をする原因がうつ病が自殺に走らせる割合は非常に高く、潜在的にはかなりのパーセンテージになると考えられています。ですが、うつ病は治る病気です。

悲観せずに症状が重くなっても諦めずに勧められた病院で入院をするべきです。しかし、重度の患者になると1年2年の単位で入院生活を送ることになる場合があるので、自動車での通院や、電車や公共バスなどの交通アクセスが良い病院が、ご家族にとっても支援しやすいものです。

そんな条件を満たす病院選びが大事になってきますので、緊急性がある場合を除き、入院する病院選びはしっかりと考えておきたいものです。インターネットで検索してみると、カウンセリングや作業療法など、あまり薬に頼りすぎないことをモットーにしている病院もありますので、薬漬けにされるのではないかという、ご家族の不安も軽減するでしょう。

急を要しないのであれば、こういった入院する際の病院選びも病気が改善し、社旗復帰する際にも薬による副作用が軽減される分、選択肢の一つとして考えてみるのもいいです。

デイケアがあると社会生活に早く馴れることが多いので大概の病院にはあるとは思いますが、入院する病院選びの重要な要素の一つではあります。やはり、人気が高い病院は、設備も良く医師の治療に対する考え方や治療法も良く、外出許可が出た際にも、近くに喫茶店や、コンビニエンスストア、ボーリングやカラオケなどの遊べる施設があれば楽しい生活が送れることでしょう。

家にいたら家事や仕事から離れにくくなってしまったり、うつ病を理解できない家族と不和になりゆっくりと治療に励めない上に、自殺願望がある患者さんに24時間、監視することなど到底無理です。

病院で朝、AM6:00に起床し、決まった時間に朝食、昼食、夕食をとり、夜はPM9:00に就寝するといった生活リズムをきちんと整えることでうつ病の改善を図ることもできるのです。が、弊害がないわけではないようです。

病院にいるのが楽しくなって病院から離れられなくなってしまい社会復帰できないパターンや、入院している期間が長いと看護師さんと親しくなり過ぎて甘える事に慣れて精神退行してしまうパターンもあるようです。精神科の入院は、その患者さんの一生を左右するくらいに重要な行動になるので、より注意して入院する病院を選ぶ必要があります。

神奈川県でうつ病の専門的な診療が可能な病院の紹介

そこで、神奈川県でうつ病の専門的診療が可能な病院をピックアップいたしますと、

★  相模原市の北里大学病院精神神経疾患センター

★  横浜市の昭和大学藤が丘病院精神科

★  聖マリアンナ医科大学病院

★  北里大学東病院

★  昭和大学病院付属東病院の精神科

★  ねぎしクリニック
横浜市神奈川区鶴屋町2-22-3 伊藤ビル3F
TEL:045-311-9661
精神科 心療内科
http://www.negisi.com/

★  横浜クリニック
横浜市西区北幸1-2-10アスカ第2ビル7F
TEL:045-317-5953
カウンセリングは医療保険の対象外
http://www.fuanclinic.com/yokohama/info/menu_y.htm

★  関内メンタルクリニック
横浜市中区扇町1-1-25 キンガビル7F
TEL:045-664-7000
http://www.kannai-mc.or.jp/

が、うつ病の治療に強い病院と言われています

もちろん病院の先生との相性もありますが、まずは複数の病院で入院が必要かどうかなど相談してみる事がおすすめです。

うつ病で入院が必要なのはどんな場合?治療方法は?

スポンサードリンク



関連記事はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ