うつ病対策に運動でセロトニンを増やして‼

トリプトファンていう物質は脳みそに入るとセロトニンに変化するんですが、

より変化させるには外から刺激を与えてやるのが一番です。

セロトニンを運動で増やして

光はセロトニンを増やします!誰でも暗い所にいたら陰気になっていって明るい所へ出れば気分まで明るくなる経験ありますよね。

スポンサードリンク



それから運動!睡眠!

夜になれば、セロトニンをメラトニンに変える作用するので眠くなるそうです。

しかし脳みその中にトリプトファンを溜め込んでおく事はできないんです。

僕たちは4日間くらいトリプトファンを食べないでいると血液中のトリプトファンはほとんどなくなって脳みそ内のセロトニンもわずかになります。


うつ病の状態がある程度回復してきたと感じてきたら、散歩など楽にできることを出来る範囲で続けてみることが有効です。

特に、「リズム運動」という運動がうつ病の改善に効くという研究結果があります。

リズム運動とは、同じ動きをする運動を繰り返すことで食事で口を動かすことやや息を吐いたり吸ったりすることもリズム運動になります。深呼吸が良いと言われることもこういう理由からあると思います。

このような運動をすることで、セロトニン不足を解消してストレスの発散になります。

この運動によって、セロトニンを分泌する神経が活発になります。セロトニンの働きは運動し始めてから5分程度してから少しずつ活性し始めて、20分程度で最大になるようです。

スポンサードリンク



そのため、最低でも5分以上、できれば15分程度は運動をし続けるようにすることがセロトニンを分泌するのに有効と言えますね。
無理は禁物

うつ病治療の基本は、十分な休養ですので変な無理は禁物ですね。

あまり無理をしてしまうと、悪循環になり症状が悪いほうへいくこともあるので注意が必要です。

うつ病の症状がひどくとても動く気になれないようなら、決して無理は禁物なのでガムを噛むくらいにしておきましょう。

うつ病の症状が少し落ち着いて来たら腹式呼吸など少しずつこなしていけば十分です。負荷を増やすことがいいわけではないので、セロトニンを分泌してくれることは難しいです。

あくまでも本人がしんどくない程度で少しでも気持ち良いと感じることがポイントです。

セロトニン神経を活発にさせるには1日だけとか短期的なリズム運動を行っただけではまた戻ってしまいます。
うつ病を克服して元気になるまでにはある程度期間がかかるものと割り切って淡々と続けることが大事です。

朝日を浴びることでセロトニンの働きが良くなるので、天気が良い日はウォーキングなどの運動を楽しみながら行うことでより効果の期待が出来ます。

セロトニンはお昼に外で活動している時に働きやすくて、夕方、夜に近づくにつれて分泌量は減少していきます。

メラトニンの働きと関係が深いですが、 本来、人が自然に持っているリズムは日中は体を動かして活動して夜、日が落ちたら休むというのが自然なことで、この自然の摂理を維持することでセロトニン神経の活動が活発になると言われます。

早寝早起きを心がけ、寝る時間や起きる時間も規則正しくすると、より効果的です.

それから意外と関係ないように捉えられがちですが、食事の際の噛む運動ですね。

食事中は口を動かして咀嚼運動を繰り返します。

この噛む動作(咀嚼:そしゃく) も、同じことを繰り返す運動であるといえます。

一定のリズム運動と同じように、セロトニンの活性化に役立ちます。

運動が苦手な方でもセロトニン活性

「運動はちょっと苦手・・・。」と思い込んでい方でもはならず摂るのが食事ですから、食事の際によく噛んで食べることを心がけてみてはいかがでしょうか?

『ものをよく噛む』と言うことは、効率よく栄養を吸収してくれることを助けてくれて、消化をスムーズにしてくれることにも影響するし口の筋肉の運動にもなりセロトニンの活動以外にもメリットが沢山あって誰もが気軽に試せるものです。

気軽に出来ることとしてガムをかむということがあります。一見、意味があるのかと思うかもしれませんが、緊張をほぐすのに有効で野球のメジャーリーガーの選手がガムを噛んでいるのを見たことがある方も多いのではないでしょうか?

セロトニンを効率よく増加させることに大切なのは、いくつか書いてきた手法を継続して長期間続けることが大事になります。

誰でも短期間であっさりと解決したいものですが、体のコンディションのことは長年の慣習で作られたものなので改善するにもそれなりに時間がかかるものだと納得して小さいことを継続していきましょう。

理由としては単調なリズム運動を今日だけ頑張ったとしても神経回路の形成には時間がかかるものなので途端にセロトニンが急増するものでもありません。

太陽光を浴びたり、運動をしたりする中で、セロトニンの分泌は徐々に増えていくのです。

運動がうつ病の克服に良いとされる理由は、「セロトニンが分泌される」という事です。運動をすると、脳内にセロトニンと呼ばれるホルモンが分泌されます。

セロトニンには、気分を高揚させたり気持ちを高ぶらせたりする作用があります。

そのため、うつ病による気分の落ち込みを改善させる作用があると言われているのです。

またセロトニンは、有酸素運動を行う際に多く分泌されます。

有酸素運動とは、軽いウォーキングやストレッチなどの体に負担の少ない運動が中心となります。

激しい運動ではありませんので、楽しく続けていく事が出来ます。運動でうつ病克服を目指す方は、有酸素運動でセロトニンをたくさん分泌させましょう。

他にうつ病克服に良いとされる理由は、「副作用が無い」という事です。

運動は薬ではありませんので、副作用のような症状が現れる可能性が全くありません。

 

一方で、うつ病の薬は重大な副作用も多く、問題視される事も度々あります。

もちろんうつ病の薬は、ドクターが症状に応じて処方していますので、飲まないという選択は危険です。

ですから処方薬の服用と並行して、運動を行う事が理想的です。

運動でうつ病を、より早く改善させる事で、うつ病の薬を服用する期間が短くなる可能性は十分あります。ドクターと相談しながら、運動と薬の使用を調整する必要がありますね。

うつ病対策のセロトニンを含む食品

追伸

もしあなたやお知り合いの方が真剣にうつ病の改善を希望するならまずはこちらのメルマガへ登録をしてみてください。

⇒ http://ameblo.jp/keiji5075/entry-11868338267.html
うつ病改善コーチの無料メルマガ

すでに1000人以上にお読みいただいているこのメルマガはうつ病改善のヒントを詳しく解説しています。完全無料でいつでも配信解除できますので気軽に登録してみてください。

○ まわりの方にあまり知られたくない方、こっそりとよくなりたい方

○ 他の方法で良くならなかった方

○ うつ病までいかなくても一般の方の日々のストレス管理のため

○ 嫌な感情を引きずりやすい方

自宅に居ながらお話を聞いてみたい方は無料スカイプ相談もやっていますのでお気軽にお問い合わせください。

話を聞いて終わりのカウンセリングではなくどういう方向で進めばいいのかアドバイスをしていますので一度お試しください。

初回は無料で30分間とさせていただいています。

スカイプ相談をご希望の方はこちらをクリックしてください。

http://ameblo.jp/keiji5075/entry-11866287752.html

スポンサードリンク



関連記事はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ