うつ病の症状がある時は仕事しないほうが良い理由とは?

仕事やプライベートのトラブルから悩み続け過剰なストレスを長期的に抱えこんだ末に、うつ病を患ってしまって仕事をすることが困難になってしまった人も本当にたくさんいらっしゃるはずです。

スポンサードリンク



うつ病の症状が出ている状態で仕事をしても、仕事のミスがいつもより極端におかしくなったり、以前は普通に考え込まずに出来ていたことが出来にくくなってますます悪循環のサイクルに陥ってしまうことがとても多いようです。

まずは仕事のことはあまり考えず心身の健康回復を優先

うつ病の症状がある時というのは、自分の経験からですが、食欲が落ちてしまうので体力の低下や体重減少、なかなか決められないなど冷静に判断が出来なくなったりします。

うつ100

仕事ができなくなってしまう、あるいは退職しないといけないのかと焦ってしまうかもしれませんが、こんな状態の時に、今後の仕事のことを深く考えこみすぎたり、何か大きな決断を即することはやめておいた方が良いと思います。
判断力が落ちていて冷静さが普段より落ちている状態で行ってしまうと、余計に状況が悪化する可能性が大きいといえます。
 自分の体験からも言えますが、ちょっと良くなった気がするとすぐに働かなければならないという心理が働き、こうでなければならないというmustの心理が働いて動こうとしますが、可能であれば短期間でも仕事は休養して、 今までが無理して頑張りすぎてきた結果なんだと、どうせ人生は1回なんだから今はダラダラ過ごしても良いんだと、休むことを悪いことだとは思わずに笑顔で笑って過ごす時間が増えるようにリラックス出来る時間を多く持つことが大事だと思います。遠回りに思えることが実は近道になるんです。
スポンサードリンク



うつ病の症状が重すぎて仕事どころではない!

重いうつ病の症状を克服して仕事を再開して元気に働くのに必要なのは、自分の場合で言えば理解者を身の回りにたくさん固めてしまうことです。必ずうつ病のことを批判する人というのは一定数いるものです。

これは仕方ないことなので分かる人、理解者だけでグループを作ってしっかりしたチームのようにしてしまうことが理想だと思います。家族でも友達でも、誰でも構わないと思っています。

長い付き合いだから「この人は信用できるし、大丈夫」と思える人に変な遠慮をせずに心をオープンにして、自分がいかに辛いかを理解してもらいもらうと良いと思います。

うつ病の症状が出るまでいくということは何かしら感情の我慢をし過ぎていたことも大きいと思います。

ただ話を聞いてもらうだけでもスッキリした経験は誰でも何度となくあるのではないでしょうか。

その人の前で泣くことができるだけでも不安、緊張がとれて安心感に満たされて、回復を早めてくれます。

こんな風にして大切な人たちに力になってもらうことで、少しずつでも働く意欲も上向いてくる傾向が大いにあると思います。

それに、腹を割って本音で相談できる人がいるのといないのではかなり心境が違います。

今後の事全般、人生をどのようにしたらよいかについてもヒントがもらえるかもしれません。

毎日、朝、暗いうちから会社へ出勤して深夜遅くまで残業して帰宅してという単調でストレスの溜まりやすい生活パターンを繰り返している人は、いろんな趣味を楽しむ時間も無く毎日駆り立てられてきりきりしながらも同じ日常を繰り返していると虚しくなります。

この状態が短期間であればまだ良いかもしれませんが長期になることが問題ですね。

最初は誰しも自分がうつ病になるとは思わないのでこの危険な状態になる前にストレスはこまめに発散することがとても重要です。

気付かない間にストレスが積み重なって少しの事でもイライラしやすくなって普段は温厚な性格でも誰でも構わず爆発して、鬱になってしまうことも多いようです。

そこまでいってしまったら一旦、会社、仕事の事を忘れて離れて、一度自分が行ったことが一度もない場所に出かけてみることも良いと思います。

意外とそんなことでもスッキリすることも多く、悩んでいる時やストレスがたまっている時は視野が狭くなりがちになっているものです。

いつもと違う駅で降りてみて初めての道を歩いてみるとか、少し遠くの緑を眺めたり海へ行くなどしてみるのも是非オススメです。

これは効果が簡単に現れ、お金もそんなにかからないので一度はやってみるとよいでしょう。

とにかくいつも会社への出勤に使う電車や駅などを避けて現実とは違う景色を見ることによってストレスが大幅に減少することを体と心で分かると思います。

知人と一緒でも良いですが、あまり人に気を使う旅行というよりは日帰りで帰れる程度の距離が良いかもしれません。

うつ病までいったら基本は休職してほしいですね。

うつ病は心の病気という見方よりは「脳」の働きの機能障害とみるほうが多いようです。

ストレスで本来の機能より低下した脳を元気な状態に戻すためには、悪いストレスから出来る限り離れて休養でストレスを遠ざける方が効果的です。

仕事の上での苦手なタイプとの人付き合いのストレスや仕事の内容そのものがうつ病を患ってしまった原因だと考えられるなら、症状が重くならないうちに仕事は休んでしまうことが有効だと言えます。辛い事と戦うことが必ずしも偉いわけではありません。人によって得手、不得手があることは違いないですし日本人は休むことがそもそも下手なんです。

自分も車関係の仕事をしていてそうだったのですが、うつ病独特の辛い症状を持ったまま仕事を継続すると、まともな判断が出来なかったり、さっき言われたことを忘れてしまったり記憶する能力が散漫になり危険な目にあうこともあります。

実際に知りあいでもうつ病の薬の副作用のせいなのか仕事中にミスやけがをしたという話を聞いたこともあります。

どうしても休むことが困難ということであれば簡単な仕事に切り替えてもらったり短時間勤務が可能かどうかについて職場に相談して、心身の負担が今よりも重くならないようにしてもらいましょう。

うつ病11

 

うつ病の回復過程は、ある程度の時間と、日数がかかることが大半です。

必要な休職や完全休養の期間が半年から一年以上になることも珍しいことではないようです。

うつ病の症状が重く、なかなか良くならず仕事を休まざるを得ない期間が長期になると、焦って変にバタバタしたり、不安で眠れなくなったり御飯がまともに食べられなくなったりします

これは自分も同じ経験をしてますし、うつ病を患っている方ほぼ100パーセントの方に共通していることです。

家族の方、友人、知人も同様に心配するかもしれません。

職場での自分のポジションが変わったり、無くなったりするのではとか、周囲にこれ以上迷惑をかけられないとか、うつ病を患う方は生真面目な方が多いので最初は自信満々でも新しい仕事場の環境に今までの経験が生きずに適応が上手く出来ないかもしれないという心配で頭が一杯になります。

誰にでも物事が上手くいかないと焦りが出てくることはありますが、長期的に続くようだとうつ病のの症状の前兆にもとれることがあります。

早く仕事に復帰しようとしても、復職する段階でせっかくよくなりかけていたものがうつ病の症状が再発して、て会社勤めが難しくなって、 自分の場合には出勤しても短時間で帰宅してしまったりして仕事がまともに出来ない状態で職場の人に迷惑をかけてしまうので何に良いことはありません。

だから、少し調子がよくなったからといって、急いで慌てて何か重要で大きな事をするのではなく、本当に状態が安定するのを見極める心の余裕を持ってほしいと思います。

うつ病の症状は頑張って治すものでもないのでゆっくり落ち着いて判断することが重要だと思います。

うつ病の症状は、精神的なもの、身体的なもの、2つに分けることができます。精神的な症状としては、気分が落ち込む、悲しい気持ちになるなどの抑うつ気分、集中力の欠如や注意力の散漫などの思考力の低下、そして、やる気がない、世の中のことがどうでもいいなどの意欲の低下があります。

身体的な症状としては、深い眠りができない睡眠の質の低下、食欲の低下、しつこい疲れに倦怠感、性欲の低下、頭痛や吐き気などの諸症状などがあります。うつ病になると、こうしたものに悩まされるようになり、治療するには相当な時間がかかります。

とはいえ、うつ病であっても仕事をすることはできます。しかし、症状に苦しめられている時、どう仕事をしていくか、この対処を間違うと重大な問題を招くことになるため、我慢や軽視などは禁物です

例えば、手先を使う仕事の場合、集中力の欠如や注意力の散漫は致命的です。自由がきく職場、もしくは自営業の場合にはこうした症状が出た時には作業をやめ、マイペースを保って仕事をしていくことが求められます。また、良き理解者が周りにいることがとても大切で、その人がストッパーとなるような関係性を築き上げていくことが必要です。

うつ病を治していくにあたり、認知行動療法や投薬など様々なことをして、治していくことになります。

特に投薬の場合、精神安定剤、抗うつ剤などを服用することになるため、仕事中も眠そうな姿を見せてしまうことになります。仮に病気を理解していない人、知らない人がいれば怠けている、身が入っていないと怒りをあらわにする人がいてもおかしくありません。そのため、こうしたものを飲みながら仕事をしていることを伝えることが望ましいです。

しかし、薬を飲んでまで頑張るべきことなのかとそれ自体に疑問を抱く人も少なくなく、あまりいい感情を持たない人がいるのも実情です。それを踏まえて、薬を飲んでいることを周囲に言わない人が多く、結果として、重大な出来事を引き起こす場合があります。

例えば、営業車で得意先を回る場合、薬を飲んでいることを知っていればそのようなことはさせず、別の形で得意先を回るようにする、もしくは同僚に運転させるなどのことができます。しかし、会社としては飲んでいることを知らないため、普通に運転させ、結果的に事故を起こしてしまうということもあります。薬を飲んで働く人の扱いをどうしているかがとても重要なのは、こうしたことも関係しています。

心の風邪とうつ病は言われています。周りの人の支えなしにはなかなか思ったような働きをすることはできず、周りの人の協力が得られないと、そのことに悲観してしまい、会社を辞めてしまう人、もしくはその事実を知った会社から自己都合退職を促すところも存在します。

こうしたことを知ってしまうと、本当のことが言えず、ますます抱え込んでしまい、最悪の事態を引き起こすこととなってしまいます。精神的、身体的に問わず、何らかの変調がある時は会社に伝えることが大切で、それを理由にクビにすることはできません。

うつ病患者にもできることはちゃんとあり、与えられたことをなんとかこなしていく姿を見せるだけで、周りで働く人も納得します。まだ偏見を持って見られる傾向にあり、怠けているのではないかと思われがちです。

だからこそ、できることを最大限やってみることが大切ですが、無理は禁物です。腰が痛い、頭痛持ちと同じように、うまく病気と付き合っていくことが求められます。今までの状況を見直し、無理のない働き方、そして、生活習慣の検証などをし、完治に向けてやるべきことをやり、負担のかからない働き方を模索していくことが求められます。

仮面うつ病の実際の症状は?仕事へ影響しない方法とは?

スポンサードリンク



関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ