うつ病で入院時の費用が気になる方はこちら! 高額療養費制度の利用も有効

うつ病はストレスの多い現代に増加傾向の病気で治療して元気になるまでは時間がかなりかかります。また、うつ病の症状に関しても重症度は様々で、日常生活は何とか送れるものから、すぐにでも治療が必要な状態まであります。

スポンサードリンク



うつ病で入院を検討したほうが良いケースとは?

現在はうつ病のお薬もいろいろ開発されてきていますので副作用も少なく、外来での治療が基本となっています。しかし、うつ病の症状が重い場合などで入院すべき場合があります。その例としてはまず、自殺願望が強くなっている場合です。

一人になってしまうと、さらにに自殺願望が強くなりがちで取返しにつかないことになりかねません。また、うつ病を患っている方の共通点として食事が満足に摂れなかったり睡眠に何かしらのトラブルを抱えていることがあります。

さらには水分も摂らないような状況になると脱水であったり、睡眠障害による寝不足で衰弱したりすると、生命の継続が危ぶまれるような状況となる場合、また、治療がうまゆかず、うつ病の薬での治療が困難な場合も入院が必要になることもあります。

そのような場合ではやはり重症度も高く、その分、治療も長期にわたりますし、治療がうまくいっても自殺願望が本当になくなったのか、帰宅して通院の状態で治療が進めていけるのかなどの吟味をしっかり行わなければいけないので、入院生活を終えて退院後の生活に徐々に慣れさせていく必要があり、すぐに退院ともなりにくいです。

スポンサードリンク



うつ病で入院した時の治療の方法としては基本的な薬物療法や精神療法をはじめとして、活動性が乏しくて衰弱しているよう時にはリハビリテーションや作業療法なども、うつ病の症状に応じて追加されます。

それぞれ追加された治療方法に応じて保険点数が加算されます。保険点数とは要するに治療費ですが、この治療を行ったら何点、というように決められておりその点数に応じて治療費が健康保険などから支払われるようになっています。

日本国民は皆保険制度で何らかの健康保険に加入することになっていますが、医療費は一部が自己負担でその多くがこの健康保険により賄われています。自己負担分は年齢等で決められたり、自己負担分が市などの補助で軽減や免除されたりすることもあります。

例えば子供の医療費が無料である自治体もありますが、これは自己負担分を市などが肩代わりしてくれているためです。治療が長引いてしまうとその分治療費も多くなってきます。

精神疾患で入院する場合、その制度が措置、医療保護、任意の3つの入院制度が考えられます。統合失調症など人に危害を与える危険があるような場合は措置入院の対応がとられ、これは医療費はすべて公費で賄われます。

うつ病を患っている方の多くは本人の同意を得た任意入院になることがほとんどなので、この時に医療費をみると、治療費のほかに、差額ベッド代、食費などがかかります。

大まかな費用としては1日で1万円から2万円程度がかかるとされています。また治療期間は症状の重症度にもよりますが、平均して3か月程度、長ければ半年程度やそれ以上になることも十分考えられます。

この間、当然ですがお仕事はできませんので多くの人が無収入となります。また最初どれくらいに治療期間がかかるのかを推定するのも非常に難しい疾患のため、なかなか見通しが立ちにくいですから、医療費もどれくらいになるかがわからず、さらに不安を増強させてしまいます。

高額療養費制度とは??

高額な医療費を定期的に支払っていくことは病気の特徴からしてもとても実際のところは難しいといわざるを得ません。このような時に医療費が毎月一定額以上になるとそれ以上は支払いが免除される高額療養費制度というものがあります。

正確には免除されるわけではなく健康保険から支払われるのですが、医療を受けたものからみると実質免除ということです。高額療養費制度はうつ病などの精神疾患だけでなく、あらゆる保険診療で適用されます。

自己負担分の上限はその人の収入に応じて変わりますので、普段の収入が多い方はその分、毎月に上限額が高くなります。ではどのように手続きすればよいのでしょうか。

実際は最初から医療費がかなり高額になることがわかっていれば前もって加入している健康保険に限度額認定証という証明書を支給し、医療施設に提出することでその人の毎月の支払限度額以上の医療費は個人には請求されず、医療保険側に請求されます。

こうすれば窓口に支払いのために高額なお金を準備する必要がなくなります。また、医療費を支払った後でも正しく請求することにより支払限度額を超えた医療費に関しては返還されます。

この自己負担限度額は平成27年1月からそれまでよりも細分化して変更され、低所得者の負担はより軽く、反対に高所得者の負担がより大きくなるように改定されていますので、より利用しやすくなった人が増えています。

具体的には市区町村民税の非課税者などの低所得者層では月額35400円が月額限度額になります。反対に所得が高い方では月額が252600円にかかった医療費に対応して加算されることがありますのでとても差が大きくなりました。

このような医療費の負担軽減策もありますので医療制度、医療費制度をうまく利用してしっかり治療してください。また、多くの病院ではそのような悩みの相談に乗ってくれる部署や担当者がおかれるようになっていますので、心配事は自分でため込まずに相談するようにしましょう。

うつ病で入院が必要な期間に入れる保険とは?

スポンサードリンク



関連記事はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ