うつ病からの吐き気を解消する方法とは?

うつ病の症状としての吐き気とは?

うつ病の症状では、体のあちらこちらが痛くなることがある症状が出るケースがあります。

肩こり・筋肉痛・腰痛。中でも特に多いのは吐き気なのだそうです。

スポンサードリンク



うつ病改善コーチの渡部 啓二と申します。

うつ病は今の殺伐とした世の中で人と人とのコミュニケーションが希薄な世の中ではとても増え続けています。

有名人でもうつ病の闘病経験を打ち明けている方もいますよね。

自分はうつ病経験者であるので、今苦しんでいる方の気持ちが理解できると思います。

人に本音を話すことで気分が緩和することもあると思いますので気軽にメッセージ頂ければと思います。

うつ病が原因としての頭痛や吐き気などの体の痛みの元は、セロトニンが少なくなってしまうことで頭痛や吐き気が起きるとされていて、セロトニン減少とともに精神的ストレスも同時に受けることでうつ病から吐き気が起きると言われてますね。

この頭痛や吐き気が厄介なもので、うつ病の症状が他にあれば周辺の人も「最近様子がおかしい」と感づくのですが、うつ症状が軽度であれば、自分がうつ病だとは思えずに「いつもの偏頭痛」ぐらいにしか考えませんよね。

原因が分からない頭痛や吐き気、何年も整体に通っているのに、肩こりや腰痛が治らない人の中には、うつ病が原因である人が5人に1人はいるそうです。

スポンサードリンク




うつ病体験者の話

以前に読んだ、うつ病体験者の話では、患者さんは、うつ病の診断がされる半年前から起床のたびに頭痛や吐き気に悩まされるようになったそうです。

頭痛持ちが以前からあったので、最初は気にしていなかったそうですが、数か月経過すると吐き気が続きひどい痛みが頻繁に続いて病院の薬などはとても効果が期待できるものでもなく痛みがひどすぎて起き上がることも難しくただただ耐えるしかなかったのです。

仕事を休んでしまうと人に迷惑をかけてしまう責任感から仕事をし続けた結果どうやらうつ病の頭痛や吐き気は、うつ症状が出る前から、前兆としてはっきりと出ることがあるようですね。
激しい頭痛に異常だと気付いて、早めに専門医で受診をしていれば、もしかしたら倒れるまで悪化することはなかったかもしれません。

この方の場合の頭痛は、治療と療養を経て症状が良くなっても、精神疲労が溜まると「体がそろそろ限界だよ」と教えてくれるサインでもあるそうです。

前述でもあるように、うつ病の頭痛や吐き気は薬がなかなか効かないため、頭痛や吐き気の症状を和らげるのに苦労する患者さんが多くいます。

人により頭痛がどれくらのひどいのかは当然違いがあるのですが、深呼吸とストレッチ。首や肩に負担をかけないようにすること、軽いジョギングなどの運動で体を動かすことで頭痛が緩和することもあります。

しかも、この頭痛で感じる痛みには、薬の効果が期待できないので、患者は苦痛に耐えるしか方法がないそうで、ひどい肩こりやいつも通り食べているのに吐き気がしたり仕事中の頭痛は、身体が精神的にもう限界だよと知らせてくれているサインでもあると言えます。

これは、僕にも経験があり、痛さがひどすぎて、ベッドから起きることが難しい時もあり、薬を飲んでもまったく効かず、なにも手を打つ手段が見つからないので耐えるしかないという経験が何度かありました。言いようのない不快感で、きっとうつ病のサインではなかったのかと、これを書きながらも理解することが出来て深く納得できました。

ひどい肩こりや頭痛などがうつ病の症状の警告でもあるとは、人間の体とは自律神経など、全部がつながっているということが身を持って理解できましたね。

うつ病の症状を持っている人は他にも複数の症状を持っていて、吐き気や肩こりや頭痛などの痛みも感じているそうで、症状を複数患っているのだそうです。

責任感が強かったり、マジメな性格だと精神的に緊張しやすくその状態が続きやすい傾向があって、その緊張しっぱなしな状態が続くことで、筋肉の血管が縮んでしまって7その結果筋肉が硬くなり、血行が悪くなり、老廃物が溜まりやすくなり、肩こりになりやすく、それと並行して頭痛などの症状も悩まされることがあるようです。
人間は悩み事、不安に思っていることがあると、体を動かさず頭の中だけで考え込む時間の方が長くなりがちです。

そのような生活だと筋肉があまり働かないので、肩こりがより悪くなって痛さが増して、筋肉中の神経も敏感になって怒りやすくもなりストレスがエスカレートしてひどい肩こりに悩まされたりといった不快を感じる悪いサイクルを繰り返すこともあります。

僕も、当時は、背中や肩の強い痛みや頭痛等に悩まされていて、心身共に限界を知らせてくれて悲鳴をあげている状態だと思い出すと吐き気など、すべてが関連しているのだということが分かります。

自分が経験したうつ病の症状と照らし合わせても、大体合致していることにびっくりしますが、辛いのに頑張り続けてしまった自分に、もっと自分をいたわってあげようという気持ちもわいてくるので乗り越えたことは、本当に自分をほめたいと思いましたね。

自分の20代の時の経験が人の役に立つことは本当に嬉しく思いますね。経験者でないと苦しんでる方の本当の理解は難しいですしね。

気分が落ち込んでしまったり、なにもやる気がおきなくなったりという精神的な不調は誰もが経験したことがあるでしょう。しかし大抵の人はストレスを発散したり、時間の経過とともに改善されるなど、その不調が長引くことはありません。しかし憂鬱な状態が二週間以上続き、精神の不調が長引いてしまうことをうつ病といいます。

脳で働いている神経の伝達を行う物質の働きが、なんらかの形で悪くなってしまうのと同時に、ストレスや病気、生活環境の変化などが重なり、うつ病を発症すると考えられています。

環境の変化もうつ病の原因

また、人間関係や環境の変化などうつ病の原因度のストレスを受けることで、発症することもあります。例えば仕事の失敗や失業、転勤、身近な人との死別などがあげられます。うつ病になりやすい人のタイプとしては、責任感が強く、真面目で周囲の人からの評価が高い人に多く発症する傾向があります。

すべてを完璧にこなすのではなく、やるべきことから順序良くこなすなど、考え方を変えていくことも予防につながります。

うつ病の症状にはこころの症状とからだの症状があらわれます。心の症状として気分の落ち込みや憂鬱に加え、思考力の低下、注意力の散漫、意欲の低下などがあげられます。

体にあらわれるものとしては、不眠、食欲の低下、過食、疲労や倦怠感、生理不順などが見られます。またその他の症状として頭痛や吐き気があらわれることがあります。この頭痛や吐き気は、脳内の神経伝達物質の働きが悪くなってしまうことに関係していると言われています。

またうつ病を患うと、胃や腸の運動を助ける物質が減ってしまいます。このため胃腸が正常に働くことができなくなり、吐き気をもよおすと言われています。消化機能も低下してしまうため。

胃の内容物が長い時間、胃の中にとどまってしまうため、吐き気が生じるのです。便秘や下痢のような消化器官の異常も起こりやすくなるといえます。

うつ病の薬を服用していると薬の副作用で吐き気が起きることがあります。飲み始めて数日、長くて二週間ほどの間が一番副作用が起こりやすく、体が慣れるとともに少しずつ症状もおさまっていきます。あまりにも長期間続く場合には薬の種類を変えてもらったり、胃薬と併せて使えるという対処ができるので、医者に相談することが大切です。食事もおかゆや豆腐料理など消化によいものを食べることで改善されることもあります。

スポンサードリンク



関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ