眠気に悩まされるのもうつ病の症状なの??

うつ病で必ずと言ってもよい共通している症状で不眠や眠気など睡眠に関わる眠気もあります。

 

スポンサードリンク



うつ病に特異的といえる眠気の症状は存在しませんが、中途覚醒(夜間に何度も目覚める症状)や熟睡感の障害(眠気はあるはずで時間的には眠っているのによく眠れた感じがしない、眠りが浅い症状)はよく訴えられる症状です。

また、入眠困難(眠気があるはずなのに寝つきが悪い)や早朝覚醒(目が覚めるのが早朝、その後眠れない症状、眠気が少しはあっても)がみられることもあるし、これらの睡眠障害の症状が重複することもあります。

逆にいくら眠っても眠気があって仕方がないといった過剰睡眠や日中眠気が強く出てしまう不眠の症状になることが訴えられることもあります。

不眠の症状

不眠の症状・睡眠障害の症状を訴える人の殆んどは、短い睡眠時間ではなく、眠気はあるはずでも寝たいときに眠れない、寝ようとしても眠れない入眠困難の症状、目が醒めてしまうと再び眠りにつくことができない症状、朝眠くて起きられない症状、日中も強い眠気に襲われる、といった問題が主にあり、過眠の症状は精神・神経の健康にとって、睡眠不足よりもっと有害と思った方がいいそうです。

 過眠になると、浅い睡眠ばかりになり睡眠が浅いと起きている時も意識が低くなりがちで、起きているときも覚醒が十分ではなく、いつも眠気がひどくてたまらない状態になってしまいます。
眠気がひどく寝れば寝るほど眠くなってしまい、朝起きられず日中も眠すぎて眠気に襲われ活動できなくなってしまいます。

スポンサードリンク



寝れば寝るほど眠気に襲われる

寝れば寝るほど眠気がひどい症状に襲われるようになる。これをお医者さんも患者本人もうつ病が余計に悪くなってしまったと思いこんでしまうことが多いようです。病気自体が余計に悪くなるのではなく、良くない休養の取り方によって、うつ状態が酷くなるようです。

基本的にはストレス解消が上手くいかず溜まりすぎて眠れなくなるのが、うつ病の状態に近づく過程であると言えますが、うつ状態が長期間続いて動けなくなり休んでしまうと過眠に陥り悪化し悪循環になってしまいます。

うつ病の人は具体的な趣味もない、今は好きな趣味をとてもじゃないがやる気がない、テレビを見ても面白くない、散歩など少し出かけるのも面倒くさく身体もずっしり重く、とても人に会う元気がない、人間関係がわずらわしく、沢山人がいる場所を通るだけで気疲れしてしまう、などといった状態の症状にもなりがちです。

だからといって、何もしないでいるのは、余計に具合が悪くなってしまいます。

うつ病の症状は単純に休養だけすれば良くなるわけではなく、もちろん長く寝れさえすれば良くなるわけではありせまん。うつ病の改善のためには、休養と適度な活動が良いと思いますね。

眠れない方への悪化と眠気がひどく寝過ぎるほうへの悪化がありますね。

眠れない方は不眠とか睡眠障害とか言われる症状で寝付きが悪い、眠気があるはずでも夜中に起きる、3つの大きな症状として早朝に目が覚めてしまうことがあります。

眠気があっても睡りが浅いという症状も不眠の一種。ただし、不眠症とは違って全く眠れないケースはまれですね。

寝過ぎる症状の方は、ズバリ過眠。昼まで眠気がひどく眠いとか一日中眠いとかです。

ストレスの処理を脳は睡眠中にするので、睡眠が悪くなるとうつ病の症状が進みやすくなる。

睡眠には「深いノンレム睡眠」「浅いレム睡眠」がありますが、うつ病では深い方がなくなってしまうのが特徴と言えます。

脳を休ませるはずの深い睡眠なのに、これがなくなるから脳が休めなくてうつ病の症状が悪化するんですね。

うつ病の思考障害のひとつは、思考停止と呼ばれたり、「考えが前に進まない」とか表現されるように、思考の進み方がにぶくなるものが多かったりします。

健康なときには、普通に考えが浮かんで、手際良く物事を処理できていたのに、うつ病の症状になるとそれが思うようにできなくなるのは、考えが抑制されてしまってしまうという症状によるものであると考えられます。

うつ病で生じる思考の障害のもうひとつは、悲観的思考と言われ、うつ病を患ってないときには考えられないような良くない考えに振り回されたり、自分を責めたり、悪いように考えてしまうということです。

子どもの行動を大丈夫かと過敏になって心配しすぎて、悲観的に将来を決めつけてしまったり、会社での小さい出来事が、とんでもない破滅を引き起こすのではないかと心配してしまうこともあるようです。

うつ病の方は自然に悪い方へと考えてしまい、その考えを自分では修正することができません。

自分をマイナスのほうへ考えてしまって自分を過小評価してしまいます。このような悲観的思考が高まると、「もう仕事なんか辞めてしまいたい」と思ってしまったり、「死ぬしかない」と考えてしまう思考へと発展することもあります。

自分の体験

自分の不眠の体験もすごいものでしたね。

上に挙げた寝つきが悪いとか、早朝に目が覚めるとか全て経験しましたね。

朝方まで何回も寝返りをうって朝方に睡眠薬を使ってみたりしても効果がなかったり、結構めちゃくちゃでした。
寝つきがよくなるまでだけでもかなりかかりました。

本当に少しずつの回復でしたね。日中はとにかく歩いたり、朝は同じ時間に起きて、昼間はなるべく横にならないとか生活をなるべく元気な時のように近づけるように意識してました。

不眠の時期は毎日悪夢に襲われたり、とにかく辛い日々でした。考えがまとまらなかったり、常に緊張状態であったりとかその当時は話相手もほとんどいなく孤独感を感じる毎日でしたね。

精神的な疲労より、肉体疲労が上回れば、眠れるものと聞いたことがあったので歩ける時は歩くことを日課にしてました。

眠気が自然に来るまでにかなりの日数がかかりましたが、本や人に聞いたりしたことは素直になってためしてみるようにしていました。

うつ病と眠気が必ず繋がるわけではないですが、自分で睡眠の質が何か違和感があるなと感じたら早めに生活習慣を正しく切り替えてみるとか、とにかくいろんなことに当てはまると思うのですが、対策は早めが肝心だと思います。

睡眠時間が短いとか、睡眠の質が悪い事が原因となっていることも少なくありませんが、病気の可能性もあるでしょう。

日中のひどい眠気は大きな事故や仕事のミスなどにもなります。
強い眠気に悩まされている人は、体の病気、脳梗塞など脳の病気かどうか、確かめてみることもいいかもしれません。

睡眠の質には個人差がかなりあるのは確かです。年齢によってもかなり違うと思います。5、6時間の睡眠で十分な人もいれば、10時間以上寝たりするのが普通でそうしないと寝た気がしない人もいるでしょう。

どのようなパターンでも朝起きた時にスッキリ感や熟睡感があり、日中の活動が生き生きとできれば問題はないと言われています。

自分の経験でも短時間睡眠でもすごくスッキリしたこともあるのでこれは確かにそうだなと思いました。

でも問題なのは「いくら眠っても十分な感じがしなくてもっと眠りたいとか「長時間、昼寝をしても眠気がほとんど取れない」となると、普段の生活で何らかの支障が現れてくる傾向があるかもしれません。

日中の眠気がひどい時の対策としては、まず夜の睡眠が浅くなっている可能性を考慮したいところです。

もし深夜の時間帯に、途中で目が覚めることが頻繁にある場合、食事習慣を夜間の眠りが深くなるように、定期的に運動を続けること、そしてストレスを溜め込まず発散するなど生活習慣を是非見直してみましょう。

寝る前にはお酒、コーヒーなどカフェインを含んだもので、睡眠の状態を変化させる可能性のある物質はなるべく控えたほうがいいと思います。

また日中の眠気対策で時々自分がやっていたのはトイレなどで手を洗う時に「肘」まで洗うことでした。
「肘」まで洗うのでちょっと大変ですが、空調が暑くてボーッとしてしまう時などには効果はかなり感じました。

応急処置的な感じがあるかもしれませんが、爽快な気持ちになれました。

眠気がひどかった気分もスッキリ解消できてどこかに消えてしまいます。

ひとりでドライブ中なら「大きな声を出す」のもたまにやっていましたね。

無言で硬くなっているとますます眠くなってしまいます

運転中などひとりの時は誰にも迷惑をかけないので声をだして眠気を打破しましょう!

体温は目が覚める少し前か上がり出して、20時頃にピークになってその後少しずつ下がっていきます。
眠気は体温が下がる時に強くでるので、夕方にランニングをした後にお風呂などで体温を適度に上げておけば、1時間くらい後には体温が適度に下がってくれて寝付きがよくなります。

目覚めているときにたくさん使って疲労しきっている脳を休ませることが睡眠の目的の一つだからです。

睡眠のタイプ

スポンサードリンク



関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ