うつ病からの頭痛を克服する方法は?

うつ病を患っている方が感じやすい頭痛は、過剰なストレスが蓄積したことによる緊張型頭痛が多いと言われています。緊張型頭痛を抱えている方を調べてみると首、肩が凝りやすくなかなか治りにくいこととうつ病との関係が明らかになりつつあるようです。

克服するためにはどんなことに気をつけたら良いのでしょうか?

スポンサードリンク



そもそもどういうきっかけで頭痛が起きるの?

頭痛がどういう時に起きるかというと、脳みぞ内にある痛みを感じた時に反応する神経が過剰なストレスからの過緊張、脳みそ内の何かしらの変化によって刺激された時に頭痛を感じる事が多いと考えられています。

頭痛のほとんどを占められていると言われている緊張型の頭痛は、脳内の血流が変わったり、筋肉がどの程度緊張しているかの変化や、複数の事柄が合併して生じると考えられています。

うつ病の症状として感じる事が多い緊張性頭痛は、首から後頭部にかけて伸びている筋肉の過度の緊張が原因なので、その治療法は薬物療法や肩や首の緊張をほぐし、柔軟体操で暖めてあげることが有効です。

うつ病は心が風邪をひいている状態と言われることがありますが、身体へも何かしら症状が出ることが多いのが特徴です。

スポンサードリンク



うつ病を患ってしまった方に共通なのが睡眠の悩みと食欲がなくなったという話はよく聞きますが、肉体的な不調のように見える頭痛、立ちくらみ、腹痛などもうつ病の症状であるケースがあって、メンタル面が病む前に出てくることがよく聞くケースであります。

どんなふうにして判断したら良いのでしょうか?

うつ病の症状の中で最も発症しているのが頭の痛みです。この原因は脳内の神経伝達物質が減少することにより起こります。この痛みがあらわれる前後にはめまいの症状もあらわれます。

めまいの症状は人によって異なり、目の焦点が合わなかったり、全身に力が入らないようなものも含まれます。うつ病により発症する頭痛は、精神的な原因であるために、市販の鎮痛剤は効果がないのが特徴です。さらに理由がわからずにそれを服用し続けると、激しい痛みにつながる場合もあります。それではどうすれば頭痛を克服することができるのでしょうか。それは神経伝達物質といえます。

頭痛は脳内にある神経伝達物質が急激に減少することにより発症します。そのため、この物質を増やすことで頭の痛みは緩和されるといえます。また痛みは頭だけでなく、体の様々な部位に発生します。うつ病を患ってしまう要因は過剰な耐えきれないほどのストレスが問題であって、ストレスをもろに受けるのがお腹や胃なのです。

うつ病に多く見られる頭痛ですが、同時に吐き気を伴うことも多くあります。吐き気の原因も神経伝達物質の減少によるものなのです。そのため2つの症状が同時に出ると考えられます。また頭の痛みの中でも後頭部に痛みがあらわれる場合もあります。

これは緊張型といわれるもので、吐き気を伴うことはありません。この症状は入浴することで、精神的なストレスが緩和され、痛みもやわらぎます。

頭痛と併せて起きる事が多いのが眠気に襲われる機会が増える事です。うつ病の症状を伴っている方は色々な不安やストレスでいっぱいになって睡眠がうまくとれないことに悩まされることが多く、昼間に眠気を感じるのです。

うつ病により頭痛が起きた時に克服するポイントとは、うつ病により頭の痛みが発生しているので、うつ病を治すことが一番の方法です。頭痛だけにとらわれることなく、しっかりとうつ病を治す必要があるのです。うつ病の経過が克服に向けて順調によくなれば、自然と頭痛は克服されるでしょう。

そして生活習慣の乱れを見直すということも大切です。つらいと感じても、昼間はなるべく活動するように意識し、夜は入浴して温まりリラックスしましょう。

そもそも頭痛とはどんな状態なの?

うつ病は、「モノアミン」という物質も影響している原因の一つであると言われています。モノアミンというのはセロトニンやノルアドレナリンなどをまとめたもので、少なくなってしまうと憂うつな気分から抜け出せなくなっていつまでも暗い表情のままになってしまいます。

そしてこのモノアミンという神経伝達物質は、頭痛などの痛みを軽減させてくれる作用として大きく関わっているということがわかっています。つまりうつ病になると痛みを抑制する作用があるモノアミンが減少し、その結果として頭痛が発生するというわけです。克服するためにはセロトニンを増やすことも克服に向けて重要なポイントになります。

うつ病の症状が見られた場合、たいていの場合は抗うつ剤が処方されます。また筋肉の強い緊張により頭痛が発生している場合には、筋肉をやわらげることが有効なので、筋弛緩剤も処方されます。そしてこれらの補助的な役割として鎮痛剤を用いることもあります。いずれも医師の診断をしっかりと受けるようにしましょう。

うつ病の薬での治療がスタートした後は心身の状況を診ながら、薬の量や種類を変えていくのが一般的です。

身体そのものへの症状はうつ病の症状が緩和してきてから少しずつ良くなっていくことが多いようです。

でも不思議なもので自分でも元気になることが出来たので克服までの期間は個人差が大きいですが、ずっと割ることが続くことはないと思います。

集中力がなくなって興味、関心がなくなってしまうと仕事や学校の勉強どころではなくなります。

若い時だとすぐに良くなりたい、早くどうにかしたいと焦る傾向が多いので、少しぐらい無理しても大丈夫だと決め込んで仕事や勉強を頑張り過ぎてしまったりして、うつ病の症状のことを安易にとらえてしまってほっといてしまうこともあります。

自分の経験で特に辛かったことの一つが早朝に目が覚めることで、当然食事も思うように食べれず朝から疲れでいっぱいです。

身体症状についても今まで正常であった血圧が高くなったりすることもあり得ます。

メンタル面い出る症状として思考力が落ちて判断が遅くなったりしてさっきのことを思い出せなくなったりすることを自覚します。

感情の起伏も不安定でイライラ下かと思えば今度はひどく落ち込んだり不自然な頻度で波がきます。

睡眠時間に十分に休養をとることができず、疲労感が蓄積されます。

うつ病患者の中には、その症状として何らかの身体的痛みを訴える方がたくさんいます。そしてその痛みの中でも特に多いのが、頭痛なのです。

うつ病の克服を目指しての不眠対策

スポンサードリンク



 

 

 

関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ