仮面うつ病の対策としてドグマチールの効果とは?メリット、デメリットは?

仮面うつ病というのは、落ち込みが激しい、意欲ややる気が消失してしまう、などといった精神的症状よりも、おなかが痛くて下痢をしてしまう、頭痛がずっと続いて苦しい、などの身体的症状のほうが目立ってしまうためになかなか発見されにくいうつ病の一つです。そんな仮面うつ病の対策として有名な薬がドグマチールです。

スポンサードリンク



ドグマチールとは?

ドグマチールは1973年に発売された古い薬で、当初は胃薬として売り出された薬品なので、身体的症状にも苦しむ仮面うつ病の方には特に使用されています。

ドグマチールの興奮を抑えてリラックスさせる効果が、心のストレスが原因の様々な身体的症状に効いていくのです。

また、ドグマチールは本来ドーパミンを遮断する方向に作用する薬なのですが、少量の投与によってドーパミンの分泌を逆に増やす効果があることが解明されています。なぜそうなるのかについては専門家の間でも意見が様々に出ていますが、ドグマチールは少量の投与であればうつ病の克服に向けて効果があるということは確かです。

スポンサードリンク



もともと胃薬としても使われるくらいですので、副作用もほかの抗うつ剤と比べてはるかに軽く、胃腸関係の副作用はほぼありません。

眠気も感じにくく、離脱症状も軽い薬なので軽い症状のうつ病~中程度の症状のうつ病患者には大変評判のいい薬なのです。

なぜ離脱症状が起きにくいのかというと、ドーパミンの再取り込みを遮断する作用が主であり、ほかの抗うつ剤の作用である、セロトニンに関する作用がないからです。

離脱症状が多い薬の特徴としては、薬の効果が高いことと、薬が体の中に残っている期間が短く、すぐに抜けてしまうことです。
そこにセロトニンに関する作用がどの程度かといったことが離脱症状の程度に大きくかかわってきます。

薬の作用が異なるため、離脱症状は実際ほぼないので安心して薬を減らしていくことができるのです。

独断で服用を止めるのはかえって危険!

とはいっても、自分の判断で勝手に薬をやめてしまうといくら離脱症状が起こりにくい薬であっても起こってしまうことはよく報告されています。

どんな薬にも言えることですが、安易な自己判断が一番危険です。特に精神科系統の薬に関しては慎重な医師の指導に基づいての減薬を実行していかなければ、せっかく回復しかけていた病気がまた再発、悪化してしまうことにつながります。

離脱症状がもしも起こってしまった場合はもう一度薬を飲み始めることが一番となります。

離脱症状が激しく出てしまうということはまだ疾患が治りきっておらず、ノルアドレナリン、セロトニンの調整をうまく行っていく力が回復していないということでもありますので、もうしばらく様子を見て経過観察をしながら、薬を飲み続ける必要があるということです。

自分の力で脳内物質の分泌をコントロールすることができるようになり、本当に回復してきた段階で医師の指導の下、少しずつ減薬していくことが重要となってきます。

とはいえ、ドーパミンを遮断する薬ですので、抗精神病薬によくある重篤な副作用が現れることがあるということが最大のデメリットですので、これについてはよく知っておかなければなりません。

抗精神病薬ならではの重篤な副作用は多くありますが、中でも注意が必要な症状が高プロラクチン血症と、錐体外路症状の二つです。

高プロラクチン血症というのは乳汁を分泌するプロラクチンというホルモンの分泌量が異常に多くなってしまう症状のことです。高プロラクチン血症になってしまうと、男性であっても普通にしていても乳汁がにじみ出てしまうようになってしまいます。

もちろん問題はそれだけではありません。ホルモンバランスが崩れてしまいますので、女性なら無月経や不妊症の原因になりますし、男性ならインポテンツになってしまうことはよく言われています。

女性の場合、定期的な生理が来る、正常なホルモンバランスが保たれているから防げるはずの乳がんや骨粗しょう症の発症率も上がってしまいます。

そして錐体外路症状というのは脳内のドーパミンを人工的に遮断することによってドーパミン様症状を呈してしまう状態を指します。

パーキンソン病というのは脳内の黒質に含まれるドーパミンが少なくなってしまうことで起こる病気ですので、抗精神病薬を長年の見続けている患者がある日突然薬剤性のパーキンソン病を発症してしまう事例も多く報告されています。

パーキンソン病の症状は動作が緩慢になったり、手が震えて文字も書けなくなったなんでもない道でも転びやすくなったりします。
このような状態になってしまえば、通常通りに仕事をこなすことは困難になってしまうでしょうし、日常の普段の生活でも困ることがどんどん増えていくことでしょう。

こういった、抗精神病薬によくあらわれる副作用が起こり得るのがドグマチールのデメリットなのです。

そのほかの通常の抗うつ剤ではこのような精神病薬の副作用は現れませんので、最新の抗うつ剤と比較すると現在では第一の選択肢として使用されることはあまりなくなっています。

選択するのは、最新の抗うつ剤であるSSRIなどでは効果がなかった人や、抗うつ剤特有の副作用がつらいという場合が考えられます。

ジェイゾロフトの実際の効果とは!うつ病の克服に向けて

スポンサードリンク



 

関連記事はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ