うつ病でめまいの症状もあるの?どんな対策をしたら良いの?

うつ病を患っていると、めまいの症状があることもあるって意外に思われる方もいるかもしれません。

原因がよく分からないけど、なんとなく続くめまいの症状に悩まされてはいませんか? 病院でめまいの治療を受けているのに、なかなか症状がよくならないといった状態はありませんか?

スポンサードリンク



うつ病の症状でめまいがすることもあるの?

めまいの症状は、グルグル目が回る回転を感じるような症状のめまい、フワフワふらつく浮いているような感じがする症状のめまい、クラッとする立ちくらみのような症状のめまいの3つに大きく分けられるそうです。
あなたのめまいの症状はどのタイプでしょうか?

自分自身も少しめまいの症状の経験がありグルグル目が回っている感じだったり周囲がグルグル回っているように見えたり吐き気を感じたことも短期間でしたがありました。

ふわふわした感じでふらついたりまっすぐ歩くのが困難なのは急に症状が現れたりふわふわ揺れる感じや運動麻痺などの神経に関する症状が現れることもあるようです。

めまいは脳内に送り込まれる血流量が少なくなることで起こることもあります。

立ちくらみの経験がある方も多いと思いますが、このような事も原因の一つとしてあるようです。

脳内を正常な状態にするために、血流を良くする必要があります。

脳内の血流量が減って、糖分と酸素が十分に行きわたらないとめまいや貧血などの症状も起こりえます。

うつ病を患っていて自律神経のバランスが悪い状態ですと、交感神経と副交感神経があるうちの興奮状態の時の交感神経が過剰に働いて血管が収縮して、血行が悪くなります。

これだけ殺伐とした世の中でコミュニケーションも希薄な世の中なのでストレスもたまりやすくうつ病はもう数年前から増えていく一方です。

有名人でもうつ病の経験者が多数いるのは皆さんご存じかもしれません。

自分はうつ病経験者であるので今苦しんでいる方の気持ちが経験してない方よりは理解できると思います。
人に心の底の悩みを吐いてしまうことで精神的に落ち着いて緩和することもあると思いますので気軽にメッセージ頂ければと思います。
「うつ病」や「不安」などのこころの不調の症状が原因となってめまいが現れることもあります。

こころの不調の症状が原因となるめまいを“心因性めまい”と言うそうですが、病院で検査しても特に異常が見つからなかったり、めまいの症状の治療を受けているのになかなかよくならないような場合、耳の病気が原因で起こるめまいじゃなくて、うつ病や不安などのこころの不調の症状が関係している心因性めまいの可能性もあるようです。

スポンサードリンク




心因性めまいは、決して珍しいものではなく、めまいが起こって耳鼻科を受診した人の5~30%が“心因性めまい”と診断されているそうです。

うつ病などの症状そのものとしてめまいが発症しているタイプです。

なぜ、うつ病や不安によってめまいの症状が現れるかは正確には分かっていませんが、うつ病の状態や不安といった心理的な要因が交感神経に過度に影響を与えることが関係しているとも言われています。

うつ病の症状としてめまいが起きているケースは、耳鼻科でめまいの治療を受けても治らないと言われるケースも多いようです。

耳鳴り、めまいでお悩みの方はこちらの商品をおすすめします。
身内が実際に使っていた商品で改善した経験があります。

長い間めまいの症状が治らないでいると、だんだん、憂うつな気分になるということは当たり前のことです。

めまいの症状が出る前から、うつ病になりやすい傾向であった人が、めまいの症状をきっかけにその心理状態がより増えたといえると思います。

めまいの症状の治療に心理的な原因があることは重要なことですが、こころの病気をめまいの原因とするのは、問題があるような気もしますね。

耳鳴り、突発性難聴なども耳への血流不足が原因が多いと言われているようです。では、どうすれば自律神経が原因のめまいは防げるのでしょうか?

めまいの症状の解消にストレス解消を!

それはやはり自律神経のバランスを整えることですが、

・ストレスを溜めないようにスポーツなどで気分転換する。

・悩みは誰かに話すことで少しでも緩和させること

・起きる時間だけでも一定にして晴れた日には早朝散歩をしてみる

・少しお金がかかってもマッサージを受けてみて非日常でリラックスル時間を持つ

等の工夫が必要になってきます。

生きている限り、人は何らかのストレスを受けることが多く完全に0というのは難しいと思います。

そして全てのストレスが悪いものだというわけでもありません。

ただ、自律神経がストレスの影響を受けやすいものであることをよく知った上で上手くコントロールしようとする努力が欠かせないと思います。
努力と言うと重いですが、好きなことを一つは作りそれに熱中するのがいいでしょうね。
仕事や人間関係でストレスを抱えてしまっているのであれば好きなことをして気分を変えてみる

体を動かすことで血流も良くなり、心の状態も変わるので散歩をしたり、運動をすることも良いと思います。

食生活が乱れていると思ったら、栄養バランスの良い食事を摂ることを心がける。

夜更かしグセがあったら、早寝早起きするように切り替えてみる。
冷たい飲み物や食べ物を避け、身体を温めるものを摂る。

これらに気をつけることがうつ病でのめまいの症状などにならないことへの予防にもなると思います。

意外なことにうつ病とめまいの症状は関係があることもあるんですよね。パニック障害などの初期症状でもめまいが現れることがありますが、うつ病でもあるんです。
うつ病はやる気や自信喪失、自傷行為などを伴う心の病気で自律神経の働きと大きく関係しています。

うつ病というと眠れない症状の睡眠不足やメンタル面の違和感などがありますが、うつ病の症状でめまいを感じることもあります。うつ病を患うと体調全般の不調を感じることがあるので、少しでも何か違和感があれば全然自分には関係ないと思うのではなく注意してみることがとても大事です。

これはうつ病に限った話ではないと思いますが、トラブルの時には早い対応の方が早い解決につながることが多いような気がします。

今まで感じたことのない症状であれば、それはうつ病が原因かもしれません。めまいは貧血や眼精疲労が原因になっていることも多いため、健康的なものを食べたり目を休めるということも大事ですが、それよりもメンタル面の苦痛なことやストレスを感じているようであれば精神的なものからくるトラブルに目を向けてみましょう。

また、食事の栄養面にも問題があるような時は、健康的な食事を摂ることで体を回復させてみるのも効果的です。おいしい食事は身も心も元気にしてくれますから、うつ病のめまいの症状の改善にも役立つでしょう。

普段から食事が変則的で栄養が偏っているような問題があるような人であれば食事を変えて栄養をしっかり摂って元気を取り戻すようにもしましょう。うつ病を患ってしまうと精神的なショックから食べ物にもあまり興味を持てないようなことも多いので、食べることができるというのはひとつの進歩でもあります。

また、うつ病の場合は励ましの言葉や頑張る言葉が負担になることもあるので、良かれと思って「頑張れ」と言うことはなるべく避けて、できるだけゆっくり休むというのも良いです。

うつ病の症状は幸福感を感じるとされるホルモンのセロトニンという物質などの分泌が不足するなどして引き起こされることから、交感神経と副交感神経という自律神経のバランスが崩れた状態にあります。

自律神経のバランスがどちらかへ偏ってしまうと、心身の不調が色々な症状として現れることが多いので、めまいという症状が現れても不思議なことではありません。

うつ病を患っていることが原因で、めまいの症状が現れる場合は、その大元の原因になっている、うつ病を克服したほうが、めまいの症状も改善していくスピードが違ってくると思います。

うつ病と食事、栄養面は大いに関係があるのに意外と軽視されていることが多いです。具体的にどんな事に気をつけたら症状の改善にむけて有効なのでしょうか?

こちらのページで詳細を紹介していますので是非参考にされてくださいね。

食事を変えればうつ病の克服も早い!!

スポンサードリンク



関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ