うつ病の症状の時はどんな病院を選べば良いの?

うつ病の症状かもと思ったら相談だけでも病院へ!

落ち込んだ気持ちからいつまでも抜けきれないのはひょっとしてその症状は、うつ病かもしれません。しんどいのにまだ自分は大丈夫だと放置してしまうと、症状がより悪くなってしまうことがあるので、相談だけでも病院へ行ってみることがとても大事です。

他のことにも言えますが、悪いことがエスカレートするとそれだけ元に戻るには時間がかかり大変な目をすることになります。

なるべく自分の心身によりストレスがかかりにくいような病院を選んで通院できるところを選ぶようにしてください。

   スポンサードリンク



大半の方は子供の頃や大人になってからでもちょっと具合が悪くなった時に治療を病院で受けたことがあるでしょう。

うつ病を克服するには一体どこへ行けば行けば良いのだろうと思う方も多いですが、メンタルヘルス科や心療内科といった選択肢があります。治療内容大きく変わることはないので、あなたが通いやすいところを選んでください。

小学校の頃に学校へ行こうとすると腹痛や頭痛など拒否反応を起こしたことはありませんでしたか?

こんな例のようにストレスが元の身体の不調を治すのが、心療内科でしたが、現在では身体に明らかな異常を感じなくても受診することは可能です。

今のストレス社会ではうつ病への偏見は減少傾向にあるようです。それでも中には「精神科に通っている」とは言いにくい方もいるのではないでしょうか?その場合は、心療内科を受診してみてはいかがでしょう。

まずは一人で抱え込まず少しでも気になることや、分からないことは病院の先生に話して、不安や不満を残さないようにしてほしいですね。

スポンサードリンク



ここで大切なのが病院の先生といっても本当にいろんな方がいらっしゃるのでまずは複数の方に話を聞いてもらうことも良いと思います。

私の知り合いの方では複数の病院の先生に話を聞いてもらっているうちにかなり気分が楽になり、結局、投薬なしでほぼ改善したという方もいらっしゃいます。

早めに対応したことが良かったという典型的なパターンだと思います。

親身に話を聞いてくださる信用できる病院の先生、またうつ病の治療には、患者さんの家族の理解や協力してもらうことが必要です。

注意!うつ病を診てもらえない病院

名前に「神経」と入っていても、うつ病を診てくれる病院とは限りません。たとえば、神経内科や脳神経外科は、脳や脊髄、筋肉などを含めた神経系の疾患を治すために診察を受けます。うつ病の治療には対応していませんので、注意してください。

家族の方も「どんな風に接したら良いのか」と悩む場面も多いと思います。そんなときも、遠慮なく病院の先生やうつ病経験済みの私に相談してください。

自分の周りを理解者の集まりで固めることも出来れば良いと思います。

自分もまわりから散々、誹謗中傷的なことも言われてきました。

そんな経験から気づいたことは色んな人がいることは仕方がないことで

色んな考え方があって良いということです。

一つ一つを真剣にとらえて悩んでいたら余計にストレスで潰れますし、きりがありません。

うつ病1

 

うつ病は増加する一方でもう数年前から現代病とまで言われることがあります。

芸能人でも実はうつ病だったと語っている人を見たことがある方も多いのではないでしょうか?

自分はうつ病経験者であるので今苦しんでいる方の気持ちが経験してない方よりは理解できると思います。
人に話を聞いてもらうことで抱え込んでいた悩みが緩和することもあると思います。

心療内科と精神科って具体的にどう違うの?

例として自律神経の乱れという言葉を聞いたことがある方も多くいらっしゃると思いますが、最低でも1度は内科か脳神経外科に行って検査をしてもらってほしいと思います。異常がなければそれまでですが、未然に大きなトラブルを防いだり、重症にならないための早期発見の目的で一度は検査してみてください。

本来は病院は病気になってから初めて行くというより定期的に人間ドックを受けたりして異常がないかどうかをチェックする目的で利用したいものです。

大体は体や心に色々な不調の症状が出ているのに、検査では異常なしという場合に自律神経失調症と診断されることが多いようです。

自分が経験した中の病院の先生の中には自律神経失調症という風に診断せずにストレスが原因で胃腸に軽い潰瘍ができているとかといった言い方をされる病院の先生もいらっしゃいました。

人の心の問題を解決するのにそもそも病院の先生が分かるのか?民間のカウンセリングの方でもみんながうつ病のことをよく理解しているのか?或いは何科に行けばいいのかという疑問もあると思います。

自分も早く治りたい一心で藁にもすがる思いで本当に色んなところへ行きました。

心療内科、脳神経外科、内科、鍼灸、マッサージ、など他にも色々行きましたね。

内科へ行った際には本当に軽い胃潰瘍、大腸にも軽い潰瘍が見つかりました。

自分のこんな経験があるので余計に早めの対応、予防するために病院でのチェックが必要だと思います。

心療内科と精神科の違いってそもそもどこにあるの?と考える方もいると思います。

また「自分はいったいどちらへ行くべきか」と悩む方も多いと思います。

名前が似ているものとして、精神科・心療内科・神経科・神経内科などがあります。

病気の種類によってかかる場所も違ってくると思います。

心療内科の場合は主に心身症を扱うと言われています。

心身症とは体の病気のことなので、体に症状があることがメインになります。

簡単に言ってしまえば、心に原因があっても体に症状が出ている状態は心療内科です

例えば自分自身が経験した精神的なストレスが原因の胃潰瘍や大腸の炎症などがそれに当たると思います。

自律神経失調症は、まずは心療内科で問診してもらうことが良いかもしれません。

精神科は、精神疾患を専門に扱う科です。

分かりやすく言ったら、心の症状がある場合が該当すると思います。

心の症状は、不安感がとれず常に憂鬱な気分や寝つきが悪く朝方まで寝返りを繰り返すとか、寝付けず早朝に目が醒めてしまう、イライラしたかと思えば今度はひどく落ち込むことが増えてきたなどがあります。

投薬だけでなく病院の先生とコミュニケーションを

身体の病気の時と同じように、心が何だか不調な症状の時も一番大事なことは「ほっと安心して休息する」時間を持つということです。

心の不快感で食欲が減ったりなんとなく元気がなくなったとかこれは自分も経験ありますが、疲れすぎて喋ることが面倒になり口数が減ったり今まで楽しめていた趣味に興味を示さなくなったり、ため息の数が不自然に多くなったり、なんだか最近は眠りが浅くてすっきりしないとか今までの行動と違ってきます

言葉だけでなくやさしい対応気づかい等小さなことでも、苦しむご本人にとっては安心感を与え、家庭でゆっくり過ごせる時間を作ることができます。

是非ご本人のお話をゆっくり聞き役に回って聞いてあげてほしいです。

どんなにストレスが緩和されることでしょうか。

その際に気合で治せとか、早く仕事へ行けなどと一方的に責めるような言い方はせずに、まずはうつ病を患っている本人が一番言いたいことは何かを理解しようという姿勢が大切です。

ただし、ご本人があまり話す気がないような様子が強い時は、無理に聞き出す必要はなく、「話したくなった時に話して」という気持ちを伝えると良いと思います。

そっと見守っている、という感じが良いと思います。

うつ病は誰にでも起こる可能性のある病気です。暗くて内向的な性格の人ばかりがなるのではありません。症状は様々です。初期の分かりやすい兆候としてなかなか寝付けない、寝てもすぐに目が覚めて眠れない、早朝に目が覚めてしまう等の睡眠障害がよくみられます。

あとは胃腸障害として、胃痛や下痢や食欲不振でやせていくことが多いです。仕事や人間関係などのストレスで自律神経の働きが乱れ、交感神経と副交感神経のバランスが崩れるからです。例えば、会社での人間関係や夫婦の問題で繰り返される言い合いのトラブルにより常に興奮状態だと、夜は本当は副交感神経が優位になって眠たくなるのに、交感神経が優位になって眠れないのです。

興奮状態、緊張状態が続くと交感神経優位になり、胃液が増えて腸がよく動くので胃痛や下痢になります。ひどくなってくると、会社に着いた途端に気分が悪くなって引き返したり、家から出られなくなったりします。家で押し入れや部屋の隅に1日中じっとしている人もいます。体がだるくて何をする気もおきないのです。

私も過呼吸の経験がありますが、うつ病からパニック障害や過呼吸発作になる人もいます。仕事や夫、妻のことを考えるだけで不眠や胃腸症状がでます。腰痛などがある人はうつ病によって痛みが激しくなります。原因不明の腰痛は実はストレスによるものだという医師もいます。

記憶力や注意力もなくなってくるので、簡単なことが覚えられなかったりして、ミスをしてまた怒られて悪循環に陥ります。

 

 

 

まずはストレスから離れることです。仕事が原因なら休む、夫や妻が原因なら実家に帰る、友達の家にいくことです。夫や妻と一緒に心療内科を受診するのもいいかもしれません。医師からあなたの態度が原因だと言われれば、反省して態度が変わるかもしれません。
病院選びはまずは内科や整形外科など、日頃からかかっている医院に相談してみたらいいでしょう。性格をよくしっているので、その人にあった医師のいる心療内科の病院を紹介してくれます。

じっくり話を聞いてくれる先生と、淡々と聞いてさっさと薬をくれる先生とがいます。患者と医師は相性があります。とくに心療内科は相性があわないと治療が進みません。とはいえ余りにも待ち時間が長いのもうつ病の人にとっては苦痛です。やっとのことで外出して受診したのに、1時間も2時間も待っていてはかえってよくありません。

薬の数が少ないからいい病院とはかぎりません。個人個人にあった薬をいろいろだして量を調節してくれるいしもいます。新薬ばかりを試すように処方する医師もいます。たいていは抗うつ剤と安定剤を少ない量から始めていきます。勝手に自分で量を調節せずに、かならず毎日抗うつ剤は飲んでください。

うつ病は良くなっても再発することがあるので、少なくとも1年ぐらいは薬を飲み続けたほうがいいです。安定剤や抗うつ剤で激しい腰痛がうそのように改善したり、急に食欲がでてきて太ったりします。

症状がよくなれば、抗うつ剤は少しずつ量を減らします。診断書があれば、仕事も休職できます。うつが原因で仕事を辞めることになれば、場合によっては労災認定されて、よくなるまで傷病手当がでます。

うつ病は誰でもなる可能性あり!!

うつ病は現代人にとって増加傾向にある病であり、誰でもかかりうる病気です。

自分でも何となくうつ病かなと感じたり、家族や周囲の人がそう感じていて病院への受診をすすめたいと言う場合に、一体どこへ行ったら良いのか迷ってしまうことも少なくありません。

そもそもうつ病には様々な症状が現れます。例えば精神的疾患の代表的な症状に、何事にも意欲がなくなる・イライラする・ボーっとしてしまう・口数が減ると言った事が挙げられます。一方肉体的疾患には、朝なかなか起きられず日中も常に眠気に襲われたり、頭痛や倦怠感・微熱が出ると言った症状が現れます。

しかし本人がうつ病を自覚する頃にはかなり進行していると言われており、初期は単なる疲れやストレスによるものであると思い込んでしまう人も少なくありません。

そのため何となく疑わしいと感じたら、早いうちに病院で診察を受けることをおすすめします。治療の開始が早ければ早いほど症状が軽いため治療機関も短くて済み、社会復帰も早くなります。

まずうつ病は、精神科医の専門分野になります。しかし診断の確定はかなり経験を積んだ医師でも難しいため、1度きりの診察だけではなく数回から数か月の間経過観察をした後、精神疾患であると確定をします。

その為、何回か通うようになってもいいように、なるべく自宅から近い場所、あるいは問題なく通える範囲にある病院を選ぶことが大切です。

また症状は、日によって軽かったり重かったりと安定しないこともあります。重くても通える範囲にあると、困ることがありません。もし他の疾患を抱えているのであれば、総合病院を選ぶようにすると他の診療科とも連携が取れるため診察がスムーズです。

そして何よりも大切なことは、医師との相性が挙げられます。自分と馬が合う医師と出会うことが出来れば、治療の効果もさらに大きくなると言えます。世間では評判が良い病院でも、自分と医師とが相性が合わないことがあります。

自分ときちんと向き合ってしっかりと話をきちんと聞いてくれたり、むやみやたらに薬ばかりを処方しない医師が望ましいと言えます。名医と呼ばれる医師であれば、何回か診察を重ねていくうちに患者の不安を取り除き、次第に心を開いて話しが出来るようになるはずです。

信頼関係が結べるようになれば治療にも専念出来るようになり、穏やかな気持ちで病と向き合うことが出来るので、早めの回復も見込めるようになります。

病院にも合う、合わないがあるの??

うつ病を克服するために病院へ通うことが余計にストレスで苦しくなってしまうことを避けるためにも、病院選びはとても重要です。人間関係も同様ですが、自分に合う、合わないはいやが上でも出てくることです。病院を探す際はこのようなことをチェックしみるのも良いでしょう。

家から通えるような距離にあるのか、少しも話しやすそうな雰囲気が出ているのか、お医者さんと看護師さんもしっかりコミュニケーションが出来ているのか。

最近では病院の評判もSNS上で口コミが沢山書かれているので参考にすることもできますが実際に時分に合っているかどうかは診察を受けてみないことには分かることではありません。もし、少しでも雰囲気が合わないと感じたら無理するのではなく他を当たってみることも良いでしょう。

気分が沈んだ状態からいつまでも抜けきれないようなら一人でポツンと部屋で考え込み続けるのではなくネット上のカウンセリングから始めても良いでしょう。

うつ病を克服するまでの日数は個人差がとても大きいのであなたがストレスをより受けにくいような相性のいい病院を選ぶことは大事です。

診断書に関してはすぐに発行されるのか心配な方もいらっしゃると思います。

↓ こちらのページで詳細を説明していますので是非、参考にされてみてください。

うつ病の診断書って病院で簡単にもらえるの?

スポンサードリンク



関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ