沢山あるうつ病の薬の種類とその効果とは?

うつ病と言うと心の病だと思われがちで、薬を服用することに抵抗や無意味さを感じる人も少なくはありません。しかし病気になっているのは心を司るといわれている脳なので、脳の神経伝達系に不具合が生じている状態であるというのが真実です。脳の不具合を気合や根性でどうこうするというのは不可能なことです。うつ病の薬には沢山の種類がありますが具体的な効果とはどのようなものでしょうか?

スポンサードリンク



うつ病は脳に過剰なまでの負荷がかかってしまって患ってしまう病気でもあるので、気分がどうにもならないほどに落ち込んで動くことさえままならない、自分の感情や肉体を自身の意思通りにすることができないといった状態になりつつあるのであれば一度、診察を受けておく必要があります。

うつ病の薬ってそもそもどういうもの?

うつ病と診断された際に処方される薬はどんなものでどれだけ数があるか、というのは状態によって異なり、種類も多く存在します。抗うつ薬は単純に落ち込んだ気分を高めるものだと思われがちですが実際にはそうではなく、脳内の神経系の機能が正常に機能するように促すものです。

分泌過剰なものを抑えたり、機能の鈍っている場所に作用するように作られているのでそれなりに副作用がありますが、開発が進むにつれてそういった副作用の出やすさというものも改善されつつあります。

スポンサードリンク



抗うつ薬には開発順に区分があり、症状や体質などから処方されるものが変わってきます。
開発順であれば新規開発された薬が一番いいのではないかと思われがちですが、そういうわけではありません。

体質によっては効果の出方が異なる上に副作用などの症状の重さなども変わってきます。新規抗うつ薬では効果が得られにくいから三環系を使用してみるということや、副作用の軽いものを複数組み合わせて服用するといったこともあります。

新規になるほどに効果と副作用とのバランスが改善されているのですが、それでも少なからず副作用を感じることはあります。
基本的に三環系と四環系には便秘や眠気、かすみ目やめまい、血圧低下などが副作用として現れやすくなっています。

SSRIとSNRIは食欲不振や不眠、消化器系の不具合や吐き気などを感じたり、だるさなどを伴うと言われています。

三環系といわれる最も初期に開発されたもので、パニック障害の治療に非常に有効だと言われています。自身の命さえも軽んじてしまいそうなほどに憔悴しきった状態であるならばこの区分のものが処方されます。

効果も得られやすいのですが、口が渇いたり便秘になったりという副作用もそれなりに出るので、服用と副作用のバランスを考慮する必要があります。

三環系の副作用を軽減させる目的で開発されたのが四環系で、イライラなどの気分障害の緩和や不眠改善などに使用されます。三環形に比べると副作用も緩和されており、眠気などを伴うことはありますが体の負担は少なくて済みます。体力のないお年寄りや肉体の疲弊が激しい状態であるならばこちらを出されます。

SSRIは現在うつ病をはじめとした精神疾患に広範囲で使用されているものが多く存在します。強迫性障害や社会不安障害などでも処方されています。
効果がしっかりと得られること、副作用が少ないというバランスの良いものですが、効果を得られると実感するまでに時間がかかるということがあります。

うつ状態だと診断された際に処方されるものとして一番目に提示されるのがこの区分のものとなります。

少量の処方から効果がどう出ているかを診察ごとに見てもらい、量を増やしたり減らしたりとその人に合う適量をさぐりながらの使用となります。

SNRIは痛みなどを伴う症状を緩和させることに有効で、疼痛に悩まされる患者に処方されることが多くあります。うつは心の病気で肉体に痛みが出るなんてありえないと近年まではいわれていましたが、現在では脳の異状によって痛みがともなうこともあるとされています。

NaSSAは新規抗うつ剤と呼ばれる新しいもので、抗うつ剤としての効果も得られ副作用も少なくて済むと言うバランスに特化したものとなっています。

効果を出すには医師とよく相談を

これらを処方されて守るべきことは医師の指示に従うことです。
効果が得られてきてある程度経つと、自分の判断で飲むことをやめてしまったり治ったと思い込んで病院に行かなくなったりということがありますが、長期的な目での治療が必要となるのがうつ病です。

途中でやめてしまったことで今までの努力が振り出しに戻ってしまったり、気が付かないうちに以前より悪化してしまっていたりと言うこともあります。自分の判断だけで動かないようにしましょう

しかし自身の体質を考慮してもらえなかったり、副作用に耐えられないのに処方する量を減らしてもらえないなどの不安を抱えてしまうのであれば、セカンドオピニオンなどで他の院に行くのも良いでしょう。

長い治療はいつ治るのかと言う不安や副作用との戦いで、心も磨り減りがちになってしまいます。自分が信頼できる医師をさがし、適量の抗うつ剤をもらい、確実に治していけるという環境での治療が必要不可欠です。

うつ病の薬が効果が出てきたと自覚できるまでの時間はお薬の種類によっても違いますし、個人差がとても大きいのが特徴です。

一般に言われているのはかなり昔からあるうつ病の薬ほど効果がはっきりと分かるくらいになるまでには時間がかかり、新しいうつ病の薬の種類ほど効果が体感で分かるまでの期間が早い傾向があるようです。

ここ最近の新しいうつ病の薬の方が沢山の種類に富んでいて、作用するポイントがある程度はっきりと定まっていて、ピンポイントでセロトニンなどを増やしてくれることが可能となって、セロトニンの濃度が上がりやすいとも言われます。

うつ病の薬はゆっくりと効いてくる特徴がある薬なので、その効果があるかどうかの判断も長いスパンで考える方が正解です。

うつ病は病気の特徴としても、良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、全体的に少しずつ好転してくような治り方をします。

昨日に比べて今日の方がなんだか気分が落ちているというのは治療を続けていく過程でよくあり得ることです。

例えでよく言われるのは天気が曇っていたのが雲が移動して晴れてくるかのように気分も好転してくるとよく言われます。

1日単位で判断してしまうとより悪くなっているかのように見えても、1ヶ月くらいの長い期間でみると、小さい波がありつつも本当に少しずつ改善してくものです。

私自身が使ってみて良いと思ったうつ病の克服にオススメのサプリメントはこちら

スポンサードリンク



関連記事はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ