その自覚ある症状はうつ病かも!

うつ病の自覚する症状

うつ病の自覚できる症状は強いゆううつな気分とともに、意欲が出ない、考えがまとまらないといった精神的な自覚できる症状と、眠れない、疲れやすいなどの体に現れる自覚できる症状が長く続き、日常生活に支障が出てしまう病気です。

スポンサードリンク




うつ病は脳内にあるセロトニンという心のバランスを保つ作用のある物質の働きが減ってしまうことが原因と言われています。

年々患者数が増加している病気で、日本人の15人に1人が一生のうちで一度はかかるという調査結果も報告されています。

うつ病は心の弱さが原因で起こるものではありません。

しっかりと適切な治療を受ければ治すことができる病気です。

うつ病の自覚できる症状を緩和させる治療で一番大切なのは心と身体の休息です。

うつ病の方で自覚が出るくらい頑張る方は休むことに罪悪感を感じてしまい、休息をとらない方が多いのですが、まずはしっかりと心と身体を休めることが治療においても重要です。

病院での治療は主に抗うつ薬という、うつ状態をおさめる薬の処方と、患者様の悩みや不安をしっかりと聞く支持的精神療法を行います。

でも今でも大量に薬を服用される方が多いですが、個人的にはどんなに症状が重くてもそれは多すぎる気がしますね。

副作用と、うつ病そのものの症状がダブって自分が混乱した経験があるので余計にそう思いますね。

スポンサードリンク



薬の量に関してはよく相談をしてから決めて欲しいと思います。

食欲の低下、疲労の蓄積、睡眠不足の症状を起こしてしまいます。

挽回しようと無理を重ねては、階段を這って登るように進んでいくと思います。

しかし最近では誰でも起こりうる病として認知され、治療方法も日々新しいものが出てきています。

うつ病は治る病気です

早期発見して正しい治療をすれば、社会生活も問題なく送れます。
しんどいのに放っておくと、克服するまでにかなりの時間がかかり、周りの方の助けも必要になってきます。

うつ病は自分でも気づきにくい上に、少しずつ進行が進んでいってしまう病です。

初期段階では自覚できるくらい食欲が低下したり、疲れやすく、睡眠不足の自覚の症状を感じるようになります。

この自覚できるくらいの症状が現れた時、多くの人は単なる疲れと感じ、余計に無理をしてしまいます。
その都度心身に負担がかかりストレスとなり、うつ病は進行していくのです。

表情が常に暗く感情表現が乏しくなってぼんやり考え事をしているような時間が増えて仕事や家事をするのも困難なほど自覚出来るくらいになってしまいます。

自覚の症状が悪化すると危険

うつ病は、自覚できるくらい症状の悪化が進むと命の危険もある為、家族や親しい友人たちに協力出来る部分はしてもらって共に向き合わなければならない病気なのです。

朝起きられない、食事が摂れない、頭痛、下痢、めまい、耳鳴り、ふらつき、眠気、呼吸困難、動悸など、人により多様な形で身体が自覚して反応してきます。

自覚できる精神疾患のうつ病は、気持ちがめいったり、不眠症になったり、さまざまな症状が表れます。咽喉頭異常感症と呼ばれており、のどの痛みや不快感を生じるのも特徴です。

うつ病の初期症状として発生する咽喉頭異常感症は、風邪やインフルエンザと間違われることも多いようです。心当たりがないのに、痛みや不快感が継続するようならば注意です。

自覚する症状を紛らわせようとしてアルコール・薬物依存症に陥るケースもありますし、子供のケースだとイライラ、抑うつ感、不安感を紛らわせるために非行などの問題行動をおこすこともあります。
お子さんの場合は、親の観察が必要になりますね。

 

うつ病の克服に向けての治療がなかなか上手くいかないとか、再発を複数回繰り返してしまうとか、このような苦しみを数年間繰り返している方もとても多いと聞きます。

注意しないといけないこととして実はうつ病以外の病気である可能性も少なからずあるということです。

病院ではうつ病と診断されていても3割弱の方は実際には双極性障害だと診断されるケースもあります。

原因としては

気分が普段より高揚する躁状態であることを本人は自覚していないとか軽いうつの状態の時に病院でうつ病と診断されてしまうなどが原因としてあるようです。

それでは自分自身が双極性障害なのかそれともうつ病なのかを判断するにはどうしたらよいのでしょうか?

双極性障害とうつ病の違いについて

双極性障害とうつ病の大きな違いとしては病気の発症する年齢の違いと再発が多いか少ないかにあるようです。

うつ病と比較して双極性障害は患者の年齢が低いということがあるようです
特に言われているのが20代半ばまでで病院でうつ病と診断された場合は、双極性障害の可能性も疑ってみる必要があるかもしれません。

ただでさえ、うつ病は再発率が50パーセントくらいはあると言われている病気ですが、双極性障害はさらに再発する確率が高いと言われている病気です。
これは目安ですが、うつ病の再発を4~5回以上繰り返している場合は双極性障害の可能性も疑ってみる必要があります。

他にも、家族に双極性障害と診断された方がいる場合はご自分自身も双極性障害であるケースが多いそうです。

では双極性障害だった場合には克服に向けてどのような治療が行われるのでしょうか?

双極性障害の克服に向けた治療でも、うつ病と同じように薬物療法が基本となります。

うつ病と双極性障害の見極めは非常に重要だと考えられます。
何か特別な事をするのではなくて

睡眠時間が変速的であればある程度規則的に変更してみるとか人が多い場所を避けるとかさらに肝心な休養を十分にとることを徹底すれば重症化を防いでくれます。

睡眠は特に重要で何時間必ず寝ることが重要というよりはぐっすり深い眠りにつくことが大事なので寝る2時間くらい前にはテレビやネットをやめるとか風呂に入った温もりが完全になくならないうちに布団に入るとか寝る準備を事前にすることをオススメします。
さらに質の良い睡眠を摂るためにも飲酒は控えることをお勧めします。

また刺激の強い場所に行ってしまうと、躁状態があらわれる引き金になります。
人が多い場所などに行った後は、きちんと休む時間を作りましょう。
心だけでなく、体も疲れさせないことが大切です。

元々がうつ病を患ってしまう方は几帳面とか真面目とか本来が良い性格で頑張り屋の方が多いのでさらに「頑張れ」と言っても逆効果になる可能性が高いです。

学校や職場で頑張り過ぎの方がいたらまわりの方も声かけしてあげたりすると良いと思います。

いずれも早い対応が重要ですね。

他には聞き役にまわることを大切にしてほしいと思います。

良かれと思って皆さん、アドバイスなど口をはさまれる気持ちはよく分かるのですが、うつ病を患っている方は頭では分かっていたとしても心と体が疲弊していて動けなくて悩んで辛いのです。

聞き役に回った方が、本人さんも自然に話しやすいので是非、「かなり辛かったんでね」とか「頑張り過ぎたんだね」とか共感するようにしてください。

怠けないで!という言葉も注意が必要です。

うつ病の方は表面上は病んでいるように見えず普通に見えたりします。

うつ病を自覚してない方との気分の落ち込みとは区別してもらえず、うつ病を理解してもらえないという意識を持ちがちになります。

しんどいのは誰も一緒だよとか、誰にでもあることだよというのも危険ですね。

あとどのくらいで克服できるの?と焦りを誘うような言い方も極力しないように注意されてください。

自覚しやすいのは40代以降が多い!

うつ病あるいは、軽いプチうつのような症状として自覚しやすいのは特に男性の場合で言えば、40代以降の割合が最自覚する人が多いと言われています。

40代くらいになってくると仕事では責任あるポジションについたりして、やりがいはある半面、ストレスに苛まれて疲れが抜けにくいことを自覚するとか、普段から運動してない人は体力的にも明らかに衰えてくることを自覚するし、プライベートで家庭がある方は家族の成長と共に抱える悩みが変わってきて、家族への責任も増えてくることを自覚するでしょう。

子供さんが複数いれば学校の行事や塾へ行くにようになったりして、家を購入している人だと家のローンを払っていくというのもストレスの原因として自覚するようになっているのではないでしょうか。また40代以降ともなれば親も年を重ねていくので介護など将来のこと、配偶者との離別こんな問題を沢山経験していく年代でもあります。

平日は過半数の方が何かしら仕事をされているので仕事をこなしながらこのようなプライベートでの責任も果たしていかなければならないというのは大変なことです。

最近では「イクメン」と言う言葉も聞くようになりましたが、男性でも子育てに積極的に取り組めるようにこれからは働き方を見直す企業も増えているようなので家族で過ごす時間が少しでも増えると良いと思います。

仕事の面でもこれだけ不況な世の中ですので変化がとてもいつ誰がどうなるか分からない世の中を生きています。

人とコミュニケーションとれてますか?

スポンサードリンク



関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ