うつ病を発症しやすい原因となりやすい環境は?

辛いと感じることや嫌だと感じるような環境は、どんなに小さなことでも積み重なるとうつ病」を発症する原因の一つになってしまいます。

うつ病患ってしまう大きな原因として耐えきれないほどのストレスがありますが、少しでも辛いとか嫌だと感じる環境が必要最低限のストレスを感じることに止めておくことが大切だと言われています。

スポンサードリンク



これは怠ける生活をする環境にいることを薦めているいるわけではありません

メンタル面にあまりにも極端に無理がかかるような状況から離れてストレスを上手にかわせる生活を送る
ことで、うつ病の発症を未然に防いでくれます。

うつ病がなぜ起こるかどうかはまだわかっていない部分がありますが、少なくとも単一の原因ではなく、複数の原因が複合的に影響することで発症すると考えられています。

遺伝的要因やストレスを受けやすい真面目な性格などにあわせて、外的なストレスなどの環境要因が作用することで発症が促されるとされています。ただし、同じような気質や性格、同じようなストレスを受ける環境にあっても全員がうつ病になるわけではないため、なりやすい人とそうでない人がいると考えられます。

スポンサードリンク




環境の変化は、うつ病の原因になることがあります。よく言われる外的要因には、大きな悲しみを伴う親や兄妹、姉妹などの身内の死、友人の死、ペットの死など心へのダメージを与えてしまう環境の変化です。

これらはうつ病を引き起こしやすいとされていますが、共に悲しみを超えられる人の存在も多いことから一時的な抑うつ状態で終わることもあります。また、他にも就職や転職、栄転、昇進、昇格など仕事の環境の変化によって発症することがあります。傍目には良い出来事に思える変化であってもうつ病を引き起こす要因になることがあります。

プラスの出来事でもマイナスの出来事でも環境が変化することで、ストレスの塊になってしまうと発症しやすくなります。

仕事以外では、結婚や離婚などのライフイベントによる引き金もあり、それに伴う妊娠や出産も男女ともに外的要因としてよくでてきます。他にも、近所との付き合いやマイホームの購入、引越しなど仕事関係以外での外的要因の方が種類も多いです

。さらに、がんになった人の2割から3割はうつ病を発症するとも言われています。普段の生活が大きく変わることがあった際に、心がそのリズムにのることができず、歪になってしまうことが発症の引き金になります。

ストレスの受け方や性格、それまでの過ごし方などが重なりあった結果、うつ病になることがあるため、原因を探すよりも回復後の再発を防ぐために知るようにします。

環境も克服するために重要

一般に病院ではうつ病の対処として薬を出されますが薬物療法だけであっさり治るのは初期段階であることが大半で症状を放置しておいて進行している状態だとなかなか短期間で元気になることは難しいことが多いようです。

うつ病の薬の服用では気分の不安定さを落ち着かせてくれて、幸福感を感じさせてくれるセロトニンの濃度を高めてメンタル面の安定が望まれますが、薬を飲むだけでは本当に克服することは難しいのがうつ病です。

いくらうつ病の薬を飲み続けていても、うつ病を発症した原因であるストレスなどの心因的な問題やストレスの原因の環境を取り除くことはできません。

薬には短期的に対処療法で気分を安定させてくれる期待はできますが、精神の安定を維持するためには心因的な問題やストレスになっている環境を解消していかなければならないと思います。
必要によっては自分から環境を変えてみることで人間関係も変わり良い方向へ行くこともあると思います。
この方法はうつ病を未然に防ぐことを期待できますが、うつ病の症状を克服するために大切だと思います。

例として仕事のストレスでうつ病を患ってしまっていたのならどこに原因があったのかを考えてみるといいと思います。

仕事をしている環境、人間関係、仕事の内容などが主な原因として挙げられますが、皆さんの心の負担になっていた事柄が分かったらそこから一度離れてみるといいと思います。

仕事の環境に対してストレスを感じていたような場合は、一人で仕事を抱え込みすぎていてしんどくなっていたのを誰かを頼ってみるとか、誰かに仕事を頼んでみる
とか、自分の負担を少し軽くなるように工夫してみましょう。
うつ病は生真面目で人を頼ることが苦手な方も多いですからうつ病を発症している人の中には「自分の仕事は自分でやらなければ」と思っている人が非常に多いように思いますね。

環境療法

うつ病の治療法の中にはこんな治療法があるの?という治療の方法があります。

うつ病においての環境の療法というのはうつ病になった原因が心理的葛藤、悩みなど心の問題からのうつ病のケースの時に対応されることが多い克服法で苦しい状況からいったん離れてみることでうつ病の症状から少しでも解放されようとするもので落ち着いて客観的に自分を見つめることが可能になります。

 自分の体験

自分の体験からの話ですが、23歳の時にうつ病を発病したのですが、ちょうど進路のことで一人でひどく悩んでいて、当時は一人暮らしでもあり、かなり毎日考え込み、一人で沈んだ気持ちでいたので、そのせいが一番大きいのではと思っています。

話し相手、相談相手がいればそんなこともなかったのかなと今でも時々ですが、思い出してしまいますね。
前触れとかは特に自覚症状がなかったのですがあとから思えば一人で悩みすぎていたんでしょうね。
今悩んでる方に対しては、症状がまだ重いと感じてないくらいであれば思い切った転換、引越しであるとか、苦手な人間から離れてみるとかができるのであればぜひそうされてほしいと思います。
しい方でも誰か、相談相手、話し相手を見つけてストレスを今以上に溜めないようにすることをオススメします。
自分も相談相手、話し相手が見つかってからの方が回復のスピードが速かったような気がしますね。薬の全否定はないですが、根本の原因までは薬では難しいですから、一人で抱え込むことはなるべく避けて欲しいと思いますね。
「真面目」「几帳面」「頑張り屋」「神経質」「正義感が強い」「責任感が強い」「完璧主義」「頼まれたら断れない」などといった性格はうつ病になりやすいと言われています。
皆さんもどれかにあてはまる心当たりはありませんか? 自分なんかは完ぺき主義傾向が強くあったように思います。
ストレスがうつの原因

 

スポンサードリンク



関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ