ジェイゾロフトの実際の効果とは!うつ病の克服に向けて

うつ病の治療に用いられるジェイゾロフトの実際の効果とはどのようなものでしょうか?

ここ最近になってからより病気の種類は色んな種類がたくさんあり、その中でもストレス社会の影響からかメンタル面ににかかわる病気は年々増加の一途をたどっています。

そのうちのひとつに自律神経失調症があります。

スポンサードリンク



克服するには自律神経のケアも大事

自律神経失調症は、特定の決定的な原因といったものはなく、人それぞれ本当に症状が違っていて様々な原因から発症します。例えば、自分では普通だと思っていても変則的な時間のサイクルでの生活が長いとか、、生活そのものの環境がが変化した、最近過剰にストレスがたまっている気がする、言いたいことをこらえて我慢してしまうことがあるといったことが考えられます。

そのような生活が長期的に続けば、メンタル的な面では、短期になってすぐに怒ったり、大きな声を出したり不安定になって、落ち込んでネガティブになったり、やる気が出なくなるといった症状がみられます。体への影響では、何もしてなくても全身がだるいとか、以前は一晩寝れば元気がでていたのが、疲れが取れにくいとか、動悸や息切れがする、めまいがする、睡眠が上手くとれず熟睡が出来ないとかですね。

スポンサードリンク



ジェイゾロフトとは?

近年は、大変多くの方がうつ病やパニック障害などの精神的な疾患に悩まされていますが、このような症状は決して克服出来ないものではなく、最適な治療を行うことによって、その辛い症状を克服することは可能です。

うつ病やパニック障害などの克服に向けての治療には、一般的には投薬による治療が主になりますが、ジェイゾロフトという薬を聞いたことはありませんか?ジェイゾロフトは最近では、うつ病の克服に向けて非常に多く処方されている薬のひとつで、新世代の抗鬱剤の一群である「SSRI(Selective Serotonin Reuptake Inhibitors)」に属するうつ病に向けての薬です。

ジェイゾロフトはセロトニンを増やすことで、うつ病やうつ病に近い状態、パニック障害などの症状を緩和させたり克服させる効果が期待出来て、ほかにも、強迫性障害や摂食障害、双極性障害のうつ状態を持ち上げる補助薬として用いられる場合もあります。

セロトニンとは、気分に関係する神経伝達物質のことで、セロトニンが低下すると落ち込みや不安感があらわれやすくなると考えられています。

こんな風に、自律神経失調症は、一つの原因だけではなくて複数のことが重なって患ってしまうことが多く、克服していく過程で必ずこれをすれば速攻で克服することが出来るという正しいというのはなかなかありません。複数の病院へ行ったとしても自分にあったピッタリとあった治療法を受けれるとは限りません。

その中でも自律神経失調症に効果が期待できる薬は幾つか存在していてそのうちのひとつがジェイゾロフトと言われています。

うつ病の克服にむけて使われることもある薬ジェイゾロフトは自律神経失調症の薬でも使用されているようです。セロトニンが増加する効果が期待出来るのでうつ病の克服に向けて用いられます。

日本国内では割と新しい薬のようでジェイゾロフトの特徴として速攻で克服に向けて効果が期待できるとても強い薬というわけではなくて、皆さんが凄く気にされる事が多い副作用が少なく、安全に使用できる薬と言われています。

ジェイゾロフトの実際の克服に向けて期待出来る効果とは、セロトニンを増やすことで自律神経失調症や長引く憂うつな状態を緩和させることが期待されるので、すぐにイライラしたり落ち込みが激しいのを落ち着かせてメンタル面を安定させることができる可能性があります。

ジェイゾロフトは自律神経失調症の精神的な症状の部分において効果を発揮することが期待できます。

国内では2006年から発売されており、2014年からは口腔内崩壊錠(OD錠)も発売されるようになりました。ジェイゾロフトのおもな特徴は、抗不安効果が強いのに、副作用や離脱症状が少ないということです。

また、半減期が22時間~24時間と長いため、1日1回の投与で克服に向けて効果を維持することができます。薬物相互作用が少なく抗コリン作用が少ないため、高齢者のうつ病患者にも効果的であると言われています。

効果と副作用のバランスが良いうえ安全性が高いことから、外来レベルのクリニックでもジェイゾロフトは多く処方されている薬です。副作用としては、飲み始めには吐き気や胃部不快感が出る場合もありますが、ほとんどは一時的なもので、通常は1週間ほどで自然に改善していきます。

ジェイゾロフトをうつ病の薬としての強さだけを考えると、他にも効き目の強い薬は多数ありますが、その分、吐き気や喉の渇き、めまい、便秘、頭痛、食欲不振などの副作用が出やすかったり、服用を急激に急にやめたり減薬することによって、血中濃度が下がり、その反動で離脱症状が起きやすくなります。

なかには、肝機能障害や痙攣、幻覚、錯乱などの重い副作用が出る場合もあります。しかし、ジェイゾロフトの場合は、臨床で十分使えるレベルの効き目もあり、ゆっくり穏やかに作用しますので、うつ病を時間を掛けて治したい方には、ジェイゾロフトはおすすめです。

2014年12月には、口中に入れてなめると溶ける口腔内崩壊錠(OD錠)が発売されたため、外出先や職場、旅行先でも水無しで服薬できるようになったことはもちろん、飲み込みの力が弱い高齢者の方でも安全に服用することができるようになりました。基本的な維持量は1日100mgとなっていますが、いきなり100mgを処方されるわけではありません。

通常、成人の場合は1回25mgを1日1回から服用を開始し、1回1錠100mgを、1日1回服用まで徐々に増量していきます。治療を受ける疾患や年齢や症状によって、1日1錠100mgを超えない範囲で増減していきます。つまり、最初は25mgから始め、1週間前後で25mgずつ増量するため、規定の量に達するまでに最短1か月前後の期間が必要となります。

そのため、克服に向けて効果を得られるまでに時間がかかってしまうという特徴がありますが、その分、身体の負担がなく安全に治療をすることができるのです。また、抗うつ剤のよくある副作用として便秘がありますが、ジェイゾロフトの場合には、便秘よりもどちらかというと下痢や軟便になりやすいという特徴もあります。

もともと女性には便秘気味の方も多いため、うつ病の薬を服用することでさらに便秘が悪化したという方は少なくないでしょう。そのような場合にもおすすめのお薬です。ただし、他のSSRIの薬と比べると、性機能障害が副作用として起こりやすいとも言われていますので、その点については注意が必要となります。

ジェイゾロフトの服用が向いている方とは?

ジェイゾロフトが向いている人は、ゆっくり穏やかにに作用して副作用も少ないことから、うつ病の症状がそこまで重くない方や、仕事や日常の生活などを続けながら、ゆっくり焦らずに治していきたいという方におすすめの薬です。吐き気や眠気などが酷くないようであれば、仕事に支障もありませんし日常生活をそのまま続けながら治療を併用できるというのは、患者にとってもさまざまなメリットがあります。

また、10週間ジェイゾロフトで投薬治療をした場合の改善率を男女で比較すると、男性には35.7%、女性には95.0%の効果があったという報告もありますので、女性がお薬を選ぶ際の選択肢としてもおすすめです。

ジェイゾロフトは体重の増加や便秘などの副作用が少ないという点でも、女性の精神的な負担を軽減してくれるでしょう。 半減期が22時間~24時間と長いということもあり、1日1回の投与で効果を長時間維持することができます。総合的に見ても、バランスの取れた非常に安全性の高い薬ですので、「抗うつ剤を飲んでいる」という心の負担を負うことなく、徐々に辛い症状を克服していくことができるでしょう。

スポンサードリンク



 

関連記事はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ