その症状!仮面うつ病かも??チェックする方法はこちら

うつ病が増加の一途をたどっているこの殺伐とした現代ですが、正確な理解者はまだまだ多くはなくうつ病のことを病気と認めず怠けているだけだとか気合でどうにでもなると考える人もまだまだ多いですが、うつ病は医学的に認められた病気です。

どんな点に注意してチェックしたら良いでしょうか?

スポンサードリンク



仮面うつ病に関しては知識を持っている人は少なく、何のことだかさっぱりという人からは気の持ちようと言われておしまいで、心無い言葉を言われてしまうことがあります。

具体的に仮面うつ病ってどんな病?

仮面うつ病の場合は、患ってしまうきっかけとしては、うつ病となんら違いはないと言われています。

どんな理由から仮面うつ病と言われるのでしょうか?

体に出る症状によって、メンタル面に出てくる症状に被っているという意味合いから、仮面うつ病といわれているからだそうです。

きついストレスからうつ病を患ってしまうと、不安感が継続的に続いて、笑顔が多くよく話をするタイプの人が急に喋る頻度が減ったり、睡眠の悩みが増えたりして夜中や早朝に目が覚めたりして悪循環のサイクルの生活になって、モチベーションが落ちるなどメンタル面の影響が出てきます。

自分自身あるいは身近な人はどうか一度チェックされてみてください。

仮面うつ病のケースではメンタル面の症状は極端に表には出てこずに、好きな趣味をしなくなったとか、単純なことしか考えられなくなったとか、自分自身で考えてもまわりから見ても間違ってもうつ病なわけはないだろうと思うほどメンタル面の症状は軽いものです。

スポンサードリンク



反対に体に出る症状はとても酷いもので、睡眠障害、不自然なほどの体のだるさや頭痛、食欲不振からの体重減少あるいは、過食のせいで体重増加などがあります。

うつ病の苦しさは、患ってしまった本人同士しか分かり合えないものです。うつ病と闘っている人は一見普通に見えたりするので誤解を受けやすいのです。

うつ病とはストレスが多い現代社会において、誰しもが気を付けなくてはならない精神的な病の一つです。世間でもうつ病に関する知識が広く浸透しており、書籍なども書店に足を運べば簡単に手に入るようになりました。

しかし一方で仮面うつ病は一般的に認知度の高いうつ病とは異なる特徴があり、いまだに勘違いされることの多い病気です。
この病の症状の特徴であり厄介なのが、精神的な症状が出にくく身体的な症状が強く出る点でしょう。

たとえばうつ病と言われてイメージする、気分が憂鬱になったり理由もなく悲しい気持ちや不安な気持ちになるなどの症状を自覚する患者は、全体的に見ても数は少なめです。そのかわり疲労感や倦怠感に代表される身体的な症状を感じやすく、特に睡眠障害は仮面うつ病の代表的な症状の一つとして数えられています。

またこれらの病気の症状は、日常生活において誰しもが感じる不調と似ているのでチェックされてみてください。そのため自分がうつ病を患っていることに気づかず、単純に仕事や人間関係のストレスから調子が悪いのだと勘違いするケースも少なくありません。

このように勘違いすると、中にはストレスに負けている自分を情けなく感じてもっと頑張ろうと無理をする人も多く、かえって仮面うつ病を悪化させる危険性も出てくるので要チェックです。

そのため仮面うつ病の基本的なチェック項目に該当する場合は、早めの病院受診が推奨されています。
ではどのようなポイントをチェックするかというと、一番目はやはり原因が分からない身体の不調です。

身体の調子に違和感を感じた時点で病院に足を運ぶ患者もたくさんいますが、多くがうつ病だとは分からずに内科などを受診します。ごく普通の体の不調であれば検査によって原因が判明し治療することが出来ますが、仮面うつ病だと原因らしいものが見つかりません。
原因がはっきりしないため様々な病院を受診する患者も出てくるため、病院通いが増えた人もこの病を発症している可能性が高くなります。
次にチェックすべきところは、肩こりや頭痛です。これらはうつ病を発症しなくても多くの人が自覚している症状ですが、他にも動悸やめまいが酷かったり下痢が止まらないといったチェックポイントと合わせて確認すると判断しやすくなります。

また仮面うつ病は精神的な症状が出にくい病気ですが、患者の中には精神的な変化を自覚している人もいます。自分に対する消滅願望は一般的なうつ病と同じ症状ですが、それ以外にも趣味への関心が薄れたりおしゃれに興味がなくなった場合もチェック対象です。

仮面うつ病って診断はどうするのか?

仮面うつ病は、メンタル面に出てくる症状が少ないので、チェックしてみないと仮面うつ病になっていることすら分からない場合があります。

症状として体に出ることが多いので、まずは内科などで診てもらう方が多いようです。

もし数か所の医療機関で診てもらっても決定的にこうだと結果が分からなかったり、お医者さんにチェックしてもらってどこも決定的に悪いところは見つかりませんといわれた場合は、仮面うつ病の可能性も大いにあり得ると言えます。

すぐに投薬してもらうのではなくてもお医者さんにチェックしてもらうことと相談をしてみるということが大事ですね。

仮面うつ病の症状は、人によって本当に違いがありますが、共通していることとして睡眠障害があります。寝付くことが寝かなか出来ないとか夜中に目が覚めてその後ぐっすり眠れない、または寝すぎてしまう、などの睡眠障害が頻繁に起きている場合は、仮面うつ病かもしれません。

うつ病でも、多くの人が自分自身を責めてしまいますが、それは反対の効果になるので注意が必要です。
うつ病についてしっかりと理解と知識をつけてから、うつ病の克服に向けて対策をしていきましょう。
まず、うつ病は心が風邪を引いているおt言われることが多いですが、決して精神的に弱いわけではありません。

うつ病とは脳の神経伝達物質の異常からくる病気であることを頭に置いておいてください。

心の持ち方や環境のせいだけでなくて脳内の神経伝達の問題であるともいえるので自分が精神的に弱く全部悪いんだとと思う必要はありません。反対に自分を責めたところで、問題の解決にはなりません。

改善していくものである、という確信を持って、闘っていきましょう。

仮面うつ病は、うつ病本来の症状は出なくて、腹痛や頭痛といった他の病気の症状が出る特徴があります。そのために、うつ病の治療をしないで、他の治療をすることで、病気が悪化してしまう可能性があります。

仮面うつ病をチェックするには、まず今の病気の症状を見極めましょう。疲労が抜けない、腹痛が続くといった症状があって、それが改善されない時は、仮面うつ病の可能性があります。

この病気を一応疑ってチェックしてみましょう。腹痛や頭痛、疲労が抜けないなどの他に次のような症状があります。睡眠の障害、食欲不振、頑固な肩こり、めまい、月経不順などです。

もう一つのチェック法として、症状の数です。症状が一つではなくて、複数出ていたら仮面うつ病の可能性があります。例えば、頭痛と腹痛が同時に出て、それが続く場合です。

チェックしてみて他の病気の可能性も考えられますが、体の異なった個所に痛みや異常が出て、それが長く続くことは少なくなっています。同時に2つの症状が出るのは、体のせいではなくて、心の不調のせいだと考えると理解しやすくなります。

仮面うつ病は性格の原因も!チェックが必要

仮面うつ病は、生真面目で責任感が強い人に出やすいです。このような性格もこの病気を疑う要素の一つになります。真面目な人なので、本来のうつ病になることに罪悪感を抱きます。

そのために、体のどこかが不調になる症状が出るようになります。何か辛いことがあっても一人で考え込んでしまい、それを表に出せない性格なのです。

辛いことを人に話したり、誰かに相談したら、問題自体は解決しなくても、気分的に楽になれるものです。しかし、自分の中にある辛さを人に話すことができません。それがきっかけになって、この病気を発症することがあります。責任感の強さは、この病気にかかりやすい性格の一つです。

過緊張も原因だった!睡眠障害や吐き気になる理由とは?

スポンサードリンク



 

関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ