うつ病は家族へうつる可能性もある?

うつ病の方が一番辛さを抱えていることは大前提ですが、まわりで援助、協力する家族も色々複雑な辛さを抱えて生きています。家族内でもうつることがあるのでしょうか?

スポンサードリンク



そもそも何故うつ病になったのかがが分からなくてうつる可能性があるとしたらどう接したら良いかが分からない

早く治ってほしいという思いが強すぎてつい冷たい態度をとってしまったり

本心ではなくて何気に言ってしまった言葉でうつるかもしれないとか傷付けてしまったり今後の将来の見通しが立てずにどうしていいか思い悩んでいる人も多いと思います。

ケアしている家族の方にもストレスからうつ病がうつるのではと心配されるかたもいらっしゃるようです。

大事な家族のうつ病の症状の治療を援助、協力するには、家族の方自身が健康であることが大切です。
もちろん心身ともにという点がポイントです。
ストレスをなるべく抱え込まずに家族の方にうつるまでいかないように、うつ病の人を支えるために知っておきたいケア法をご紹介します。

うつ病はうつるもの?

うつ病を患っている方とコミュニケーションをとる時に、最初に心得ていて頂きたいことは「うつ病は病気である」ということです。
当たり前のようですが意外と忘れてしまっている方が多い認識ですね。

間違った認識でいると、ついついうつ病なんかうつることもなく気持ちの持ちようですぐに治るといった不用意な言葉を言ってしまいます。

そうして、こういった適切でない誤った対応が、うつ病の方の症状がうつることあったり、悪化させる大元となる恐れがあります。

こういったことでは家族が心配する気持ちが空回りしてさらに悪循環になり回復を余計に長引かせてしまいます。

うつ病はうつる可能性も少しはある病気であると初めに認識しておけば、うつ病の方のちょっとした言動に対してもこれは気分の問題ではなくて、症状なんだと慌てずに落ち着いて対処すれば家族にもうつるという心配をすることなく援助することができます。

スポンサードリンク



ただし、うつ病だから家族にもうつるかもしれないと深刻に受け止め、悩み過ぎる必要はありません。

過剰適応なほどの気使いは家族へうつる可能性を高め、うつ病を患っている方を余計に不安にさせます。

うつ病の方の治ろうとする気持ちを信頼して、いつも通り自然に接してあげることが大切です。

よほど忙しい時には難しいと思いますが、うつ病の方から話を聞いてほしいと言われることがあれば、数分でも十分なので相手の話に真面目に耳を傾けてあげてください。
この時に大事な事は大きな決断をせまるようなアドバイスは決してせず、話に共感していることを伝えることが肝心です。

どんな時にも自分の味方が、そばにいてくれているという安心感が、うつ病の回復スピードに大きく影響します。

家族が世話をあまりにもやりすぎると、うつ病を患っている方の何が何でも治ろうとする意志を損なってしまうこともあるので注意が必要です。
気分転換だと思ってよかれと食事や旅行に誘うこともうつ病を患っている方の負担になったり場合によっては家族の内の誰かへうつるケースもあるので注意しましょう。

私自身も家族や周りの方から色々もっと外に出て散歩でもしたらとか、人が多いところへどんどん出て行ったらとか言われましたがそれがそもそもストレスで実際には動くことが困難な時期もありました。

うつ病の時は甘いものが欲しくなるの?

うつ病を患っている時は、チョコレートなど甘いものを食べたくなる傾向があるとよく聞きます。

これは幸せホルモンと言われているセロトニンという物質を作るのに、糖分が必要だからです。
そうは言っても過剰に大量に摂取することは体に決して良くありません

自分自身もうつ病を患う前はお菓子はあまり自分から買うことはなかったのですが、お菓子等、疲労、ストレスがかなり溜まっていたせいもあって甘いものに目がいくようになっていたのでくれぐれも食べ過ぎなど注意してほしいと思います。

この頃は食欲も過剰に出ていて気持ち悪くなるほど、ご飯を大量に食べることもありました。

知人では糖脂血症にまでなった方もいらっしゃいました。

他にも、食事の量の調節や栄養管理をする目的から家族で一緒に食べたり可能な時だけでも一緒に料理をすることもおすすめです。

家族の方がうつるかもと気になる時は

家族の方が気をつけることうつ病の方の家族を支える上で、大切にして頂きたいことがあります。
それは自分自身が毎日少しだけでも良いので自分だけの時間を持つことです。

うつ病は完治するまでにかなりの時間、日数がかかるケースが本当に多いです。

うつ病の方のケア、援助する生活する期間が長引けば長引くほど、支える側の家族にも疲労がたまっていきます。
真面目なタイプな人ほど、うつ病がうつるのではというほど1人で張り切ってうつ病の方を支えようと抱え込んで頑張り過ぎて心身のバランスを崩してしまいます。
うつ病がうつることを避けるためにも一時的にうつ病の方から離れて自分だけの時間を持ってストレスを解消する時間も大切な事です。

私自身のケースで兄もうつ病でしたのでこの辛さは壮絶なものがありました。

家族の空気が重い時期が長く続きました。

決してうつ病がうつるといったことではなかったですが、家族内のうちで2人もうつ病の人間がいることは家族にとっても辛かったはずです。

趣味をたくさん持って遊んだり、友達と遊んだり、家族の方自身の心身の状態を元気に保つことが回復スピードの早さにも影響します。

家族のうちの誰かがうつ病になったら、家族として支えていくのはもちろんのこと、援助していきたい、自分と代わってでも早くどうにかしてあげたい、そんな気持ちになる家族の方も多いことでしょう。

でも気を遣いすぎて深入りしすぎると、家族の全員がうつ病という危険もはらんでいることがあることは意外と知られていないことです。

家族が部屋に引きこもって寝込んでしまうことに、最初は何が起きたんだろうと戸惑うこともあると思います。

私も同様の経験でしたがベットから起き上がることが困難でずっとベットで横になっていたのですが、うつ病になった家族を見て、どうにかしなければと焦燥感に襲われるケースも少なくないと思います。

うつ病そのものは、うつる病気ではないですが、家族がうつ病に引きずられてうつ病になる可能性は考えられます。

うつ病であることを気にしすぎて気負いすぎずに、100パーセントを家族だけで抱え込んでしまわないことが最重要と言えます。

うつることを予防するためには

家族の内の誰かがうつ病になってしまったら、まずはうつ病とはどんなものか知り理解することから始めてほしいです。

その時に重要なのが俗によく言われる頑張って早く治せとか言うような事を言うのではなく、うつ病の方への対応としてどうしてそうする必要があるのかまでしっかり納得いくまで話し合い理解することが大切です。

うつ病の事に関して何も分からないまま行き当たりばったりであれこれと動き回っても無駄に疲れてストレスをためこんで、うつる可能性を増やすだけになってしまいます。

うつ病の方のストレスを少しでも減らしてあげようとすることは大切ですが、同じようにうつ病を患っている家族の方のストレス対策についても考えておく必要があります。

家族の方のストレスがたまり過ぎて家族の方も同じように潰れてしまう事を防ぐためにも、時々はうつ病の方から離れてリフレッシュをすることは、とても重要です。

うつ病である家族のことが気になる時でも、何か趣味に熱中したりスポーツで汗をかいて発散をしたりなど、自分の楽しみをあらかじめ作っておいて自分自身に、うつることがないよう、見失わないようにしましょう。

私達だけ楽しんでいて悪いなぁという気持ちがあっても楽しむ時は思いっきり楽しんだ方が、うつることの予防にもなってメリハリもついて気持ちの転換になるので、そこは切り離して考えるべきです。

環境を整えてあげてうつ病の方がゆっくり休養できるようにするなど、うつ病の方が休養するのに必要なことを手助けする立ち位置です。

適度な距離感を持って接してほしいと思います。

うつ病のケアに疲れたと感じる家族の方へ

スポンサードリンク



関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ