北斗晶さんはパニック障害も経験していた?その病状とは?

北斗晶さんと言えば乳がんの治療中であることは既に知っている人も多いと思いますが、乳がん治療を始めたことでパニック障害を発症したことをカミングアウトしているそうです。

スポンサードリンク



パニック障害の症状そのものは以前から感じることがあったようで歯医者のレントゲンを撮影される小さな部屋に入ると心臓がドキドキしてダメであるというエピソードがある位だそうです。しかし乳がん治療中あたりからよりその症状がはっきりと出てくるようになり、症状が悪化したように感じられます。

北斗晶さんも患ってしまったと言われるパニック障害とは

実はパニック障害を患ってしまう方やうつ病を発症する方の多くが死に関係する病気を発症した人だとされています。もちろん全ての人がそうというわけではなく、その他にも様々な原因があるのですが、北斗晶さんのケースは7生存率が50%程度で前々からパニック障害の発作が見られたことはあったようなので病気が引き金となり状態を悪化させた可能性が高いとも言われています。

スポンサードリンク



パニック障害の病状がなぜ起きるのか原因がはっきりと分かってはいませんが若い女性に多いということや脳の不安を司る部分が機能異常を起こしていることが分かってきています。

このパニック障害の病状は長い期間をかけて出てくる場合よりも突然あらわれることの方が多く、非常に驚いてしまったりショックを受ける方も多いことが特徴として挙げられます。

パニック障害の病状はまだはっきりとした治療法がありませんが、乱れてしまった脳の機能を正常に戻すように薬を服用したりストレスに感じている原因を取り除くことが病状の対策に効果的だと考えられます。

パニック障害の対策として

パニック障害の病状の対策として効果的な薬として挙げられるのがSSRIとベンゾジアゼピン系抗不安薬です。これを服用することでパニック障害の病状の原因を抑えることが出来て、SSRIは少量から服用しはじめていきます。

効果が出るのに2週間から4週間と言われており効果が早く出ると言われているベンゾジアゼピン系抗不安薬と一緒に服用することがおすすめです。しかしいつまでも薬に頼っているのも良いことではないので不安感が大きいときに抗不安薬を周期的に飲んでおき、パニック障害の病状が良くなってきたら徐々に飲む回数を減らしていきます。

これらの病状を抑えてくれる期待が出来る薬は高い改善力を期待できる一方で依存性があることが懸念されていますが、医師の指示をしっかりと守って服用しておけば基本的には安全です。

またいつ発症するか分からないのが特徴の1つであり、ついさっきまで何事もなかったのに急に動悸が激しくなることがあるため、いつ発症しても大丈夫なように薬を持ち歩いておくことがおすすめです。

パニック障害の病状を発症する可能性があるから持ち歩いておいた方が良いというのもありますが、持ち歩いておくことで薬があるから大丈夫だという安心感にもつながります。

出掛けているときに病状が出たらどうしようと不安を抱えているとより発症する可能性が高くなるので、いつなっても大丈夫だという安心感がある方が発症するリスクを抑えることが出来ます。

さらにパニック障害の病状の人に非常に良い効果を発揮する薬を処方してくれる医療機関があるのでまずは相談をしてみることをおすすめします。このようにパニック障害の病状が出るような状態に一度なってしまうとすぐには改善しにくく、まずは原因を取り除いていくことや状態を軽くしていくことが治療方法として挙げられます。

しかしパニック障害の病状に悩む人は意外と少なくなく、日本でも多くの人が悩んでいる病気です。芸能人でも公表をしている人が何人かおりその中の一人として挙げられるのが元女子プロレスラーでタレント活動されている北斗晶さんです。

つまり病気を発症したことで命がかかっていることに気づき心が追い付かずにパニック障害の病状が出るようになってしまったことが原因の1つだと考えられます。こうした狭い所や暗い所、高いところが以前にも増して恐怖に感じたり、以前は何事もなかったのにそのような場所に行くと急に息切れをするようになったなどの病状がある場合はパニック障害を発症した可能性が高いです。

パニック障害の病状

人によって病状や原因は異なりますが、北斗晶さんのような状態の他にも激しい動悸、過呼吸、吐き気、寒気、震え、筋肉のこわばり、激しい不安などが挙げられます。

北斗晶さんのように芸能人という不規則な仕事をしていると食事をしっかりと摂ることができなかったり人目を気にしながら生活をしなければいけないなど競争に生き残っていくための過剰なストレスが原因になっていることも原因の1つです。そのため華やかに見える芸能人でも意外とこのパニック障害の病状を発症している人は多いのですが、一般人でも十分に起こりうる病気です。

パニック障害の病状を発症したことを公表してしまうと頑張っていないのにと思われるのが怖くて変に無理をして元気なフリ、楽しいフリをしてしまう方も多いですが、少しでも当てはまることがあるのなら医師に相談をして適切に対応をしてもらうことが大切になってきます。

初期段階であればあるほど治療期間も短くて済みますし、何が原因でこのような状態になっているのか理由を探りやすくなります。芸能人以外でも誰にでもなる可能性がある病気なので、重度になる前に出来るだけ早く対応をすることをおすすめします。

うつ病・パニック障害を克服する為のたった3つのポイントとは

スポンサードリンク



関連記事はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ