失恋うつを克服して復縁する方法とは?

失恋は誰にとっても辛いものです。誰でも味わう可能性のあるものですが、実際に失恋すると今まで味わったことのないような失望感や屈辱感、絶望などにさいなまれて辛い日々を過ごす経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか?

スポンサードリンク



恋愛をすればハッピーエンドのこともありますし、上手くいかなくなってその恋を手放す日も来るかもしれません。

相手から別れを告げられる時などは心の準備もできていない状態ですので、より一層辛い気持ちになります。それでも人を好きになることは素敵なことですので、失恋をした人でも再び恋をします。

ですから、失恋をしたからといって後ろ向きにならずにしっかりと前を向いて歩いていくことが重要なのですが、中には失恋うつになってしまう人もいます。

スポンサードリンク



失恋うつとは具体的にどんな症状なの?

失恋うつとは、失恋することによっていつまでも引きづってしまって悩みから抜け出せなくて、うつ病の症状を発症してしまうケースを指します。現在うつ病を患う患者はかなりたくさんいて、決して珍しい病気ではなくなっています。

うつ病という言葉だけでも聞いたことがある方は沢山いらっしゃるのではないでしょうか。

うつ病は社会問題にもなりつつある病気ですが、失恋うつになるとイライラしたり落ち込んだり、強く孤独を感じたりします。食欲が減退して体重が減ってしまう人も大勢いて、心だけでなく体への影響も懸念されます。

失恋うつになったら、まずは早期の段階で相談だけでも良いので病院を受診することをオススメします。すぐに受診すれば早く回復する可能性が高くなります。

一人で悩み続けずに誰かに悩みを吐き出して!

ここで重要なことはすぐに薬を処方してもらうというよりは「悩みを人に打ち明ける」ということです。

では、どのような症状が現れたら受診すべきなのかというと、一日中気分が落ち込む・趣味に意欲がわかなくなる・些細なことでもイライラすることが増えた・自分を責めてしまう・人に会いたくない・不眠になった・食欲不振あるいは過食・頭痛や肩凝りが酷くなったなどがよく見られる症状です。

いずれにしても失恋うつを患う前の自分と比べて不安定だと感じたら受診した方が良いかもしれません。

受診しながら自分でできることとして、心と体をしっかりと休めることがとても大切です。失恋で精神的なダメージを受けて体にも影響が出ているような時にはとにかく休むことが大切です。

ゆっくりとリラックスできる時間を作ることで徐々に回復していきます。また、悲しい気持ちを無理に抑え込むことも良くありません。

是非、素直な感情を解放してあげてください。楽になれるケースもたくさんあります。

失恋をしてしまったことは事実なので、まずはそれをしっかりと受け入れて自分の中で消化するように努めます。薬は症状が軽減されてくると減っていきますので、改善から半年から一年くらい経ったら止められるケースが多いようです。

失恋うつの症状が落ち着いたら復縁を考えて!

失恋うつから立ち直った後、それでも相手をまだ好きな気持ちが残っていることがあります。その場合は復縁できるかをまずは考えてみることが大切です。

復縁できる場合には相手からサインが出ていることが多いので、それを見逃してはいけません。LINEやメールが頻繁にきたり、付き合っていた頃の話をしたがったり、困った時には力になってくれる場合には脈ありのサインです。

長い付き合いの後に別れた時には悪いイメージが少ないことが多いので、その場合は脈があってもなくても優しくしてくれることがありますのでその辺の見極めも必要です。

また、付き合っていた時のあだ名で呼ぶような時には、彼の中での存在が大きいのかもしれません。近しい関係は呼び名で現れますので、心の距離は離れていないと考えられます。

勢いで別れてしまったような時には相手も後悔している可能性が高くなります。その場合は、ほとぼりが冷めた頃に連絡を取ってみると、意外とスムーズに復縁できるかもしれません。

別れる時に嫌になった部分を指摘された人は、その部分を直さないと結局は上手くいきませんので、まずは自分磨きに専念しましょう。

新しい彼氏ができていないか確認してきたり焼きもちを焼くようなら、すぐに復縁を申し出ても上手くいきます。

スポンサードリンク



関連記事はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ