うつ病の再発の兆候とはどんなことがあるの?

うつ病は長期間、カウンセリングと投薬による治療が行われてきましたし、現在でもこのような治療法が多いように思います。

スポンサードリンク



再発の兆候に気をつけて

再発の兆候がある方は食生活を見直して見られることをオススメします。

ここ最近は、これとは別の方法で症状の改善がみられることが沢山指摘されています。その1つが、食事療法なんです。

 

うつ病は今では現代病とまで言われていて、もう数年前から増加する一方にあります。

有名人でも体験済みの方が多数いるのは皆さんご存じだと思います。

スポンサードリンク



糖質の摂り過ぎは良くない?

うつ病の再発の兆候の原因となるものの1つに低血糖があります。糖質の摂りすぎはすい臓に負担がかかって、すい臓の働きがおかしくなって酵素が上手く分泌できずに脳に糖質が行き渡らなくなるために起こります。

脳機能が正常に働かないのは低血糖の状態も関係ありうつ状態の再発の兆候を起こすと言われています。

こういったことが再発の兆候として考えられる可能性もありますね。

こうなってしまった場合、正常に戻るためにはタンパク質をメインに多く摂るようにして糖質を減らして野菜を適度に食べることがポイントです。

糖質を控えることで、すい臓を休ませることができるため、脳に糖質が十分にいくようになります。

再発の兆候が出たら基本は休養

ですから、働きすぎが原因のうつ病の場合には、まずは休養することが必要ですし、カウンセリングを受けるのもうつ病克服に向けて良い効果をもたらしてくれる一つと言えます。

糖質を摂りすぎてしまう傾向が強い方の中には、甘いものが大好きでやめたくてもやめられない、という方も少なくないと思います。

今は辛抱の時と言い聞かせ、糖質の摂取を控えましょう。

不規則な生活習慣はうつ病以外にも並行していろいろなところが悪くなることがあるので出来る限り変則的にならないようにしたいものです。

食事はタンパク質をメインにして炭水化物はあまり多くは摂らずに野菜を中心に摂りましょう。

病気を克服するまではなるべくお酒は控えるようにしましょう。

毎日散歩などでも良いので適度に汗をかくくらいの運動はしておいたほうが良いですね。再発の兆候を防ぐためにもオススメです。

うつ病になってしまった場合、外出がどうしても億劫で気が乗らなければ、外出は無理して出なくても良いです。

 

友達が全く共感せずに理解しようとしないなら、その友人に相談をしないという手段もありますが、家族から共感が得られないとすると非常に辛いです。

うつ病の悪化する原因の1つに、頑張れと励まされることによるプレッシャーがあります。こんな環境にいる場合なら家族と一緒に相談に来てもらうなどの対応が必要になります。

実は、このような考え方もうつ病の再発の兆候の原因になってしまいます。

自分の体験

自分も一度だけ再発の経験があります。再発してからの方がより苦しんだと思います。

平成13年に発病したのですが、一度良くなって、平成17年頃にまたおかしくなり、再発の兆候として自律神経失調の症状も混ざってから長期間苦しみました。

再発の兆候に気づかずに無理をしていたのかもしれません。その時は結構、後悔しましたね。薬の治療で一度は治ったと思い込んでいたいのですが、表面的なだけだったかもしれませんね。

それからは基本的な食事の週間、定期的に運動を続けるなど、生活そのものを改善してきました。

自分も同じ体験をして欲しくないのでくれぐれもストレスを溜めることは避けてくださいね。

再発の兆候を感じたらすぐに休養するようにしてほしいです。

一度きりの人生、長そうで短いものと思っています。楽しいほうを選んで生きたいものですよね。

最初はこんなに甘えてもよいのだろうかと思うかもしれませんが症状が軽いうちが、治療しやすいのです。重たくなってしまうと、再発の兆候に気づかず治療にも時間がかかってしまいます。

身体が思うように動かずだるさがひどい、という兆候が出てしまうと、休職して休養しなければならないですし長期の休養が必要になるので注意が必要ですね。

ビタミンBが不足するとイライラ

よく知られていることですが、うつ病を患っている方に対して良かれと思って簡単に「頑張って」と励ましをすることはかえって本人を追い詰めて再発をあおるようなことになるため極力避けた方がい良いです。

うつ病を患っている方が元々の性格が生真面目であるけいこうがありますので、うつ病のために周囲に迷惑をかけていると思い込んで、もっと頑張らないとと自分を犠牲にして無理やりにでも頑張ろうとしますが、頑張り過ぎた結果、うつ病を患ってしまったのです。

過剰に頑張り続ける事もまた再発の兆候としてあるので苦しんだ経験から変に無理をしないように自分でコントロールすることもとても大切です。

うつ病を克服した方と話す機会もあるのですが、その方々に共通しているのは変に無理をしなくなったとか、今、かなりストレスがかかっているとか自分でコントロールが上手くなったと皆さんおっしゃいます。

「頑張って」などの言葉がけだけでなく、態度や素振りに同様の気持ちが表れていないかについても気を配る必要があります。

うつ病を患っている方は小さい些細な言葉でも敏感になって雰囲気、その場の空気を感じます。

「頑張る」のではなく、何にもしなくていいからゆっくり休養に専念するようにアドバイスしてあげることが大切です。

うつ病を再発させないためには

うつ病を患っている期間が長くても根気よく克服に向けて治療して元気になって、再発をしにくい人もいらっしゃいますが、再発を繰り返す方もまた多くいらっしゃいます。

再発を複数回、繰り返すことで通常の生活をできる期間も長くは出来なくなってしまいます。うつ病は、再発率の高い病気ですが再発を予防するために正しい治療を根気よく継続して行うことが重要です。

色んなストレスの負の感情を抑え過ぎていることが大きな問題でもありますので、苦しい、辛いという感情を正直に声に出してほしいです。

うつ病は過剰なストレスが大きく関係してることが分かっているので、うつ病を患う前後に自分の生活や環境にいったいどんな変化があり、人間関係はどうだったのか分析してみて、うつ病を患ってしまった根本の原因を解消することも大切です。

うつ病の再発を未然に防ぐためにも自分の弱点も理解して、今後のストレスの対処方法をあらかじめ決めておくことが必要です。

うつ病を患ってしまった方の多くは、普段は仕事をされている方も多数いらっしゃいます。仕事をされている方に多い傾向として早く復職しようと焦ったり会社へ迷惑をかけていることを気にして自分を責めてしまいます。うつ病の症状がだんだん良くなってくると、色んな事を考えてしまって復帰を焦ってしまいます。

でも、焦ってしまうことで治療を中途半端にしてしまうと再発率も高まってしまうという傾向があります。

うつ病を患ってことをきっかけに転職等を仕方なくされた方もいらっしゃいますが、職場が変わればまた新しい人間関係を作らないといけないので多くの人にとってメンタル面に大きく負担がかかりますので、決して焦るのではなく難しいことがあれば誰かに相談しながら無理をしないということが大切です。

転職や職場に復帰する際にも、自分のコンディションをお医者さんと相談をすると同時に職場の人間に対しても「うつ病」という病気に対して理解してもらう必要があります。

また、家族の協力も必要不可欠になってきます。再発予防してなるべく自立した生活を営むことができます。

ここ最近、不安に思うことが増えたり、睡眠がスッキリしないことがまた増えていませんか?

1日中、頭が重くて眠気も強いとか午前中はテンションが上がらないなどの症状はうつ病を患っている方に多く見られる再発の兆候としての症状でもあります。

うつ病の再発や兆候として不安になる原因として現在、目先の問題に対する不安などではなく、将来のこと人間関係、お金等、全般の不安であったり、過去の失敗、トラウマなどにいつまでもしがみついているかもしれません。

うつ病を患っていて再発して自宅や病院でひたすら休んでいる期間が長いと、こんなことをしていていいのだろうか、いつまでこんなことをしているんだという焦りが出たり、いったい自分は何をしてるんだとか、余計なことを考えて不安になったりする、ということがよくあります。

うつ病の再発の兆候として何をしていても楽しくない、不安や焦りが大きく辛いばかりという気持ちになってしまうのです。

これだけ不安定な世の中ですので、不安になることは誰にでもあることなのでちょっとでも不安になると、必ずうつ病に近づくかというとそんなことは決してありません。

うつ病の症状として友人や家族に会いたくないことも

スポンサードリンク