仮面うつ病の実際の症状は?仕事へ影響しない方法とは?

仮面うつ病」は正式な病名ではありませんので定義はないのですが、次のように整理する事は可能だと考えられます。すなわち、<うつ症状、とくに悲哀や憂鬱感が認められないかまたは見落とされるほど軽微であるのに反し、他の症状が顕著であるためにうつ病と診断することを難しくしてしまううつ病相>です。

スポンサードリンク



そして顕著な「他の症状」とは、疲労感や倦怠感・睡眠障害・食欲減退・頭痛・肩こり・口の渇き・腹部の不快感・便秘または下痢・胸部の圧迫感・呼吸の乱れ・頻尿・性欲減退・月経不順・めまい・視覚異常・聴覚異常・ほてりなどの身体症状が挙げられます。また強迫症状・心気症・不安・離人症などの精神症状があります。

このような整理ができれば、様々な身体・精神の症状がうつ病由来であるという可能性に気づき、治療が早まります。向精神薬・抗うつ薬・睡眠導入剤などの組合わせによって、身体症状が改善されていきます。当然無理をして仕事を続けていくと、仮面となっている症状がさらに悪化し、状態を複雑なものにしてしまいます。

今日の日本では、1年に3万人前後の人が自殺しています。これだけでも先進国では突出した数字ですが、不審死・行方不明者がそれぞれ1年に15万件も発生しており、それぞれに自殺を含んでいる可能性があります。

いずれにしても膨大な数の人々が不幸な目にあっているといえ、問題の早期解決が図られなくてはなりません。そしてこの自殺者のうち、もし病院に行って適切な治療を受ければ死ぬ事は避けられたのではないか、という議論があります。

その病気の多くは精神疾病であり、より具体的にはうつ病です。仕事ができないほどの症状で、精神科医からうつ病という診断が下されれば、障害基礎年金と厚生年金を受給することができます。

日本年金機構が主治医の診断書を審査し、例えば精神障害者2級の認定を受ければ、1か月14万円ほどの受給への道が開けます。また様々な背景があり、行政に認められれば生活保護受給という道もあります。いずれにしても病気の治療へのハードルを下げ、不幸な選択をする人々が少しでも減るよう、早く対策を打たなければなりません。

スポンサードリンク



うつ病は近年社会的にも認知されてきていて、テレビ番組や新聞・雑誌・専門書籍などから沢山の情報が得られます。そのため自分自身のこと、あるいは周辺の人について、偏見でなしにうつ病の可能性があると気づくことができます。

しかし一方で偏見が根強い事も確かであり、あの人は精神が弱いなどと評したり、自分自身の事をこんなはずではない、などと考える人も多いものです。しかし手を打つのが遅れれば遅れるほど治療には時間がかかりますので、何かおかしいと思ったら精神科を受診するべきです。

うつ病の症状は、気分の沈み込み、興味や喜びが感じられなくなる、やる気や集中力が無くなる、消えてしまいたくなる、などの気分障害が挙げられます。

これらの症状は心ない人からは弱い人間であるなどと理解されますので、うつ病患者はなおさら落ち込んでしまいます。ところがうつ病でも、これらの症状がハッキリと現れない事も多々あります。

腹痛・だるさ・頭痛・下痢などの身体的症状が続く場合です。これらの症状であれば普通は内科を受診するものですが、検査などを行なっても原因がわからないとされる場合があります。

そして内科の範疇の病気ではなさそうだという暫定的な結論が出ると、精神科の受診を勧められ、精神科医によってそうした身体的症状の背後にうつ病相が隠れている事がわかります。

このような症状を「仮面うつ病」と称します。そして精神科において投薬療法や心理療法などが行なわれて、はじめて身体的症状が改善されていくのです。

仮面うつ病の具体的な治療は?

仮面うつ病とは具体的にどのように対策していけばよいのでしょうか?

一般に言われているのは病院の薬による薬物療法、仕事をある程度休んで休養してみる、行動、思考パターンを変えてみるなどがあります。

病院の薬では脳の神経伝達物質がスムーズに働かないことが原因と考えられているので抗うつ剤を使用して正常に戻るようにしていきます。

ところが薬物慮法だけでは対象療法になるので仮面うつ病そのものを完治させることは難しいと思います。

しっかり休養をとって脳や体の疲れをとることがとても重要だと思います。

性格の傾向として頑張り過ぎや元々が几帳面な性格である方はストレスをためやすいし少し自分が思っていたことと違うことがすごくストレスに感じてしまう傾向があるので注意が必要です。

時には愚痴、本音を吐いてください。正直な本音を声に出して言いましょう。

「あー疲れた、しんどい」と言って良いのです。

正直な本音の感情を抑圧しないことです。

はっきり感情を出すことでストレスの緩和にもなるし自分の状態を把握することが出来ます。

しんどい症状をなんとか紛らわそうとして、アルコールでストレス解消しようとする人も多いですが、これは後からよりしんどくなる可能性が高いので要注意です。

しかし、身体へ症状が何かしらv現れるということは、体側からしてみれば警告を発して教えてくれているということになります。「ちょっと疲れているだけだとか気にするほどでもない」と軽く考えず、自分の生活サイクルを見直してストレス対策はどうしたら良いか一度、ゆっくり考えてみる必要があるかもしれません。

 

その症状!仮面うつ病かも チェック方法はこちら

スポンサードリンク



関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ