気になる仕事うつに缶コーヒーは緩和になるの?飲み方の注意とは?

近年は、高度情報化社会になり、サービス残業など働く人の仕事量が格段に増えました。時間あたりの仕事量が増えたことにより、仕事に対する瞬発力が求められるようになったのです。

スポンサードリンク



身近な危険 仕事うつとは具体的にどんな症状?

このような環境で働く人たちの間で多くなっているのが仕事うつです。仕事うつとは、仕事が楽しくないと感じたり、職場に行くのが嫌になったり、仕事自体に行き詰りを感じてしまったり、仕事にやりがいを感じなくなってしまう症状がある程度長期的に続いてしまうことを指すことが多いようです。

これは、仕事が忙しすぎることにより、仕事中に十分な休憩時間を確保できていないことに起因します。缶コーヒーを飲むなどして仕事中の休憩は、一度気持ちをリセットしリフレッシュするという意味でも重要なことなのです。

缶コーヒーを飲むなどして休まず休憩なしに仕事を続けていますと、身体もメンタル面も疲れ切ってしまい、仕事への集中力がなくなり、仕事をすることに対して億劫になってくるのです。そのような仕事うつを解消するには、休憩時間をしっかりと確保することが最優先となります。

スポンサードリンク



意識して休憩をとってリラックスして!

仕事中に休憩をする際に、ただ休んでいるだけでは身体、精神をリラックス、リフレッシュさせることはできません。実際に、同じ時間だけ休憩時間を確保している人同士でも、仕事うつになる人とそうでない人がいます。

この差が出来る要因としましては、休憩の時間ではなく、休憩の質に関係しています。休憩中に何をしてリラックスし、リフレッシュするかによって、仕事うつになるか否かが決まってきます。

缶コーヒーも飲み方で有意義な時間になる!

仕事うつになる人の多くは、休憩中にただ何もせず休んでいることが多いのですが、仕事うつにならない人は缶コーヒーを飲むなどして休憩時間を過ごしています。

缶コーヒーを飲むことによってどのような効果があるのかと申しますと、仕事とは違った刺激を受けることで、気分をリフレッシュできるのです。

気分がリフレッシュできますと、気持ちの切替えもできますので、また仕事を頑張ろうという気分になるのです。また、缶コーヒーには様々な効果があります。

まず香りです。コーヒーの香りが気分をリラックスさせてくれる効果があると言われています。そして、コーヒーの苦味や甘味といった味覚による刺激が、気分転換をさせる効果があると言われています。この苦味と甘味の味が効果的に作用するのです。

苦味は、過去を想起させる味であり、他方、甘味は良かったと思わせる味であるため、辛さの中にも頑張ってきて良かったという感情を抱かせてくれるのです。

ですから、缶コーヒーを飲むなどして過ごせば、また仕事を頑張ろうという馬力に繋がるわけです。仕事を頑張ろうという気持ちになれるということは、しっかりと休憩できたという感覚になり、身体、精神共にリフレッシュできた状態となり、引き続き高いモチベーションで仕事をすることが出来るのです。

ですから、仕事うつに対して、缶コーヒーを飲みながら休憩するということは、効果があると言えるでしょう。

缶コーヒーの注意点とは?

しかし、缶コーヒーを飲む際には注意が必要です。砂糖が多く含まれているものは避けた方が良いでしょう。それは、砂糖が身体の血糖値を下げてしまうからです。

缶コーヒーを飲むことで血糖値が下がると身体にどのような影響が出てしまうのかと言いますと、眠気に襲われたり、身体が重くだるくなってしまったり、集中力が下がって持続しなくなったりするのです。

つまり、缶コーヒーに含まれている砂糖を大量に摂取することで血糖値が下がってしまいますと、眠気やだるさ、集中力の低下などの症状が出てきてしまいますので、仕事に集中することが出来なくなってしまうのです。

つまり、せっかく休憩しても逆効果ということになってしまいます。砂糖による血糖値の低下だけでなく、缶コーヒーにはカフェインが含まれています。

缶コーヒーを飲みすぎるとカフェインに依存してしまうような中毒性がありますので、その点にも注意が必要です。つまり、砂糖が多く含まれた缶コーヒーを常日頃から飲んでいますと、カフェインによる依存の中毒症状で止められなくなり、砂糖によって血糖値が下がってしまって眠気や身体のだるさ、集中力の低下といった症状が現れますので、常に仕事に集中できない状態が続き、休憩時間をしっかり確保していても、身体、精神がリフレッシュできていない状態がずっと続いて、結局、仕事うつとなってしまうのです。それでは、質の高い休憩とは言えませんし、仕事中の休憩としては逆効果となってしまっているのです。

仕事中の休憩時間をしっかりと確保し、その休憩の質を高いものにすることが大切なのですが、質の高い休憩とするには、身体、精神がしっかりとリフレッシュできなければ意味がありません。

気分をしっかりとリフレッシュし、リセットさせるためには、休憩中に飲む缶コーヒーは砂糖が微量のものか、もしくはブラックタイプのものが理想的と言えるでしょう。

そうすることで、缶コーヒーに含まれている良い作用だけを身体が実感できますので、仕事うつにも効果を発揮し、しっかりと休憩することが出来て心身共にリフレッシュできた気分になれますので、仕事に対するモチベーションを高く維持することが出来るのです。

自分自身の体験談

自分はうつ病を患う前は缶コーヒーを飲む習慣はなかったのですが、色々調べていくうちに適度であれば有効であることを知ったので少量をある程度飲み続けていた時期もありました。

確かにリラックス効果、そして食欲をある程度は増進しくれることに驚きました。

それから上にも書きましたが、仕事うつにならない人というのは確かに缶コーヒーを飲むなどして上手にリフレッシュが出来ている人が多いことにも気づきました。

たばこも吸わずコーヒー等刺激の多いものを摂らないことが一番良いかもしれませんが人とのコミュニケーションの道具になっていることもまた事実かなととも思ったりします。

缶コーヒーが苦手なタイプの人であればサプリメントの摂取も有効です。

自分自身も色々試してきてみてこちらのサプリメントはかなりリラックス作用が期待できるので

色々試してきて効果が期待できなかった方は試してみることをオススメします。

セロトアルファの購入はこちらから

スポンサードリンク



関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ